MR-S K24RR搭載車両。

取材も終え、オーナーさんエアロ関係の小変更。

エアロ関係の小変更により。。。。。

ダイナパック載せるのに、別注のワイトレ使っても寸足らずでもう1セットワイトレ足した。

ちょっと怖いwwwwwwwww

 

結果から言うと。

ダイナパック

tcf 係数1.00 補正無し生馬力

パワー 284.6PS

トルク 28.7k

 

良く有るtcf触ってローラー換算的な算出方法だと楽勝で300PSオーバーですね、300どころかtcf1.2で計測してるショップで計測したら340。

 

でも、いつも書いてる様に私んちでは一切tcfは触らない、コレ、コダワリ、だから、数値だけでも大馬力ほしいなら私んちでダイナパック載せない方が馬力出ますよ(^^)

なぜtcf触らないかって言うと、出る数値だけが変わるならそれはそれでオーナーさんも喜ぶから良い、でもねtcf触ってグラフ操作すると、”上がり幅”も増える、私に取ってコレが問題、例えばtcf1.2でビフォアアフター計測、するとパワーの上がり幅も1.2倍になる、それが、、、、、、自分に対する”甘え”になってしまう気がして。。。。

tcfに関しては所々各ショップさんで考え方が違います。

私んちは”生”馬力を貫く。自分に厳しく、ストイックにね。

 

今日はね、秋晴れ、なんで実走行やりてぇ時に雨ばっかで、ダイナパック載せるぜ!って時に暑いの?wwwwwwwwwwwwwww女神様はどーやら意地悪ばかりしてつついて来ますw

 

オーナー様的には、生で300。出てほしー!でしたが、結果285。寒い時期だと、、、、300乗るか?乗らないか????と言う所かと思います、リアにエンジン有るので熱持ちますし。

300の壁を突破するには、中間域のトルクは削り、高回転域に乗せる、そして、もう少し回転稼ぐ。と言うアプローチになります、それは現状私がオーナーさんと話して、車両見てる限りでは少し違う、このオーナーさん、ちょいちょい私のブログにも出てきてくださいます、とにかく、意欲的に様々なサーキットに出向く。

それが大抵国際サーキットです、そして、、、、、、タイムアタックもするけど。。。。。周回もしちゃう。タイムアタックなら、先述のアプローチで回転稼いでピーク引っ張ってく。

でも、、、、2.4L、8000回転辺りから、ちょいと危険ゾーン入って来ますよ。周回するならやっぱり8000回転位で止めて置きたい。

そして8000回転迄で如何に効率的にパワーとトルク引き出せるか?と言う考え方でエンジン構築して行きます。

と言う観点からグラフを見ると。。。。。。。狙った所はずして無いんです。

どこから踏んでも20k後半のトルク。5000回転で既に200PS。遅い訳が無い、遅い理由が無い。絶対に良く走る。

気持ち的には300出したかったですけどね(^^)

 

緑の点線が今まで使ってた2.1Lレブリミット9500回転仕様。

 

面白いでしょ、綺麗に2回りパワー上がってます、カムは前回の仕様のままですからカーブ的には良く似た感じのカーブになります。

そして、VTEC入ってからの3000回転はずーーーーーっとトルク25k超え、トップエンド付近でもタレの少ないトルクカーブはビックバルブが効いてますねぇ。

 

ちょうど、、、、、ノーマル比100PS+トルク10kアップと言う所です。

 

このエンジンに、、、、、、、超軽量のボディ、そりゃ速かろうw

 

さて、オーナーさん。

 

 

SW20 ちなみに左ハンドルの初期型モデル。

フラップ式エアフロね。

一度エンジンオーバーホールしてる、綺麗ですねぇ。

なんと無く調子悪いから、と言う事で。。。。。

どーせなら、、、、ブーコン位は付けてちょいとブーストアップ。。。。。したいな、、、なんて悪の囁きが私の頭をよぎりますがwwwwwとにかくオーナー様がなんとなく調子悪いって言うすごく幅の広い宿題を出して来てくださいましたから基本的な所から点検して行きます。

 

インタークーラーは良く冷えそうなモノが入ってますが。。。。。

何かたりねぇぞと。

まずこいつをしっかり取り付けね。

少し掘って見て行った方が良いかも知れませんね。。。。。

 

 

親父、おかん。息子・娘達からの最後の贈り物だ。

母親は若くして他界しましたので、いつまで経ってもお墓に入れる事ためらってたの。。。

それが良い、悪いは別にして、、、、オレのワガママ。

でも、首を長くして待ってた親父が母親のもとへ行ったので、もう大丈夫でしょ。

で、お墓を。

親父は大酒飲みでした、これまた酒癖悪いんだwだから私はお酒飲みません。

そして、生粋の博打打ちでしたw、だから私は博打しません。

でも、とにかく、廻りにはいつも人が沢山居てた、人気モンだった。友達も晩年までホント沢山居た。

そして、いつも笑ってた。。。

そんな親父が生き様を持ってオレに教えてくれた事。

それが”友愛・慈悲”

兄弟、友を愛する心。

そして人にやさしく慈悲深く接する心。

教えてくれたけど、、、全然モノにしてないし出来ない(汗)

だから、いつも、いつまでも忘れぬよう、刻んで置いた。

手前味噌な感じで申し訳無いのですが、まさに友愛慈悲、そんな生き様の親父でした。

カッコつけで、見栄っ張りで。

でも、暖かく、優しい

どこかドライな感情を持つ私に取って少し羨ましく、今となっては愛おしい存在です。

 

出来る間にやっとけ、親孝行。居なくなってからぢゃ、自己満足にしかならない。

 

全てのお問い合わせは。