夜中に頭が痛くなったので朝起きてその時の頭痛の原因を調べると、よい宇宙人さんが来訪していました。

 

別の方で、いわゆる”ぎっくり腰”で腰が痛い方の腰を調べると、よい宇宙人さんが来訪していました。

 

応援に来てくれるのはありがたいけど、「痛い」=「不快」な症状の原因として訪れるのはなぜ?

 

最近たくさんのことがわかってきたのでノートを整理しないと…と思って焦っていました。でも、どうまとめたらよいのか頭がごちゃごちゃになっていました。

 

ノートとにらめっこする時が多かったのですが、ノートを開くのをやめたらしばらくすると痛みは消えていました。

 

症状がある方全てではありませんが、この場合は「がんばりすぎていませんか?」「きついときには休んでね」ということだと受け取ったら良いようです。

 

よい宇宙人さんもいれば”悪い”宇宙人さんもいます。

 

寝違えて首が痛いという方の首に、今度は”悪い”宇宙人さんが来訪していました。

 

もちろんその通りに伝えると怖がられると思いましたので伝えていません。

 

ある言葉をかけるといなくなりました。

 

”悪い”という言葉は”よい”の反対で使っている言葉で、これが正しいのかわかりませんが宇宙平和を乱す存在のようです。

 

では、”悪い”宇宙人さんは何をしに来ているのでしょうか?

 

「(宇宙平和の活動を)偵察しに来ている」?→×違っていました。

 

「(宇宙平和の活動を)見学しに来ている」?→△おしい!

 

「(宇宙平和の活動を)学びに来ている」?→○正解です。

 

だったら、宇宙平和をお勉強しに来てくれてありがとう!です。

 

ウェルカムです。

 

昨日、施術後首の痛みと頭痛が良くなったけどまた痛くなったとご相談のメールを頂きました。

 

首を調べると、よい宇宙人さんが応援に来ています。

 

頭を調べると、悪い宇宙人さんがお勉強しに来ています。

 

それぞれいなくなると症状がやわらぐようです。

 

でもまだ上を向くと今度は右の肩甲骨あたりに痛みがあるということ。

 

右肩甲骨を調べるとまた宇宙人さんが来訪しています。

 

さっきから体に宇宙人さんが来訪しているので、今度痛みが出たらそこに向かって「ありがとう」と言ってみてください。とお伝えしていました。

 

すると「ありがとうと伝えました!ずいぶん楽になりました ありがとうございました!」と返事を頂きました。

 

皆さんも今、もし痛む部分があったらその部分に向かって「ありがとう」と言ってみてください。

 

もし宇宙人さんが来訪していたのならきっと痛みが和らぐと思います。

 

セルフケアです。

 

間違っていたとしても副作用はありません。

 

こばた整体院のホームページへ戻る