股関節の重要性② | Improve KYOTO 〜京都でホンモノのパーソナル&グループトレーニング〜

Improve KYOTO 〜京都でホンモノのパーソナル&グループトレーニング〜

Improve KYOTOは京都で初の本格的なパーソナルトレーニング施設として、京都は勿論、関西、日本でも数少ないトップレベルのトレーナーを揃えて、クライアントのニーズにお応えします!このジムの商品は、"トレーナー=人"です。


テーマ:

先日のブログ、予想以上に反響をいただきました。

 

いつもこのブログをご覧いただいている方々、本当にありがとうございます!!

 

 

今日は、前回の続きのお話。

 

 

前回は、

 

「Joint by Joint Approach」

ジョイント バイ ジョイント アプローチ

by Micke Boyle

 

のお話を上げて、股関節の構造的な内容をお伝えさせていただきました。

 

 

股関節は、

 

Mobility (可動性) > Stability (安定性)

 

でありますが、安定性も非常に重要視される関節で、

 

Mo-stability (可動性、安定性共に重要)

 

と言われます。

 

 

 

例えば、

 

”歩く”

 

を例に上げて見てみましょう。

 

歩く時は、”地面に脚をつく(立脚) → 地面から脚を話す(遊脚)” を繰り返し行いながら前に進んでいきます。

 

{B6945C83-830F-4F2F-9E84-B062D4B141E9}
(右脚) 

①地面に脚をつく(立脚)

 

→身体を支えている

 

Mobility (可動性) < Stability (安定性)

 

逆に、

 

{F438AAD6-E73A-49AC-9EAB-D347E2889F59}
(右脚)

②地面から脚を離す(遊脚)

 

→膝を持ち上げている

 

Mobility (可動性) > Stability (安定性)

 

が求められます。

 

この①、②のどの動きが欠けても歩くことは上手くいかなくなります。

 

つまり、股関節は、

 

Mo-stability (可動性、安定性共に重要)

 

が求められる重要な関節な訳です。

 

 

一日に何千、何万歩も二足歩行している人間の生活を考えれば、股関節が正常な働きをしなければ、何かしらの問題が起きることを想像するのは難くないはずです。

 

 

誰も、ちゃんと整備されていない車に長時間乗ろうとは思わないでしょう?

 

 

一般の方にとっても、アスリートにとっても、

 

「股関節の重要性」

 

は全ての人にとって当てはまることだと言うことについて少しでも理解していただけましたか?

 

 

 

次回は、ご自宅でも簡単にできる

 

股関節に対するコレクティブ・エクササイズ

 

をご紹介させていただきます。

 

お楽しみに! 

 

 

improvekyotoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります