こんにちは、田中です。


僕にライティングを
教えてくれた人のモットーが、

「セールスは正々堂々とやれ」でした。


はじめ無料だと言っておいて
いきなり有料にするとか
そんな姑息なマネするなと。


セールスというと、
心理学とか使って相手の裏をかくとか、
相手をコントロールする、

洗脳するみたいなことを
言っている人もいますが、
セールスはそういうことではない。


僕は正々堂々とセールスしろと
教わりましたので、
自分の商品・サービスの場合はもちろん、

他の人のセールス文章を書く時も、
基本的には、正々堂々とセールスするスタイルです。


ところで最近、
縦読みとか匂わせが流行っています。

まぁ別に流行っているわけでは無いのでしょうが笑


こういった、
縦読みとか匂わせの評判がすこぶる悪い。


その理由の1つに、
「姑息さ」が伺えるから
というのがあるのではないでしょうか?


情報がこれだけオープンになり、
基本的には誰でも見ることが
できるようになってくると、もう隠し事はできません。


芸能人もYouTubeで
どんどんプライベートを
曝すようになっている時代です。

そういった芸能人の方が
好感度も高かったりします。


モノやサービスにおけるセールスも
変な隠し事をせずに、
メリットだけでなくデメリットも
ぶっちゃける方が良いのかもしれませんね。


もちろん時と場合によりますし、
セールスの基本は魅力紹介ですから、
いかにその商品サービスの魅力を
うまく伝えるかによります。


ですが完璧な商品・サービスなんて
ないのですから、あえてデメリットを伝える。

でも、それを上回るメリットがあるよ
っという伝え方の方がより効果的なのかもしれませんね。


対面セールス、コピーライティングには
「型」とか「テンプレート」っていうものが
よく言われますが、全部が全部型通りではないというわけです。


言われたことをただやるだけの人。

思考停止の人間は、
これからどんどん淘汰されていくでしょう。

「自分の頭で考える」クセ
つけておかないと痛い目を見ますよ笑

ではでは、
今日もお読みいただきありがとうございました!

 

Kindle売れ筋ランキング7冠達成した
『コンテンツビジネス最初の一歩』のPDF版と動画版を
期間限定で無料プレゼントしています!

詳しくはコチラをクリック!

 

■LINE公式アカウント ・LPやステップメール、セールスレターの制作をお願いしたい。
・コンテンツを作ってプロモーションしたいので相談したい。
・Kindle書籍を出版したい。
・YouTubeやメルマガを始めたい

といった方はお気軽にご相談ください!

https://lin.ee/o7oUQZV
(※登録、相談は無料です)

 

  • コピーライティングっていうものは売れる文章とか欲しくなる文章のこと
  • 文章(書き言葉)だけに限らず、音声、動画といった話し言葉も含む
  • お客さん(人)に行動してもらうためのライティング技術
  • 行動してもらうためには感情を動かさないといけないから、感情を動かすことができる文章がコピーライティング
  • コピーライティングでは「売ること」を意識するのではなく、お客さんが「買いたくなる」を意識すると良い

 

  • 行動できない原因の1つに「無駄なことをやりたくないと思ってしまう」がある
  • 成果が出るとは限らないっていうことをわかっておくということ+無駄なことなんてひとつもない
  • 金銭的な成果は得られなくても◯◯が得られると考えることができる

 



こんにちは、田中です。


7月、8月あたりに
教材をリリースする予定です。

教材というか
コミュニティというか。。。

メルマガ読者さん限定で
お得に購入参加できる
ようにしますので、お見逃しなきよう。


なかなか斬新なものに
なる予定なので、乞うご期待!!


ということで、本題。


現代は、言わずもがなの
1億総発信者時代です。

みんながみんないろんな
発信媒体を持って情報発信しているわけです。

ユーチューバーにも、
いわゆる物申す系と
呼ばれるユーチューバーがいるんですね。


まあ、簡単に言うなら、
単なる「揚げ足取り」です笑


動画のつくりが、有名人の発言を
切り取り、タイトルやサムネに使って
興味を惹く、注目を集める手法です。



これは一昔前の
ネットビジネスであった手法と、
やり方が似通っています。


ネットビジネスの世界でも
有名な方、その人が出している教材を

詐欺だ詐欺だとブログに書いて、
自分のところにアクセスを集めて、

自分のおすすめ教材を売ったり
しょぼいコンサルを売る手法が流行りました。


僕が嫌いだった
ネットビジネスのやり方です。


そんなこともあり、
僕はいわゆる「ネットビジネス(インフォビジネス)」
から距離を取ったわけですが、、、


批判ばかりの人、
物申すばかりの発信ばかりの人は、
周りもそういう人ばかりが集まってくるので、
ひとつ間違えると自分が叩かれる対象になったりします。


てか、芸能人とかの悪口を書きまくる人、
叩く人の気が知れないと言うか、
僕には全く理解できないんですが笑


Twitterでクソリプを送ったり、
YouTubeのコメント欄に悪口を書いたり、
ヤフコメの記事に的外れな批判を書いたり、
書籍レビューで非難めいたことを書く。


こういう人たちって、
対象物(モノ、ヒト)の
悪い面しか見てないんですよね。



結局人は、
「自分が見たい世界しか見ていない」わけですから。


これはいわゆる知識人、学者、政治家、
頭のいい人も陥っている罠だったりします。


まあ僕が言いたいことは、
もっとポジティブな発信をしていこう!

と言いますか、
どうせネット空間に言葉を発するなら、

「人のためになることを発信しましょう」

っていうことですね☆


今日もお読みいただきありがとうございました!
 

Kindle売れ筋ランキング7冠達成した
『コンテンツビジネス最初の一歩』のPDF版と動画版を
期間限定で無料プレゼントしています!

詳しくはコチラをクリック!

 

■LINE公式アカウント ・LPやステップメール、セールスレターの制作をお願いしたい。
・コンテンツを作ってプロモーションしたいので相談したい。
・Kindle書籍を出版したい。
・YouTubeやメルマガを始めたい

といった方はお気軽にご相談ください!

https://lin.ee/o7oUQZV
(※登録、相談は無料です)

 

  • 何事もアクションを起こさないと、最終的にはどれだけ情報があろうが結果は出ない
  • ビジネス行動が大事と言われても、なかなか一歩踏み出せない人は結構な割合でいる
  • ◯◯という心理がどうしても働いてしまうから

 

 

 

 

こんにちは、田中です。

 

「好きなことを仕事に」と言うと

そんな世の中甘くないといった

反論があるかと思います。

 

これを論破したいと思います。

 

1番大きな理由は、

好きなことを仕事に

している人は世の中にゴマンといる。

 

これに尽きるのではないかと思います。

 

 

また、好きなことを

仕事にするのは甘えているのか?

 

についていえば、

分かりやすい例で言えばプロ野球選手。

 

もっと具体的にすればイチロー。

 

彼はめちゃくちゃ野球が好きだと思います。

 

 

彼ほど野球を愛している人は

そういないのではないでしょうか。

 

 

イチロー自身も引退会見で、

野球を愛してきたことを誇りにしている

と自分で言っていましたしね。

 

 

彼は甘えていますか?

 

むしろ、逆の印象ではないでしょうか。

 

 

めちゃくちゃストイックに、

自分の好きな事をやるために

打ち込んでいますよね?

 

 

もしあなたが、

自分がやりたいことを

好きなことを仕事にと思った時に、

親や親族、奥さんとか友人とかから

 

「好きなことを仕事になんて

ぬるいことを言うな」

 

と批判されたら、

しっかり反論しましょう。

 

 

別に言い返さなくてもいいけれど、

心の中で思っておきましょう。

 

 

甘えているわけでもないし、

好きなことで食べていくことも大変な一面がある。

 

ということがわかっているけれど、

俺は私はチャレンジするんだと。

 

 

と、しっかり主張しましょう。

 

 

好きなことで仕事をして、

対価を得るのは簡単ではないかもしれません。

 

 

