変形性膝関節症

テーマ:

遠方へ介護のお手伝いをしに行かれて1年半ぶりに来院されました(60代女性)

 

以前来られていた時の症状は病院で変形性膝関節症と診断されて半月板が左右ほとんどありません。左右とも内反膝で特有の前に前に進むというより左右に体重が傾く歩き方でした。

 

それでも伸びなかった膝が伸びるようになりましたし、和式のお手洗いもできましたし、歩き方も改善されていたのでいい状態を保っていらっしゃったと思います。

 

今回久しぶりに来院されたとき左ひざを引きずって歩かれていました。

 

久しぶりに地元の病院へ行かれたそうで膝が痛いと訴えたら「曲げたり伸ばしたり動かさなかったから」だということ。

 

お体を拝見すると左膝がほどんど曲がりません。

 

施術後普通に歩けています。屈曲制限はまだありますが伸びていなかった膝が伸びています。

 

ご本人が随分前と後の変化に気づかれているようで普通に歩けることが嬉しそう。

 

最初の症状が重篤だったのでメンテナンスをすることでひどくならずにいい状態を保てていたのかもしれません。かなり悪化していたので驚きました。介護のお疲れもあったのでしょうか。

 

こばた整体院のホームページへ戻る