GOLF5 GTI。

今回のお預かりの最終仕上げは。

”フロントブッシュ交換”

 

GOLF5ってフロントに1トン位載ってます(汗)

フロントのサスペンションシステムは”ストラット”アッパーマウントとロアアームブッシュでアームの摺動部を保持してます。その数3点。

 

オーナーさんはこの車両をサーキットには持ち込みません、日常の足として実にいろいろな使用用途をする訳ですが、もともとサーキットも走ってた方です、どーもフロントのしっかり感がもう少し欲しい、との事で。

ロアアームブッシュ交換。

GOLF5はカナリ効きます。

曲げて行くなら、リアもブッシュ入れなきゃ曲がりません、メーカーの意図でそうなってんです。

この車を曲げるポイントはリアのトレーリングアームブッシュ。

コーナー時にスグにトーがイン向く様に作られてます。トレーリングアームのブッシュを積極的に動かす事でコーナー中に安定方向へトーを変化させてる訳です。

ですから、スポーツ走行を少しでも考えるなら、フロントのブッシュと共にリアのトレーリングアームブッシュを交換して置いて下さいね。

今回はリア安定方向のままで良い車両ですのでリアはまたの機会に。

 

この車種は、左側のロアアームボルトがミッション邪魔して抜けないの(汗)

 

よって、エンジンメンバー外します、あれこれ考えるよりメンバー外した方が早いですよ。

 

 

メンバーおろして。

 

ほぃ♫外れた。

 

リア側のブッシュは手で抜けます。

 

こちらが、GOLF5の純正ブッシュ。

 

こちらがAudi S3の純正ブッシュ、強化です、定番ですね。

耐久性も有り、強度もちょうど良い、ストリートにはこいつです。

 

ロアアームの前側も交換しますが、少しコツが必要です、プレスを引っ掛けて抜きました。

 

前側もS3用を使用します、前側はおそらく純正品番同じだと思いましたが。。。ウル覚えですので共にアウディS3で注文して置きました。

 

 

入れる時もプレスを使用して入れました。

 

あとは、、、、外した逆で組んで行く。

 

完成です♫、地味に時間掛かるていぅ(汗)

ついでにライトチューンの定番”リジカラ”投入なんてのも有りですね、リジカラ単品で投入する際の工程とさほど変わりませんから同時に投入すると工賃的コスパ上がります(^^)

 

メンバー取り付け関係のボルト締め込みチェックしている間にオイル抜いて置きます。

使用したオイルはトラストF2のブレンドです。車両や使用用途に応じて粘度調整、もはや昨今は当たり前ですね。

 

と言う事で一通りの作業を無事終えて、明日にでもオーナー様の元へとお返しですね。

 

トラストから新バージョンの汎用エアークリーナー。

進化しましたね。

旧来の物はスポンジタイプでしたが、ジャバラタイプになってます。

表面積が勝負のエアークリーナーですのでこちらの方が”吸う”と言う事になります。

また集塵性能もジャバラタイプの方が上ですので同じ価格帯ならこちらの方が高性能。

ただ、スポンジタイプの様にスポンジだけを交換と言うメンテ性はなくなります。

一長一短ありますが、私としては、、、嬉しい新モデル追加かな、と思ってます。

今までのスポンジタイプも今の所カタログ落ちしてませんので選択肢が増えた、と言う事になりますね。

価格は新タイプの方が少し高価。

ある程度のチューニング度合いまでは、ぶっちゃけ。。。。。好みで決めてもOKです。

 

まだ届いたばかりでまじまじと見てません、、、当然、マジマジと見ますし、テストもします。

マジマジと見ながら、、、、、またインプレしますね。

 

全てのお問い合わせは。