職場の健康診断の結果が出て”要再検査”となった項目があったと、検診の結果表を見せてくださった方がいました。

 

それぞれの項目の基準の値からはみ出している数値のところが”要再検査”となっているようです。

 

原因を調べてみました。

 

血中脂質の値の異常→「大丈夫ですよ」という体からのメッセージが届いています。

 

血糖値HbA1cの値の異常→よい宇宙人さんが応援に来訪中。

 

貧血と診断→シップの経皮毒で小腸がへたっていたのが原因です。

 

心臓が人よりも大きい→この時もやもやしていることを楽にするための宇宙メッセージが届いています。

 

他にもカルテに検診で毎年ひっかかる項目があると記入してくださった方がいらっしゃったのでこれも調べてみました。

 

腎臓のD判定→「恋愛や結婚についてお悩みではないですか?」という体からのメッセージが届いています。

 

血圧(基準より高い)→ 〃

 

と、こんな感じでした。

 

結果表に”要再検査”ではなく、こんな風に記入してくださっていれば面白いですけどね!

 

健康診断は病院でするのではなく、日頃から自分の心と体の具合はどうかな?と自分自身ですればよいです。

 

会社で絶対受けなければならない場合でも、結果表を見てどういった経緯で決まったかわからない基準値に自分の数値が当てはまるか否かで一喜一憂する必要はないのです。

 

普通は”要再検査”となればあらためて病院を受診→投薬や治療を始めるという流れになるかと思いますが、この体からのメッセージを受け取ることができたら本当の原因がわかったり自分に向き合うことで解決へつながったり、何より「病気」を連想しないので深刻にならずにすみます。

 

何も知らないと、降圧剤、コレステロール値を下げるお薬、腎臓透析など投薬や治療により血流悪化、体温低下、免疫力低下に。→医原病

 

健康診断を受けたのがきっかけで体調を崩す、病気になる(病名をつけられる)。

 

おかしな話です。

 

こばた整体院のホームページへ戻る