ビジネスについて勉強する。

 

・マインドセットを整える

・コミュニケーション力を磨くこと

・マーケティング・コピーライティングスキルを身につける

 

などなど、、、

 

 

 

今の日本であれば、

食べていくには困りません。

 

 

「好きなことを仕事にする」には、

 

うまく情報収集しながら

学習効率を上げていき諦めずに

やり抜くことができるか

 

にかかってると思います。

 

 

誰しも最初っからうまくいかない

ずっとうまくいっている人もいない

 

それを分かった上で、

粘り強くコツコツ積み上げていくしか

結局のところないんですよね。

 

遠回りするしか正解にはたどり着けない。

 

残念ですがこれが真実です。

 

 

以上述べたことは、

あくまで凡人についててあり

天才的な人は除く。笑

 

 

 

会社員であろうと、

主婦の副業であろうと

自分で起業してビジネスしていこうと

 

 

正解なんてないわけだし、結局のところ、

自分のやりたいことをやるしかないんですよね。

 

 

家族や親族に反対されるとか、

モチベーションがどうとか

そういったことを言っている段階は

 

まだまだスタートラインにさえ

立っていないと言えるんでしょうね。

 

 

では、

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

 

Kindle売れ筋ランキング7冠達成した
『コンテンツビジネス最初の一歩』のPDF版と動画版を
期間限定で無料プレゼントしています!

詳しくはコチラをクリック!

 

■LINE公式アカウント ・LPやステップメール、セールスレターの制作をお願いしたい。
・コンテンツを作ってプロモーションしたいので相談したい。
・Kindle書籍を出版したい。
・YouTubeやメルマガを始めたい

といった方はお気軽にご相談ください!

https://lin.ee/o7oUQZV
(※登録、相談は無料です)


こんにちは、田中です。

「始めなければ始まらない」


竹原慎二さんが言っていた
言葉なんですが、
これって凄い名言だなーと。


勉強でもダイエットでも
何でも当てはまると思います。


で、僕がこの言葉を応用して考えたのが

「書き始めなければ書くことはできない」

です。

大半の人が、コンテンツ作成をしたり、
ブログやメルマガなどを書くことって
大変だったり、面倒くさかったりすると思うんですよ。

僕も同様ですから。

ですが、こういったことも
まずは始めないと始まらないわけです。


ブログが書けないと言っている人は、
書こうとしていないわけです。

書こうとするというのはどういうことか?

それは、
パソコンの前に座ってメモ帳を開くこと。
そして、一行目を書き出すことです。



僕でしたら、

「こんにちは、田中です」からです。


ネタの収集などは
日頃から行っていますよ、もちろん。

何か思いついたら
常にスマホのメモ帳に書くようにしています。

何もないところから
「書く」なんてできませんから。


でも実際に文章にしたり、
コンテンツにする作業は
また別であったりします。


コンテンツにする、文章にするには、
乱雑に書き留められた
アイデア、言葉をつなぎ合わせていかなければいけないからです。


アイデアを書き留める
のも、まずは意識すること。

今日の僕の
「始めなければ始まらない」という
言葉も竹原慎二さんのYouTubeを
見た時に書き留めておいたものです。


何事も最初の一歩というのは本当に重たい。

まだ眠っていたい朝の時間、
ベッドから体を起こすことって重たいですよね?

書くことも同じです。


パソコンの前に座ること。
メモ帳を開くこと。
1文を書き始めること。


やったら2秒で済むことですがこれが重たい。


この負荷を軽くして
いけるかが勝負になってきます。


そのヒントとしては、
「書く」に関して言えば、
一行目を書き出すことですね。

後は常にネタ収集をしておくこと。

これではないでしょうか?

書くことに関して苦手意識や
億劫さを抱えている人は参考にしてみてください。


ではでは、
今日もお読みいただきありがとうございました!
 

Kindle売れ筋ランキング7冠達成した
『コンテンツビジネス最初の一歩』のPDF版と動画版を
期間限定で無料プレゼントしています!

詳しくはコチラをクリック!

