クライアント様から新型コロナワクチンについて質問を受けましたので少し調べてみました。

 

ファイザー社新型コロナワクチンの成分(厚労省ホームページより)

 

▷有効成分
・トジナメラン(ヒトの細胞膜に結合する働きを持つスパイクタンパク質の全長体をコードするmRNA)
▷添加物
・ALC-0315:[(4-ヒドロキシブチル)アザンジイル]ビス(ヘキサン-6,1-ジイル)ビス(2-ヘキシルデカン酸エステル)
・ALC-0159:2-[(ポリエチレングリコール)-2000]-N,N-ジテトラデシルアセトアミド
・DSPC:1,2-ジステアロイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン
・コレステロール
・塩化カリウム
・リン酸二水素カリウム
・塩化ナトリウム

・リン酸水素ナトリウム二水和物
・精製白糖

 

精製塩と精製白糖はわかりました。(でも何のために入っているのかな?)その他の成分や添加物は名前を見ただけではわからなかったのでファイザーに問い合わせてみました。

 

成分のうち一つの添加物「ポリエチレングリコール」だけ接種した方に重いアレルギー反応があったからという理由で詳細を教えてくださいました。↓

 

”一般に病院で腸内検査をするときに用いる腸管洗浄剤の主成分でありまた飲み薬や塗り薬や目薬などの添加物として用いられています。医薬品以外にはヘアケア製品、歯磨き粉などの医薬部外品に用いられており化粧品にも保湿などを目的として含まれています”

 

要するにこれが原因でアナフィラキシー反応が起こっているので人体に害のある添加物ってことですよね?

 

ポリエチレングリコール以外の添加物や成分の詳細についても質問してみましたが「お客様にお伝えできる部分は他に持ち合わせていません」という回答で、その意味は”知らない”のか”教えられない”のか色々言葉を変えて聞いてみましたが国会答弁でよく見る”ごはん論法”でかわされて結局わかりませんでした。

 

薬やワクチンを否定する医師の本に書いてあった内容です。↓

 

”感染症の原因となる抗原が人の体の気道にとりつく(気道の防衛機構が働いて抗原と戦う)⇒抗原が胃腸に入ってくる(胃腸の防衛機構が働いて抗原と戦う)⇒気道や胃腸は抗原と戦いながらその情報を他の細胞や体の各器官に伝えそれによって人の体は抗原を迎え撃つ準備を進める⇒気管や胃腸の防衛機構をくぐり抜けて細胞や血液に入った抗原に対してはマクロファージや様々な免疫細胞間の情報伝達により抗原と戦う。この時人の体は発熱するがこれは抗原が高い体温のもとでは生きていけないためでこれも防衛機構の一つ”つまり⇒”ウイルスへの抵抗力(免疫)は抗体だけでは成り立たない。リンパ球、粘液、唾液、マクロファージや様々な免疫細胞間の情報伝達や発熱など全てが揃ってはじめてウイルスに抵抗できる

 

ワクチンを打っても感染する理由が少しわかりますね。

 

ということは感染した方は免疫力が低下し体のどこかでウイルスを防衛できていなかった…重症化した方は自然治癒力が働かなかった…

 

気道や胃腸や体内の免疫力・治癒力を下げる原因は?

 

気道や胃腸や体内の免疫力・治癒力を上げる本当の方法は?

 

亡くなった方は松果体に入れてきた予定の死かと。

 

ワクチンよりも大切なのはこれですね↓

 

「自己免疫力」「自然治癒力」を下げる原因を知ること

 

「自己免疫力」「自然治癒力」を上げる本当の方法を知ること

 

「はたらく細胞」という細胞を擬人化して描いてあるマンガ本(内容には少し間違っている部分もありますが…)を以前読んだ時、自分の体の中に様々な働きをする小さな自分がたくさんいてその赤血球や白血球や細胞たちがいるから自分の体の恒常性維持ができているんだなととてもありがたく感じました。

 

そしてそのはたらく細胞さんたちが喜ぶものを体内に入れようと思えました。

 

ワクチンを打つ=成分も添加物もよくわかならない異物を血中に入れること

 

はたらく細胞さんたちは喜んでくれるでしょうか?

 

薬や牛乳や塩と同じようにワクチンも真贋を見極める時ですね。ご自分でよく調べてから決められると良いと思います。

 

面白そうな本を他に見つけたのでまた調べてみようと思います。

 

 

こばた整体院のホームページへ戻る