先日、頭蓋骨調整の施術中、頭皮に何かできてるから診てほしいと言われて確認すると一見どうもしていないように見えましたが、触るとざらざらした感じの5ミリ程度のふくらみがプチっとできていました。⇒あクマさんでした

 

あクマさんがついて起こる症状は色々です。

 

体を診て私が気づくだけでご本人の自覚症状が何にもない場合もあります。

 

症状がある方の例は、

 

歯が腫れる⇒こあクマさん、旦那様の職場の愚痴を聞いている時にブーンという音が聞こえたそうですがその耳鳴り⇒あクマさん、使っているスキンケア用品が合わないせいか肌の赤みが出る⇒あクマさん、鼻水が出る⇒あクマさん、咳が出る⇒こあクマさんとあクマさん、打ちみで痛む⇒あクマさん、手の皮がむける⇒あクマさん、乾癬⇒あクマさん…

 

手の皮がむける症状の方は皮膚科に行かれました。

 

医師から「手荒れですね」と言われてステロイド剤を処方されたそうです。

 

無駄とわかっていても周りが病院へ行けというので行ったそうです。

 

乾癬の方も病院へ行き「見た目は乾癬ですね」と言われたそうですが、病名なんてつけてもらわなくてもよいです。

 

症状は?というと皮膚がボロボロになって赤みが出て膨らみ痛みやかゆみがあります。

 

原因はあクマさんでした。

 

同じくステロイド剤を処方され塗布されていました。

 

あクマさんはステロイド剤ではとれません。

 

ステロイドは1センチ四方皮膚に塗布するだけで心がしぼみます。

 

3日間便秘が続いたので病院へ行くと前立腺が通常の15倍の大きさに腫れていて、その影響で便も溜まり尿も数リットル溜まっていた。という方の「前立腺の腫れ」の原因を調べると、経口毒、経皮毒、あクマさん、こあクマさん…などでした。

 

”など”はメッセージだと思うのですが、直接ご本人とお話ししたわけではないので詳細がわかりません。

 

あクマさんがついている方…

 

「自分自身を内観し、自分に向き合いましょう」

 

こばた整体院のホームページへ戻る