”…その後、九州大学病院に3回も通院して検査、診察を受けたけれど結局原因不明。やはり自分で治すしかないのかなと思い、無心になり口開けや顎の筋膜リリースを頑張っています。

 

ちよちゃんの言葉通り心のモヤモヤに原因があるのかなぁ?

 

お陰で口も大分開くようになり、ご飯もゆっくりですが食べられるようになり徐々に元気も出てきました。

 

嚙む力もまだ従来の1/3程度で、数十回噛むと顎が疲れ噛めなくなり、休み休み食べている状況です。続く…”

 

メールを頂いたこの方は下顎が動かない症状がありました。

 

食べ物が噛めないのでシチューとかそのまま飲み込めるものしか口にできないと話されていました。

 

歯科、口腔外科、耳鼻科、脳神経外科などたくさんの病院に行かれましたが原因不明で成すすべがない状況でした。

 

施術をしてみると、

 

「病気を治すのは病院ではなく自分自身ですよ」

 

「他人のものさしに左右されず自分の気持ちに寄り添いましょう」

 

という潜在意識からのメッセージとその他にも体からのメッセージがいくつも届いていました。

 

体からのメッセージも混乱している感じでしたし、心のもやもやも出てこなかったので、ご自身も何がもやもやに値するのかわからない状態なのかなぁ…と。

 

普段口にされている食べ物にも×のものがありましたので改善も必要でした。

 

食べ物の障りもありました。

 

ご報告ありがとうございます。

 

症状は「気づき」なので、もしかしたら症状の原因として心のもやもやが原因ということがあるかも?と気づくだけでも症状が少し改善することがあると思います。

 

メールを頂いて簡単に調べたら、やはりまだ食べ物の障りがあります。

 

いらした時は思い当たるふしがないということでしたが、ストックしている物でしばらく食べていないものや、頂き物でそのまましまっているものがありませんか?

 

顎関節には「経皮毒」という体からのメッセージ。

 

シャンプー、ボディソープ、症状が出ている箇所からして歯磨き粉も関係あるでしょうか。この際着るものもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

体からのメッセージは実際に体を触診した方が詳しくわかるので、よかったらまた施術にいらしてください。

 

では、お大事に…。

 

こばた整体院のホームページへ戻る