FD2 シビック タイプR K20A改K24R制作車両。

 

いよいよ搭載ですが。

 

スプーンさんちのステアリングラックリジットマウントを取り付け。

 

エンジンメンバー降りてる時の方が作業しやすいですよね。このタイミングがベスト。

 

リジカラはもともと入ってましたが、何度かメンバー脱着してる車両ですので退役、リジカラは消耗品ですのでメンバーを何度か下ろす都度交換必要パーツですよん。

 

 

ラックのブッシュを抜き取って置きます。こいつさえ抜いて置けばOKです。

 

 

オイルクーラーのフィッティングを制作して仮付けして置きます。

今回使用するコアは”セトラブ”冷えますよ。

 

エンジン・ミッションをメンバーに置く。

 

色々な障害物を避けて、避けて。。。。。載せる。

 

FD2は結構エンジンルームタイトです。

 

(๑•̀ㅂ•́)و✧ヨシ。

上のマウントを仮止めして置き。

 

下回りを固定。

ボルト固定するにも順序が有ります。

 

無事に載りました(*˘︶˘*).。.:*♡

 

まだ、載せる作業は始まったばかりですが、ここからは作業効率が上がって行きます。

 

引き続き作業して行きますね~お楽しみに(^^)

 

AEMからパーツ入荷

いつもの空燃比計と。

 

モータースポーツ仕様の油圧センサー。今回のFD2にもこいつを取り付けしIQ3に表示させます。

 

K20Aはさほどエンジンの振動有りませんが、F20C系は振動有りますので、F20Cに油圧センサー取り付ける際はこの延長メッシュホースを使用してエンジンの振動からセンサーを保護します。S2000にお乗りの方で社外の油圧計が結構短命な人は一度お試し下さい。

今回のFD2はスペースを見つつ、、、、考えましょ。

 

水温センサー、コレ、水温センサーって書いてますが、正しくはフリュードテンプセンサーですね。150°迄はキッチリ計測出来ますので水温だけでは無く、エンジンの油温センサーにも使用可能です。

AEMのセンサーはカプラー部分がコンパクトですので今回の様なFD2等エンジンルームがタイトな車両に重宝します。

センサー一つ取っても色々と形状が有りますので上手に使い分ける事がいぃですよね。

スペースにゆとりが有る車両はさほど神経質になる事は有りません、油温や油圧センサーは有名メーカー各社信頼性有ります。空燃比計ほど差は出ません。

 

AE86の20バルブエンジン制作の為の秘密兵器。

クランクキャップラダープレート。

4AGの泣き所で有るクランクキャップを強固に連結。

高回転域で、ブレない。

4AGって折角の鉄シリンダーで重さと引き換えに強度有る。。。。はずですが、肝心なクランクシャフトを保持するクランクキャップがひ弱、折角の鉄シリンダもクランクキャップがひ弱な為に高回転域で”捻る”捻りはフリクションを呼び、フリクションは熱を呼ぶ。

最悪の場合はブローとなります。

ブローしない迄も、かなり高回転域でブロックは捻ってます。

今依頼を頂いている4AGは2機共に4.5AG、そう、高回転ユニットです。

高回転をぶん回し、高回転をぶん回し続ける為には工夫が必要(^^)

その一つがクランクキャップをすべて”連結”するラダーレールキット。

2020。私んちが創る4AGは一味もふた味も違いますぜw

 

当然、クランク角度の検出はクランク軸から取る。

という事でクランクピックアップユニット。

こいつも高回転でシャキーンと回すエンジンの為の大事なパーツ。

高回転域で確実に点火時期を打つんです。

 

さて、ワクワクする様なストリート車両達を世に送り出しましょ。

 

全てのお問い合わせは。