歯周病治療のゴールはどこ? | インプラント研究所ブログ:あなたのお口の設計士が描く未来の歯科医療
2009年10月09日(金)

歯周病治療のゴールはどこ?

テーマ:【実状】今日の歯科現場
皆様こんにちは、長谷川でございます。

台風の残した爪痕が、各地に被害をもたらしました。
お怪我などされませんでしたでしょうか?

「歯周病の治療はいいから、虫歯の治療だけして」

もちろん、主訴が歯が痛い(虫歯によって)なら最優先ですし、
並行して、歯周病の治療を行います。

けれど、歯肉に関係のある部位の治療であれば、歯肉を引き締めてから
型取りになりますので、早く終わらせたい、お気持ちはわかりますが、
健康な状態にしてからの方が、やり返しする確立が減ります。

腫れている歯肉の境界線と、引き締まった境界線は明らかに違います。

我々も早く治療しますので、少しだけお付き合い下さい。

さて、歯周病のゴールはどこでしょう?

虫歯のゴールは、つめる、はめる、かぶせるなど、見た目にもわかります。

歯周病は、歯周ポケット検査の再評価で数値が良くなっている。
出血がなくなった、位相差顕微鏡で細菌の種類が減少し、動きも落ち着いているなど、

歯肉の見た目だけでは、わからないこともあります。

再評価で炎症や数値が落ち着いてなければ、磨きにくい場所ということがわかります。

歯並びも違えば、利き手も違います。
どの場所から歯磨きをスタートするかでも違います。

苦手な場所を把握することが重要です。

ところでゴールですが、メンテナンスでお墨付きがでるまで、
ネットをゆらすことは難しいかもしれません。

私も日々頑張っております・・・ 私なりに  ネ!

●あなたのお口の専属プランナーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス