86/BRZ K24Aエンジン換装作業。エンジン制作。

 

オイルジェット取り付け。

 

今回、ブロックとクランクは元々結婚している者同士で、酸いも甘いも解かりあった仲w

当たりの付いたメインメタルを続投します(*˘︶˘*).。.:*♡

 

組付けペーストを載せて。

 

クランク載せる。

 

 

ロアデッキにメタルを装着し。

 

クランクキャップボルト、ヘッドボルト専用のグリスを塗布。

 

 

 

クランク組付け完成ね。

 

この時点でクランクはくるくるとフリクション無く廻りますが、やっぱりいつも使ってるSplメタルの方がフリクション少ないですね~。次回エンジンバラす際はいつものSplメタルを使いたくなる、それくらいの違い。

やっぱり、長年吟味して、採用している私チョイスのパーツは間違い無い訳で。。。。w

 

鍛造軽量ハイコンプピストン組付けに続きます。

 

 

バルブカーボン除去。

 

 

新品級の性能に戻します。

 

ヘッドも洗浄完了(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

すり合わせ後当たり点検、バルブとバルブシールの片当たりも無く、良好ですね。

純正のK24がバルブスプリングかなりソフトな設定ですのでバルブシートに対する攻撃性は少ない、しかし当然高回転追従型では有りませんのでバルブスプリングは交換します。

 

引き続き作業は続きます(^^)

 

S2000 リアビックローターキット。

 

私んちで取り扱いを行っていたキワミさんちのキットですが、どうやらキワミさん都合で今後は補修用のローターのみの供給になるとの事で、、、、、、以後新しいこのキットを使用します。

キワミさんちのキット、良かったのですが、メーカーさんが作る気無いなら仕方有りません。

新しいリア330mmローターキットもキワミさんちと同様純正同等品質のブレーキキャリパーサポート仕様で、スライドピンやブーツ等は純正を使用出来ます(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

うん、安心感がにじみ出てる。

実質キワミさんが作らなくなったので、更にアップグレードして作り直した、と言う表現が合致する。

 

スリットレスですが、スリット入りもご用意可能です。

 

既にWebショップに掲載しておりますのでご入用の方はそちらからお願い致します(^^)

 

S2000、リアのブレーキのキャパアップに関しての重要性は何度も書いてますが、フロントよりもリアを先にアップグレードして欲しい位リアのキャパが少ない。

キャパ少ないので熱持つし、ブレーキ時の姿勢悪いし挙げ句ハブベアリングを熱攻撃する。

ブレーキング時の姿勢安定。フロントブレーキへの負担低減、リアハブ保護。良い事しか有りませんよ。

私んちはリアはプレーンローターを使用する事が多いです、ベンチかプレーンか?使用用途にもよりますが、ベンチタイプは他車種キャリパー流用のモノが多いですよね、効き方が唐突だったり、ブレーキパットのチョイスでその辺りのすり合わせを行う必要が有ります、その点、今回のキットの様にブレーキキャリパーは純正を使用してローターを大径化すると言うアプローチはさほど神経質に考える事無く使える。取り付け方式も確実ですし、大径化によるキャパアップで熱対策も問題無い。更にメンテもやりやすいですよね。と言う事で私的オススメはこのキットとなります。バランス良い。

 

戸田レーシングさんちからパーツ到着。

 

とあるK24に使用するカム。

 

VTC制限プーリー

 

強化セルギア大量w

 

このオイルフィルター、恐るべしです。

 

K&Pエンジニアリングってメーカーさんのモノですが。。。。。。

 

航空機に正式採用される数少ないオイル・エレメント。

 

ステンレススティール・オイルフィルターの先駆者にして、常に最高グレードの製品を世に送り出し続けているアメリカン・トップブランドです。

アメリカにおいて、従来の繊維製品以外の素材を使用したフィルターとしては唯一、米国航空宇宙局より『航空機への使用認可』を取得しております。

メカニカルトラブルが即、重大な事故に直結する航空機へのアフターパーツに認められたという事実。これは製品の性能と安全性、そして精度が圧倒的に優れている事を示す確固たる証拠です。

 

 K&Pエンジニアリング・ステンレス・マイクロニック・オイルフィルターの特徴 

・エレメントに使用されるステンネットは編み上げではなく、レーザーを用いて正確・均一に35ミクロンの穴を並べた医療グレードのフィルタ『304ステンレスフィルタ』を採用。繊維製品と違いオイルを吸収せず、また熱による膨張率も均一なため、常に高い透過率(同じオイルプレッシャーで繊維製品の約7倍)を保ちながらもスラッジの進行を強力に阻止

・さらにインターナルタイプの一部とカートリッジタイプのフィルタ底部には、ネオジムレアアース磁石を配することで金属ゴミを徹底的に吸着

・トップ部分には緊急時用ワンウェイバルブを装備。万が一何らかの理由でフィルター面が完全に目詰まりを起こしてしまってもオイルの潤滑は止まらず、エンジンブローを防止

 

との事。

 

テストは完了しております(*˘︶˘*).。.:*♡

 

メーカーさん曰く。。。。。。他社さんとは一線を画する構造のフィルター構造。

一般的な繊維型フィルターの7倍のオイルフローを実現しているていぅ(汗)

オイルフローが大きいって事はオイルポンプに無駄に掛かる負担も少ない、結果フリクションロスの低減に繋がります。当然流量も増えますしね。

 

強烈なネオジウム磁石を採用

 

繰り返し使用出来るタイプのフィルターですから、磁石付きのオイル・エレメントを使い捨てしている方は性能アップして、更に、必ずいつかは元取れて利益に逆転する、性能の上では装着した瞬間から恩恵を受ける事が出来る訳ですからコスパかなり高いタイプのパーツだと思います。

 

カートリッジ式になってますので洗浄も容易ですね。

 

回し者では有りませんが、良いモノだと思います。

どこの馬の骨かわからぬメーカーさんでは無いだけに安心感も有りますし。

油圧安定にも効果的です。

 

ロゴ入りw創りました。

初期ロット、早いもの勝ちね。

全てのお問い合わせは。