R32,GT-R、RB26改2.7L 制作。

パーツ等、届くのにいちいち時間掛かるエンジンですので進捗が牛歩(汗)

フロントデフ周りのリフレッシュも完了し、オイルパン周り完成しました(*˘︶˘*).。.:*♡

 

取り付け開始。

 

バッフル周りを新品級に洗浄し、取り付け。

 

リアシールハウジング。

 

組付け。

 

オイルパン周りのボルトナット類を洗浄し。

 

 

組付け♪

 

10万キロひと括り、と一つの目安が10万キロと言う認識が純正エンジンで周知されていますが、パワーアップしたエンジンを10万キロ、各部を強化し、パワーに耐えうるこの先の10万キロ。

私んちが多くのシール剤塗布面にブルーを使用するのも、何年も使用してもパサパサにならない素材をブルーは持ってるからです。

長期間、弾力性を保持した状態を保てる、こいつを使用していると極端にオイル滲みが少ない。

 

全ての水回りのジョイント系もこの通り、汚れと言うか、なんてか。。。

 

一つ、一つ、洗浄して復活されて行きます。

 

サクションも再使用する箇所はキレイにね。

サクション周りは最終的にどーするか思案中。

GCGさんちの2530準拠のタービンをツインで使用します、サージ対策でサクションは入れておくべきですよね。

 

 

エンジン本体は形になりました♡

 

お問い合わせ多数の大容量カーボンインマニ。

 

 

 

AP1用のSkunk2スロットルとの組み合わせ。当然ポン付け。

 

 

AP2用のアタッチメントキットも同梱されていますのでAP2にも使用可能です(*˘︶˘*).。.:*♡

J37スロットルも使用可。

 

と言う事で、AP2オーナー様もご安心下さいませ。

 

AP1をハルテックを使用して電スロ化する際にも使用可能です。

 

色々と構想は広がりますね。

 

工夫と創造で今の限界を突破しましょ。

 

私が長年愛用している長崎のプレス。

フト、、、、、、見ると。もはや、、、、、、グーグル日本語変換でも出てこないwwwwwww

多分、今どきの子は読めねぇでしょwwwwwwwwwwwwwww

平成に買ってますが、昭和からキャリーオーバーされてる感有る。

でも、、、、、、”粋”だなぁ。。。。って思いましたwwwwwwww

紛れも無く、、、、、ジャパンメイドだろう。。。。

私んちは油圧系は長崎を使用します。海外勢に負けないです。資源国では無い我が国の弱みを精度と工夫、そして創造で乗り越えた結果がこの耐久性と使いやすさ。

長年使ってますが、何の不具合も無く今まで使えてる。

古き、良き時代の日本の物造りを垣間見た瞬間でした。今まで何十年も何とも思わず使ってましたが、あぁ、、、、、、、良い時代だったなぁ、、、、、なんて。

そういうんぢゃダメなんですよね。在りし日の日本をどういう形で取り戻すか?自称業界の坂本龍馬はそんな事を考える、意外と感受性強いwwwwwwwwwwwwwwww

 

全てのお問い合わせは。