S2000,F20C改F22R制作搭載車両。

 

セッティング開始。

 

目標パワーと目的パワーカーブは見えてる、そうなる様にエンジン組んでる。

ま。。。。。。。全開域は1時間もありゃぁ、決まるはず。。。。。。

と思ってたら。。。。。。

狙いとずれる、、、、、(汗)

 

全開領域で、2~3時間、、、、、、やっても思い描く感じにならない。。。。。(汗)。。。。

 

おおよそ30分超えた位から、何かおかしいぞと。。。。。

 

バルタイ変えてもパワー変わらず。てか、、、、バルタイ変更する時点で少し私的には違うんですよね。。。。。バルタイは調整してピンポイントで組み付けしてますから。。。。

 

でも、何か解決の糸口が見えるか?と。バルタイをグリグリ動かす事数回。

 

・・・・・・・・さほど変わらん。。。。。。

 

で。。。。。

F22R VS 2.3Lハイカムハイコンプ仕様 第一回戦 辛くもピークパワーと低速域は2.3Lより出ました。

よーいどんしたら、、、、高回転回せる分今回のエンジンが有利ですかねぇ、コースによりますねぇ。。。。。

中速域は排気量の差がもろに出た結果になりました。

 

ですが、、、、、、7000回転以上の伸びがどうしても、思い描いてる感じでは無い。す~っと上がり幅が回転と同期しなくなるんですよね。

 

そのままもう少しグッと伸びて行く様にエンジン構築してる。

 

どうしても260PSの壁を越さない。

 

・・・・・・・・・何かがリストリクターになってる。。。。。

 

考えろ。。。。。。何だ。。。。。。

 

気温が温かいからか?なんて自分で言い訳しながら、気持ちはしっかり原因を考えてますw

 

森メカは私が気温がなぁ。。って言うもんだから"・・・・・・コレで納得しようとしてる感有りませんか?”なんて言ってましたwwwwwんな訳無いでしょ。

まだまだオレの事分かって無いんだwwどれだけ諦め悪くどれだけ広範囲を見れるか、、、自慢ぢゃ無いですが伊達に25年以上コレばっかりやってません。

ま。。。。。私は自他共に認めるかなり変人ですので私の事を理解しろってのが難しいですねwwwwwww

大体やばい所までセッティングして、これ以上コンピューターではどうにもならないって判断したからソコでひとまず全開セッティングやめただけ。押しても引いてもダメ。

どんなに優れたフルコンも、エンジン含むハードの壁を超えてパワー絞りだす事は無理。セッティングがどーのこーのって言うのでは無いって事は最初の数十分で私の中で分かってます、自分自身がパソコン叩いてセッティングしてんですから。

パワーカーブを眺めながら中速域合わせて行く。。。

 

・・・・・考えろ。。。。。考えろ。。。。。。

 

その時すでに夕方でした、、、、徹夜明けのワタシの頭脳フル回転。

夜中から陸運支局へ提出する公認書類の最終チャックして清書して、朝イチから陸運支局行って、経理事務仕事して。。。。。セッティング。

 

何が、、、、、、、、、邪魔してんだ。。。。。。。。。。。260PS縛り。。。。。。。

 

ほんとに70パイだよな。。。。。。マフラー。。。。。。

 

リアのサイレンサーを除くも絞りは無い。。。。。。

 

このパワーカーブはどーも排気系臭いんだけどなぁ。。。。。

 

フト。。。。。。。。。。助手席に目をやると。。。。。

 

まさかねぇ。。。。。。。。。。押して見る、、、、、僅か数mm押せた。。。。。。。

 

でもう一度全開計測する。

 

・・・・・260PSをコンスタントに超える様になりました。。。。

 

数mmですよ。。。。。ほんとに数mm・・・・・・

 

で。。。。。オーナー様は邪魔する様でしたら外してくださいって言ってらっしゃったので、遠慮無く。。。。はずす。

 

