S2000,F20C改F22R制作搭載車両。

 

マフラーをフル70パイに交換し、再度チャレンジ。

 

ギア比の設定が2%~3%ずれてたので、それも設定し直しましたので正確な比較対象とはなりませんでしたが。

やはりマフラーを70パイに変更してからは熱ダレしてもコンスタントに260PSをオーバーする様になりました。

 

ダイナパック tcf1.00 係数無し、生馬力

ピークパワー 266PS

トルク 24.5k

ほぼトルクはどこから踏んでも20kを切りません。

VTECに入っていればトルクは平均23k程保持し続けますから実践的なエンジン特性だと言えます。

以前の箱の時はピークパワーもう少し有りましたがエキマニが以前の箱と違うエキマニですのでその辺りの影響も有るのかも知れませんね。

VTECポイントも以前の箱とは違って随分低回転からハイ側入れて良い感じになりました、今回装着されているエキマニが中速寄りっぽい感じです。

 

レブリミットは8700。

 

オーナーさん。

 

ふぅ、、、、丸2日、ここ最近では一番手こずった感じのセッティングでした(^^)

そして、良い勉強させて頂きました。

マフラー、吸気系。

色々と2日間で変更し、一番良い結果の組み合わせを採用しました。

 

エンジンとパーツの組み合わせは無限大です、未だ、新しい発見有る。

 

面白いですね

全てのお問い合わせは。