風の丘で定期的にメンテナンスを受けてくださっている方が、前回終了後「今度職場の健康診断がある…」とお話しされていました。

 

やまのうち先生のところではないようでしたので、それって受ける必要あるのかなぁと思っていました。

 

数日後別件のメールのやり取りの中で、「(例の)職場の健康診断で、背骨が右にずれている、姿勢も2年前より悪くなっていると言われてショックを受けて帰りました…」とありました。

 

姿勢は3月から診ていますが良くはなっていることはあっても悪くなってることはありません。

 

施術後は姿勢は整います。次の施術までに多少変化はすることがあっても一番最初の状態に戻っていることはなく、動きやすくなられていることはご本人が一番感じていらっしゃることと思います。

 

気にしなくて良いと思います。とお伝えしていました。

 

次の施術の際、体はやはりその件について教えてくれました。

 

右の内果面に「自分を含め家族について不安やお悩みはありませんか?」という体からのメッセージです。

 

右の起立筋、左膝に宇宙メッセージが届いていました。

 

左股関節に「疑心暗鬼になっていませんか?」という体からのメッセージ。

 

施術で整えてもらっているけど病院では姿勢が悪くなっていると言われたので、きっと自分の姿勢って大丈夫かな?施術で本当に良くなっているのかな?という思いがあられるのだと思いました。

 

この方に届いている宇宙メッセージはきっと、医師から言われたことは気にしなくてよいですよ。という内容なのだと思いますが良い言葉が思い浮かびません。

 

そういうことだろうとお話しながら施術を進めていると、さらに右肝鎌状間膜、右距骨に宇宙メッセージが届いていました。

 

早く伝えてということでしょうか。

 

何かいい言葉がないかなぁ…すると、

 

「病院の言うことは信じなくて、自分の体を信じましょうってことですよね~、何かな~」とクライアント様も一緒に考えてくれているようです。

 

あ、それです!

 

この方に届いた宇宙メッセージは↓これでした。

 

「自分の体を信じましょう」

 

ご自分で解読されました。すごいですね!

 

このメッセージには私も救われました。

 

昔お勉強の際、病院の先生からかけられた言葉で心に傷を受けた方がたくさんいらっしゃいました。

 

もしかして…と調べるとこの方も心に傷を受けられていました。

 

心の傷は消さないと何十年も残り、放っておくと「うつ」になります。

 

わかって本当に良かったです。

 

体の不具合は気づいてほしいことがあるから起こります。

 

画像や血液検査などではわからないことも多いのです。

 

塩を取りすぎたらのどが渇くように体の調子が良いか悪いかは検査ではなく自分が一番よくわかるのだと思います。

 

こばた整体院のホームページへ戻る