先日のお勉強の際も工房へのご相談がみんなの連携プレーで解決しました。

 

相談者のお子さんは知的障害でてんかんの症状が出ます。

 

そのお子さんをイメージすると肋骨の辺りが苦しいです⇒自宅の土地が悪い?⇒正解〇⇒浄化します⇒まだ苦しいです⇒過去世の負の記憶?⇒〇正解⇒1200年前の過去世の負の記憶?⇒〇正解⇒その原因となる1200年前の過去世の負の記憶を消します⇒肋骨の苦しさが消えました。

 

もう一人別の方は下血が続いているそうです。

 

その方をイメージすると吐き気がします⇒自宅の土地が悪い?⇒〇正解⇒古戦場の跡地?⇒×違います⇒処刑場の跡地?⇒×違います⇒災害の跡地?⇒〇正解⇒水害?⇒×違います⇒土砂崩れ?⇒〇正解⇒土砂崩れで埋まってしまって亡くなったさまよう魂さんの影響を受けられています⇒その魂さんをあげます⇒吐き気が消えました。

 

いつものように私のクライアント様の症状の答え合わせもしました。

 

腰痛はすぐ消えたのですが開脚して前に倒れるストレッチをする際に内側大腿部が突っ張る感じがいつも残ります。以前はもっと柔らかくこの症状は出ていなかったそうです。

 

この方はある体操の指導者でもあられます。

 

生徒さんはTVで体に良い運動として似たような動きを紹介していて「TVで言っているからやっぱりこの体操が一番なんだね~」と思われているそう。

 

TVで本当に良いものを紹介することはあまりないと思います。

 

この体操は宇宙に確認するとすごく良くもなくすごく悪くもなく…といった体操です。動作のいくつかはこれをしたから体の調子がよくなるとは思えない動きです。

 

きっと、「これ以上開脚しなくてもよい」ということでは?と思い答え合わせ。⇒〇正解でした。

 

指導者がべた~っと柔らかければそうならなければいけないと生徒さんは無理をする傾向があります。また、静的ストレッチでは痛みなどの症状は解決しません。

 

このことを踏まえて正しいストレッチの知識や本当に身体に良い動きを指導しましょうというメッセージだったのです。

 

きっと↑こういうことですよ!とお話ししていましたが合っていて嬉しいです!

 

こばた整体院のホームページへ戻る