今推奨されている新型コロナワクチン(mRNAワクチン)を接種された方は「遺伝子(DNA)にキズがつく」ことがわかりました。

 

ワクチンの解毒をすべくうちで水素吸引をされた方と、ワクチンを打ったのに水素吸引をされなかった方と双方とも確認してみたら、吸引された方はDNAにキズがなく、吸引されなかった方にはDNAにキズがついていたのです。

 

水素吸引で遺伝子のキズが消えるということは、水素吸引は電磁波の影響も消すのかもしれません。

 

mRNAワクチンとは…

 

”本剤はメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンであり、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質(ウイルスがヒトの細胞へ侵入するために必要なタンパク質)の設計図となるmRNAを脂質の膜に包んだ製剤です。…”

 

これは個人に送られてきたワクチン接種券に同封されている説明書に書いてある文章の一部です。

 

実際何が入っているかというと、

 

「新型コロナウイルスだと思わしきウイルスの一部分を、人間の細胞でつくり出すように指示を出す遺伝子」が入っているそうです。

 

この”mRNAワクチンを接種する”ということは、”短期間で新しく導入された「遺伝子合成技術」により、ウイルスのスパイクタンパク質をつくりだす設計図を人間の細胞に入れ込む”ということになります。

 

遺伝子情報ですので人間のDNAのらせんの構造の中にそれが入り込んでくる可能性もあるとのこと。

 

「遺伝子にキズがつく」ということはそういうことかと。

 

では、遺伝子にキズがつくとどうなるのか?

 

体の症状では頭痛、めまい、疲労感、物忘れ、灼熱感など。

 

たとえ症状が出なかったとしても「心」がしぼみます。

 

心がしぼむと人間の身体の恒常性維持機能は乱れます。

 

今わかっているのはこれくらいですが人類に初めて投与されているものなので、今後どういう影響や健康被害があるかは誰にもわからないと思います。

 

筋肉注射したところが痛いとか、一回目より二回目が痛かったとか、自分は打っても何ともなかったとか、そういうレベルのお話しでは済まないようです。

 

よく言われる「後遺症」についてもわかったことがあります。

 

新型コロナに感染した後、嗅覚障害が半年以上残る方と一緒に後遺症の怖さを特集しているニュースがあっていたので、TVに映っているこの方の「嗅覚障害」の原因を調べると「面倒くさいなぁと思っていることはありませんか?」という体からのメッセージでした。

 

あとは治療に使われた薬の薬害による「医原病」であることが多いようです。

 

”新型コロナの「後遺症」”という考え方をなくした方がよさそうです。

 

新聞で見るワクチンの”90%以上の効果”にもからくりがあるようです。

 

新型コロナウイルスや新型コロナワクチンについて、何が真実なのかを見極めることが大切です。

 

遺伝子にキズがついているか、ついていないかは十勝石が教えてくれます。

 

 

こばた整体院のホームページへ戻る