染色前の状態です。

 

 

 

 

 

 

 

経年劣化による「黄ばみ」がすごいでしょう?

 

 

 

綺麗な「黄色」

もしくはもっと濃い「ブラウン」 的なな感じなら

 

染めずに済みそうなんですがw

 

 

 

 

 

 

 

なんとも言えない

この感じw

 

 

 

でも唯一

 

この「遊環(ゆうかん)

(ベルトの余りを留める部品)

 

 

他より

少し黄ばみが控えめw

 

 

 

 

 

 

汚れてますけどね。。。

 

 

 

さて準備に入ります。

 

 

先ずは

一番大事な染料選び!

 

 

 

 

 

 

 

ダイロンのマルチです。

 

必ずコレでなくてはダメと言う訳ではありません。手

 

 

 

 

 

 

コールダイオールで染めた方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

ただ、気を付けて頂きたいのは

「染まるもの」

「染まる繊維」等をチェックする事です。サーチ

 

 

 

 

 

 

 

私は1度、

チェックを怠り失敗しております。

 

 

単に

布を染める染料ならどれでも良いだろう口笛

 

そう思っていたからです。

 

 

 

初めに購入したのがコチラの

ベストカラーミニです。

 

 

 

 

 

いくらやっても

全く染まりませんでした。

 

 

 

 

ダイロン プレミアムダイ で染まらなかった方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

私個人の判断としては

「ナイロン」がポイントではないか?

と思います。

 

 

染まった方には「ナイロン」の表示があり、OK

染まらなかった方にはそれが無かったからです。NG

 

 

 

 

残念な事に

 

私と同じく

他の多くの方も

このベルトの素材が何なのか

ハッキリ分かる方が居ないようです。

(私が見逃しているだけかも知れませんが)

 

 

 

 

このように↓

スケルトン以外の「樹脂バンド」

 

 

 

ウレタン樹脂が多いようですが、

(ウレタン樹脂は加水分解するので長持ちしないらしいです。)

 

 

 

どうやら

スケルトンは素材が違うようなのです。

(加水分解しないで長持ちしています。)

 

 

 

G-SHOCKの製品情報もチェックしましたが

「樹脂バンド」

としか表示がありませんでした。

source ⇒ 【CASIO G-SHOCK 製品情報】DW-8250WC-7BT

 

 

 

ちなみに初代のG-SHOCKもウレタンでした。

 

source ⇒ 【G-SHOCK】HISTORY

 

 

 

とうい訳で

肝心な部分が不明なままですが

 

 

染料については

自分が成功したコチラ

 

「ダイロン マルチ」をオススメ致します。

 

 

 

 

 

 

 

これくらいの大きさです。

 

手芸店やホームセンターで買えますが

 

お店によっては取り扱いが無いので注意して下さい。

 

 

 

私の場合、

初めに某有名手芸店で

「ベストカラー」のシリーズしかなく、

「ベストカラー ミニ」を購入しました。

 

 

失敗した後、

 

ネットでよく調べ、

染色に成功されたみなさんが多く使われた「ダイロン マルチ」

ホームセンターで買いました。

(取り扱いの有無を電話で問い合わせてから買いに行きましたw)

 

 

まぁ今思えば

ネットで買えば確実でしたねw

 

 

 

 

 

 

こんな風に

裏面に説明書があります。

 

 

 

折りたたまれていて

広げると意外と長いです。

 

 

 

 

 

 

では次回

説明書を見ながら

染めていきましょう♪

 

 

 

 

 

 

あなたが憧れる身長は?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

あなたもスタンプをGETしよう