新型コロナワクチンの2回目の接種後、ワクチンを解毒すべく水素吸引をしたいと言われていました。

 

接種された次の日、発熱と注射した腕の痛み、頭痛、節々の痛みが出たと連絡がありました。

 

調べると腕と頭にあ、クマさんがついていました。

 

”あ、クマさん”とは”悪魔”のことです。

 

怖いイメージを払拭するために名前を変えてみたら?と言っていただきましたが新しい名前が思いつかず、とりあえず言い方を変えてみています。

 

”森のクマさん”みたいに思えませんか?^^

 

あ、クマさんがついたこの方は自分を内観しないといけない部分があるのでワクチンを打つことになった。ということになるようです。

 

答え合わせして〇正解でした。

 

接種して二日後熱が下がったからと水素吸引に来てくださいました。

 

水素吸引で霊障がとれることがわかっていましたがどこまでとれるのかあらためて確認してみました。

 

吸引後に、躯幹・下肢・上肢・頭部・の骨と関節と筋肉筋膜含めた軟部組織、頭蓋腔の中身、口腔内、目、内臓、四つの心についていないか十勝さんとモルダさんで確認したら本当にきれいに取れていました。

 

水晶でとれる霊障もありませんでした。

 

水素ポッドにインディバのエネルギーを入れたのもありますでしょうか。

 

手技でも霊障がとれることがわかっていましたがそれにも新たな発見がありました。

 

あるクライアント様をきっかけにふと10年前にやっていた手技をまたやってみようと思い体が自然に動いていました。(もちろんオステオパシーも)

 

きれいに取れる時もあれば組織の異常や症状がとれなかったりして(霊障が)残っていることもあります。

 

その場合どうやったらとれるかがまた面白いです。

 

”治し”が”治し”になるのはもちろんですが、”癒し”が”治し”にもなる。ようです。

 

 

 

こばた整体院のホームページへ戻る