やっとこれ書く所迄追いついたw

B18C ヘッドチューニングエンジンの件。

コレね、先日ショップ様からの依頼でパワーFCでセッティングした車両なんですが。

同じ感じの過去の仕様と比較して、トルクが出ない、そして、VTECの切り替わり時の谷がかなり大きい、、、、

そのショップさんもお客様から持ち込みのエンジンにカムとバルブスプリングをいれただけ。

そのお客さんも某オクから買って来たB18Cをそのままショップさんに持ち込んだだけ。(汗)

さてさてここ迄正体不明感出てるともはや回して見ないと何も分からない。。。

”う~~~ん。。。。。圧縮もう少し必要かも。。。。”

なんて言いつつも。。。。

どうも合点が行かない、聞いてるエンジン仕様と私の頭の中の想像フィールがかけ離れすぎてる、、、、、、、もうね、ちょいとテンパって。。。。パワーFC壊れて無い?疑惑まで出た位wwwwwww最終的にECUの責任にしちゃう位病んだwwwwwwwww言うこと聞かない。でも、、、、空燃比も点火もちゃんと動いてる、パワーFCはちゃんと仕事してるの。

ダイナパック上で4~5時間。。。。。直管のB型、、、、、耳と平常心が爆音で破壊されるw

・・・・・・中間もう少し出るはずなんだ。。。。。はずなんだ。。。。。。。。ピークパワーはおおよそ予測とずれて無い、とにかくトルクが無い。

大体パワーFC、B型用ですと、変更出来る項目がかなり限定されてるからセッティング自体は他のフルコンと比較して時間的には慣れてれば早い。

でも、、、、、何度回しても納得行かない。

 

持ち込んでくださったショップの社長さん、いつも手伝ってくださるのですが、その社長さん。

”もう充分頑張ったですよ、多分これ以上出ないでしょ。”

 

”でも、この仕様ならもう少し実践的なグラフになるはずですよ。。。”

 

・・・・・・・。。。。。

 

”あ。。。。。。。。。このヘッド、ポート、、、、、かなり掘って有りましたけど。。。。”

 

”う~~~。。。。。でも、、、、、、B型、、、、ただでさえインテークなんて大きいですよ。。”

 

”バルブガイドもぶっ飛ばして思いっきり削ってピッカピカになってました”

 

・・・・・・・・・それか?。。。(汗)

 

とにかく、、、、、納得行かないから実走行も付き合ってください(^^)

 

ですよねwwwwwww

 

てな感じで、実走行。

 

やっぱり押しても引いても中回転域のトルクが細い、挙げ句VTECポイント4500~6500も間でどこで切っても失火級の段付き出る。

 

もうね、どーも出来ない。お手上げ。自分の無力さがほんと情けない。

 

そのショップの社長さんに運転してもらって、私は助手席でデータいれてたんですけど。

そのショップの社長さんも、考えこむ。

 

大の大人が2人揃って、、、、、考え込むw

 

”やっぱりポートですか?anguraさんがこれだけやってダメなんだからダメなんですよ。”

 

”コンピューター系が原因とはもはや考えづらいですねぇ。。。。”

 

”エンジン一通り見てから出直します、また相談乗ってください(^^)”

 

”もちろん!納得行かないので最後迄お付き合いしますよ(^^)”

 

と言う具合の時のデータが画像黄色の点線。

 

もやもやしたまま、、、数日が過ぎ。ショップさんから電話が有りました。

 

”やっぱり気になりますよね、例のアレ、エンジン一通り点検しましたけどこれと言って異常無いんです、だから、思い切ってストックして有るB18Cのノーマルヘッドをポート加工し直してヘッド交換して持って行きます。”

 

”Ok、了解です(^^)”

 

それから数日。決戦の時。

 

前回からの変更点はヘッド、カムも同じ、バルブスプリングも同じ、クリアランスも同じ、ポート形状だけが違う。

 

さて。。。。。。恐る恐る。。。。。。。回す。

 

暫定データ作って回したのが赤の実線。

 