そこで。。。。。。。

おぉ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

中間タイコに強烈な絞りが。。。。。。。。。。。。。

これぢゃパワー出ない。

私の経験上この口径がマフラーのリアセクションに噛まされてたら260PSです。以前2.4Lフルチューンでも喰らった事有ります。その時も同じメーカーのマフラーでしたね。しかしその時は明らかに後ろから覗いたら絞り見える所で絞ってあった。今回は見えぬ所で絞ってる。

音量ですかねぇ。。。。。音量気にするならもっと高品質のタイコ付けるべき。絞りで対応するのはちと違う、しっかり商品説明に明記してるなら話は別ですが。。。。

 

オーナー様が別のマフラーで70パイを持っておられるとの事でソレに交換して再度チャレンジ。

もう少しトップエンドでキレの有る伸びが出るはずです。

 

でも、、、、ダイナパックでtcf1.00で2.2Lで260PSでも、、、、、結構出てるでしょ(^^)

しかし、私んちでは、もはや、、、、2.2Lで260PSって普通に超えてなきゃならない風潮が困った事に有る。。。。。。。。(汗)自分で撒いた種ですから仕方無いですけどwwwwwwww

 

任せとけって・・・・・・

 

アコードワゴン ターボフルチューンのヘッドがやっと内燃機屋さんから仕上がって来ました。

結局インテークバルブ新品ね。

 

 

シートカットしてビシッと合わせてくださいました。

 

ガスケットを除去する事から始めます。

 

 

 

ウン、キレイに除去完了♪

 

 

 

 

洗浄完了しましたので作業開始です。

 

F20C改F24R 4スロフルチューンエンジン制作は、カム周りの組付け開始。今日も半分徹夜だなwwwwwwwwwwwwwwwww

 

カムギア。

 

 

戸田レーシングさんちの強化テンショナー取り付け。

 

洗浄済みのロッカーアームアッセンブリーを取り付け。

 

ほぃ♪

 

洗浄時に油分も飛ばしてますのでしっかりオイルを浸潤させて置きます。

 

ハイカムは戸田レーシングさんちの。

 

 

リフト、作用角、頼もしい形状です。

バルブの立ち上がりと閉じ方も違います。

 

 

スライドプーリーも戸田レーシングさんちです。

 

組付けね。

この時点でオーラがムンムンとしてます(*˘︶˘*).。.:*♡

 

タペットクリアランスをしっかり調整。

 

(๑•̀ㅂ•́)و✧、ヨシ、バッチリ決まりました。

 

眩しい、、、輝かしい(*˘︶˘*).。.:*♡

素敵♪

さてと、エンジン内部の最終作業はバルタイ狙い撃ち♡です。

 

オイルが届きました、残り少なかったのでギリギリセーフ(^^)

PTTのパフォーマレーシング。

5-50

迷ったらコレ入れてください、間違い有りません、オールシーズンOK、サーキット周回OK。

スポーツオイルは油温140°からが勝負とメーカーさんは言い切ってます(^^)

 

ターボの周回系や、長時間高負荷の全開走行を行うシチュエーションの車両はコレ。

パフォーマ RD2 PTTのトップグレードの位置づけのオイルです。

NAに入れると恐らく重くなりますw上が60ですから、ターボ用です。

35GTRに入れてますケド、超ご機嫌です。

 

クーラント。

コレ、特別冷えるタイプのレーシングタイプでは有りませんが、割って使用するタイプですので配合次第で少々調整できます。派手な色が普通では無い。

灼熱の国のクーラントですので悪さしません。

 

毎年、立派な桜を見せてくださる隣人宅の桜の木。

早いモノはもうちらほら開いてます。

ここ数日で一気に素敵で何か良い気持ちになる桜を見せてくれそうです。

 

今日、卒業式の方も多い様ですね。

 

明日に向かって、、、、、、一歩一歩、楽しい青春送って欲しい、節に思います。

 

卒業、私はこの歌が好きです。

なんか、、、、遠くを見てジーンとセンチメンタルな気持ちになるのはおっさんな証拠ねw

全てのお問い合わせは。