先日、知人の絵の展示会に行ったとき「絵にはパワーがあって…」というお話しをされました。

 

「パワーがあるってどうしてわかるんですか?」と聞くと手をかざすと例えば絵のある部分でピリピリとした感覚が手に伝わってくるということ。

 

試しに絵に手をかざしてみました。

 

無機質な壁に手をかざした時と一番好きだなぁと思った絵に手をかざしたときでは感じる温度が違いました。

 

展示してある全ての絵で試してみました。

 

結果はいろいろ。

 

その時に別の感覚も感じました。

 

絵にも良い波動と悪い波動があります。

 

人が描いた絵なので描いた人の想いなどが影響するようです。

 

波動の良い方が書いた絵や字はとても気持ちが良いですがそうでない方が書いた絵や字は感じる人が感じるととても息苦しくきついものになります。

 

家や部屋に飾る絵や書選びも大切です。

 

以前は良かった(良い波動)ものも、ある時期を境につくった方の想いが変わり悪い(悪い波動)ものに変わったりもします。

 

陶器など人の手でつくられたものも同じです。

 

良くないものを飾っておくと体調不良の原因になることも。

 

”手作り””手書き”のものを販売される方はそれを手に取った人を幸せにもできるしその反対もできてしまうことになりますね。

 

話が反れましたが…

 

展示会である感覚を感じたとき施術に使えるかも!とひらめきました。

 

その日のクライアント様に早速試したら悪魔がとれました。

 

先日風の丘でその日の施術が終わり空庭に行くとスタッフの方が、頭が痛い(こめかみの奥の方が痛い)からいろいろパーツを握るけど治らないと言われていました。

 

何がついているか調べてみると小悪魔さんがついていました。

 

新しいやり方でとると「頭がスーッとします!」と言ってくださいました。

 

悪魔や小悪魔がとれるようです。

 

少し前、波動砲を使わずに取れることがわかりましたがまた他のやり方が見つかりました。

 

こうなったらいいなぁ…こんな時別の方法がないかなぁ…と施術の際に思っていたことがやっぱり解決します。

 

本当にありがたいです。

 

 

 

こばた整体院のホームページへ戻る