その時点でVTECの谷は綺麗に消え失せて。。。。。トルク出てる。

 

・・・・リンクした、仕様から想像する燃料・点火の入り具合とパワー・トルクカーブがおおよそ頭の中でリンクしました(*˘︶˘*).。.:*♡

 

思う様に動く。

 

今回はセッティング用にマフラーの一番後にセッティング用にタイコ一発持参して来てくださったので精神崩壊は免れましたw

そのタイコを装着した状態でセッティングしたのが水色の実線。

 

そして、最後に前回と同じ排気系でセッティングしたのが黄色の実線。

 

最終的には198.4PS。

トルクは18.6k。

前回が。

201.3PS

トルクが17.1k

 

前回と比較してパワーは2~3PS落ちてます。

トルクは、1.5kアップ。

 

同日、同条件で計測した訳では有りませんので、参考になります。

 

しかし、当然、最終的には実走行した訳です(*˘︶˘*).。.:*♡

 

実走行の結果、思った通りのフィーリングとパワー・トルク感でした。

 

数馬力捨てて1.5kを得る。

 

そしてVTECの谷も無い。

 

確実によーいどんすれば、パワーは数馬力低いが全域トルク有る方が速い。

 

ホッと胸をなでおろし。その日は帰路に付きました。

 

結果、今回の場合はポートが悪さしてたていぅハード面での問題を抱えたケース。

 

でも、これがまた違った仕様ならそのポートが活きて来た可能性も有りますね、コレばっかりはやって見ないとわかりませんが、排気量・圧縮比・カム・バルタイ、そしてポート。コレはエンジンを構築する上で包括的に考えなきゃならない基本的要素です。一つでもバランスしないと今回の様に悩み、そして苦労する事になる。

正体不明の某オクエンジン、恐るべし。

で、それを最後迄面倒見続け、そして最終的にヘッド交換迄した某ショップの社長さんの面倒見の良さには頭が下がる。

 

私んちでは基本的に中古持ち込み系はお断りしてます、トラブルの元ですし、トラブった時、やり場の無い怒りや憤りがお客様との関係をギクシャクさせる。イヤですもの。巻き込むのもイヤだし巻き込まれるのもイヤ。

当然、オーバーホール前提の中古持ち込みは相談乗ります(^^)

どうしても入手不能なモノはその都度相談する事も有りますが。基本的には中古持ち込み許可、いたしません。

 

今回、とりあえずは収まったので良かったです(^^)

 

ポートの妙、、、、、簡単では有りませんよポート加工。

素人さんが掘ったピカピカのポート加工、まぐれで当たればラッキーね、位で考えて置くべきです。ピカピカのポート、カッコイィですけどね。私はポートのどこかにザラつき残します。それ、ポイント、バルブガイドぶっ飛ばしたストレートなポート、やってる感有ってカッコイィですよね。でも私はホンダ車の場合基本的にガイドは大きく飛ばしません、流速に影響しますし、なにより、バルブステム長とガイド長の関係性からホンダ車って結構ギリギリのラインです、短命に終わる可能性も示唆出来ますし、、、、、、ま、色々な角度や視点から、考えついた結果が今のポート形状です。

 

20年やって職人芸か。。。。。。。この業界はそう甘く無い、、、そう感じます。

 

私、、、エンジンに携わって30年近く。。。。。巨匠。。。。。。。。遠いなwwwww

 

でも、愚直にひつこくやり続けた、その自信だけは有りますwwwww

 

まだまだ、考える事も有りますし、悩む事も有ります。

 

仕事って難しくも面白いですよね。

 

このオーナーさんとも長い付き合いだな。。

免許取って初めて買ったクルマからず~っと知ってるw

あれから20年近く、あいも変わらずw

今回は定期メンテと、マフラー制作ですってさ。

しかし、好きだな。クルマ変わってもヤルこと変わって無いw

マフラー制作の為の採寸とエンジン・ATオイル交換作業の準備。

マフラーの採寸して、具材注文して置きます。

オイル交換して、車検を先に終わらせよっと。

 

