水曜教室の生徒さんから、”今、皮膚科の病院に来ているのですが、患者さんが多くて練習に間に合わないかもしれません。終わり次第駆けつけます。”とメールがありました。

 

遅れて教室に入って来られると両手合わせて5~6本の指に包帯がぐるぐる巻きです。

 

聞くと両手指に大きな水泡(みずぶくれ)ができたということ。皮膚科の診断結果は何かの菌でもなく原因不明ということでした。

 

調べると「疑心暗鬼になっていませんか?」という体からのメッセージ。

 

指に体からのメッセージが届いていることをお話をすると思い当たることがあられるようでした。

 

少し前、自分のマイナスの思いが実現してしまい悔しい思いをされています。

 

もしかしたら「思考は現実になる」ことがまだ信じられていなかったのかも。

 

気づくまでお知らせは何度でもやってくると思います。

 

今日、別の方で右の腰から腹部が痛いので治るまでしばらくお休みしますと言われた方がいました。

 

整形外科では原因がよくわからず内科的な病気かも…と言われたそうです。

 

お話の中で突然「あクマさんはついていませんよ」と言われました。

 

前者のようにうちのクライアント様でもあり生徒さんでもある方以外には、ほとんどお仕事のお話はしないのですが、なぜか少し前のブログを読まれたようです。

 

読んでも理解できない方が読まれて反論…そんなこともあり得ますよね。

 

先生、頭がおかしくなった…?!と思われたでしょうか…(^-^;

 

誰が読むかわからないのを承知して書いているはずでした。

 

それでも症状の原因例を多くの方に知ってほしくて書いています。

 

あクマさんは確かについていましたよ…とお話しようかと思いましたが、そういえばこの方は今は7万年の若い魂さんです。

 

残念ながらいくらこの話をしても通じることはありません。

 

今回の右腹部の痛みも調べてみたら、宇宙メッセージが届いていました。

 

「私は(あクマさんとか霊的なものは信じず)病院に行きます」と言われたのを思い出し、その言葉で届いている宇宙メッセージの内容がわかりました。

 

わかりましたけど、お伝えしても伝わらないのでお伝えしません。

 

気づくまでお知らせは何度でもやってくると思います。

 

こばた整体院のホームページへ戻る