なぜ減塩と言われるのか…

 

1953年アメリカの高血圧学者のメーネリー博士が10匹のネズミのエサに通常の20倍の塩を加え飲み水にも1%の塩を入れて飲ませた実験で半年後に10匹のうち4匹が高血圧になった結果に、さらに追い打ちをかけたのが1960年アメリカのダール博士が発表した論文に1日平均28g塩を摂取していた東北の方と1日平均14gの九州の方の摂取gに高血圧発症頻度が比例していることから「塩=高血圧」という神話が一人歩きするようになった。

 

上記は10匹中4匹は高血圧になったが残りの6匹は正常血圧のままだったこと、東北のような寒い地域の人の身体は自然と血圧を上げて血液循環をよくすることによって寒さを凌ごうとすること、さらに同じような塩のとりかたをしても高血圧の多い地域と少ない地域があることを見逃していたのです。

 

反対意見を述べる論文や書物もたくさん発表されたのになぜか日本ではいまだに塩が悪者になっています(理由は来院されたらお話しできます)

 

ところがやはりおかしいぞという意見が出てきたそうで世界的な高血圧研究の権威である名古屋市立大学の青木久三先生が遺伝性高血圧のネズミで①低食塩食②普通食③高食塩食の実験を行った結果血圧の折れ線グラフはどれも同じような変化をしていました。

さらに1988年世界の32か国52の地域で約一万人を対象に本格的な大規模調査が実施された結果「塩だけを減らしてもほとんどの人の血圧は下がらない」という結果が出ました。

 

十分に水を飲んでちゃんと尿が出ていれば大丈夫でそれどころか減塩がもたらす弊害の方が大きいのです。

 

男性は倦怠感、脱力感、やる気がなくなる、女性は冷え性、便秘、流産、早産、不妊、共通するのは熱中症、新陳代謝の衰え、胃腸障害、足腰痛、心臓の機能低下、腎臓の機能低下etc…

 

高血圧が気になる方が減らすべきなのは「塩」ではなく「糖と脂質と薬」です。

クライアント様に天日塩の摂取を促してもなかなか今までの概念を覆すことが難しい方もいらっしゃるようで美健ガイド社の本を引用してみました。

 

こばた整体院のホームページへ戻る