アルトワークスフルチューンはIQ3の表示切り替えボタン取り付け完了、追加でシートベルト警告灯ともう一つサイドブレーキ警告灯を追加依頼が有りましたのでLED注文して置きますね。

 

NA8 BP-VEフルチューンは。

空燃比センサーのボス溶接。

 

CAN空燃比デバイス ”WB1”取り付け(*˘︶˘*).。.:*♡イィ仕事しますよ。こいつは。

 

車速センサーがNA6/8は”かなり”ノイジーな為、別途車速センサー取り付け。

この車速センサー、ホントに信用できる、確実にパルス出してくれるので重宝します。

 

WB1認識完了。

 

車速もバッチリブレない。

 

車速認識したらギアも認識可能(*˘︶˘*).。.:*♡設定して置きました。

 

エアコン信号認識させて。タコメーター動かす。

フルコン系のスクウェアな綺麗な波形ではこの辺りの年式のタコメーターはちゃんと動かないモノが多いので、B+からプルアップ。わざと波形に高さをもたせてキッチリタコメーター動かす。小技がちょいちょい必要なのがNA6/8ね。

 

相変わらずエアコン負荷の大きいクルマだ。

 

 

燃料マップにエアコン補正を追加。

ハルテックはホント様々な補正をあらゆる角度から打ち込む事が可能自由度が高いので使いやすいですね。

 

点火時期もエアコン補正項目を追加。

コレで何とかストールしづらくなった、後は細かくセッティングします。

 

アイドル安定。いぃ感じですね。

しかし。。。。。。ハンドル回すと、、、、、、、、回転持って行かれる(汗)

あ。。。。。この車両パワステも付いてた。。。。

パワステの負荷認識させてパワステ負荷の補正もいれましょ。

ガンガン足らない所は足して行く。

ひらめいた事を形にしやすい、それはハルテックを使いこなしてる各ショップさん同様の意見です(^^)v

英語表記?いつも言ってますけど”Air Intake Temp”例えばコレ、吸入空気温度、コレ分からない人業界にいてる?もしわからなかったら勉強しなきゃこの先仕事としてやって行けないと思います。

なぁに、慣れます、大丈夫。皆最初は英語表記に後ずさるwでもやって見れば理解出来やすい様にセッティングツリーが構成されていますので大丈夫ですて。

 

NA8、引き続きアイドル関係から攻めて行きます。

え?当然空ぶかしでは現状絶好調ですよ。

今日KRS88がびっくりしてた位w

”アレ?もう絶好調なってるやん、オッサン流石やの~w”ってね(^^)

 

アメリカはAEM社からは。

空燃比計、入荷。爆裂に売れてます。

 

排気温度計。

0-5V出力付きでメーター付き。センサーももちろん付いてます。フルコンに入力可能ですので重宝しますよね。お客様通販でご注文分。送って置きますね。

 

AP1用ボルトオンフューエルレギュレーター。

コレもレギュラーですね、コンスタントに売れてます。

 

水温にも油温にも使えるワイドレンジの温度センサー。

無いと困る時有るので常在庫。使ったら補充。

 

日産系のクランク角センサーの信号変換プレート、イマドキのフルコンとはセットで使うベシ、コレいれとかないと、確実に信号読むイマドキフルコンは7000回転付近で信号読めません。

 

カプラーフェチの私が色々な種類を用意してるDTMカプラー系。

6ピンが手元になかったので仕入れて置きました。

例えば4気筒のダイレクトイグニッション化等に使用します。

○B+電源

○マイナスアース

○1~4点火命令

ね?6ピンでしょ。これをダイレクトイグニッションの手前につけて置けば整備性向上。

工夫次第で使い方は広がり続けます。

このDTMカプラーが何気に付いてるエンジンルーム見ると。。。。

・・・・お主、、、やるなw

とニヤついてしまいますwwwwwwwwww

 

こんな感じで超カオスなファクトリー、嫌いぢゃ無いw

 

頑張って各作業進めて行きますね(^^)

 

全てのお問い合わせは。