 

■LINE公式アカウント ・LPやステップメール、セールスレターの制作をお願いしたい。
・コンテンツを作ってプロモーションしたいので相談したい。
・Kindle書籍を出版したい。
・YouTubeやメルマガを始めたい

といった方はお気軽にご相談ください!

https://lin.ee/o7oUQZV
(※登録、相談は無料です)

 

こんにちは、田中です。

原因自分論。
起こった出来事の全ての原因は自分にある。


ビジネスの初歩の初歩の
マインドセットですよね。


ビジネスだけではなく、
 人生全般に言えることです。


なぜ起こった出来事を
自分の責任とした方がいいのかといえば、
全ての責任は自分にあると考えた方がラクだからです。


他人は変えられないし、
不平不満、愚痴や文句、批判を言った
ところで状況が好転する事はそうそうないからです。


僕も原則として、
良いことも悪いことも、
起こった出来事は全て自分に
原因があると思っています。



今の自分の状況が、
良い状況と言えないのでしたら
それは自分に責任があると。


ただですね。

明らかな依存体質や、
なんでもかんでも文句を言っている
不平不満、愚痴ばかりの人は論外として。


何でもかんでも
「自己責任」というのは
最近、違うような気がしています。


なぜそう思ったのか?

それは、
「自己責任だろ」は
人に優しくないような気がするんですよね。



前澤さんがシングルの家庭に
10万円を配布することに対して批判として

「シングルも好きでなったんだろう。
そんなの自己責任だから助ける必要はない」

との理由が多かったらしいですね。


僕はこれは違うん
じゃないかなと思うわけです。


やっぱり一般的に、シングルの人たちは
経済的にも精神的にも生活は大変でしょうし
そういった人たちに対してまで
「自己責任」だからと言ってしまうのは優しくないなあと。


もっと人に対して
優しくあるべきなのが日本社会。

助け合いの精神が
日本的ではないのかなと思ううわけですよ。



もちろん
今の新型コロナウイルスに関することでも同じです。

「コロナの影響で経営が
立ち行かなくなる飲食店なんて閉めてしまえ」

「平時のときからリスクヘッジできていないからだ」

と言ってしまうのは簡単です。


でも優しくないと思うんですよね。。。


価値観の問題でもありますから、
正解はないですが僕はなんか嫌だなー。


では、今日もお読みいただきありがとうございました!
 

 

Kindle売れ筋ランキング7冠達成した
『コンテンツビジネス最初の一歩』のPDF版と動画版を
期間限定で無料プレゼントしています!

詳しくはコチラをクリック!

 

■LINE公式アカウント ・LPやステップメール、セールスレターの制作をお願いしたい。
・コンテンツを作ってプロモーションしたいので相談したい。
・Kindle書籍を出版したい。
・YouTubeやメルマガを始めたい

といった方はお気軽にご相談ください!

https://lin.ee/o7oUQZV
(※登録、相談は無料です)

 

こんにちは、田中です。

 

将来に漠然と不安を感じたとき。

 

結論から言うと、

今できることをやるしかない。

 

なぜなら、

人は今にしか生きていないのだから。

 

 

リストラの危機、

お金に不安なら、副業などをして稼ぐ。

 

健康に不安があるのなら、健康に良いことをする。

 

 

ネガティブなことを

考えないことがベストではあります。

 

考えたところで、

どうにもならないですからね。

 

考えないというより

悩まないって言った方が

いいかもしれません。

 

 

人を羨んでいても仕方がないし、

「あの人みたいに稼げるといいなぁ」

 

ていってもそれは実現しませんよね?

 

 

他人を羨ましがったり

人を妬んだりしても

状況が良くなることはない。

 

 

コロナを嘆いても、

政治家のせいにしても、

経済が劇的に回復することもなければ、

自分の収入が増えるわけでもない。

 

 

目の前のことを

粛々とやっていくだけです。

 

 

ただそうは言っても、

ふとした時に不安に

襲われたりする事って誰でもありますよね?

 

 

そんなとき、

僕は「ある呪文」を

唱えるようにしています。

 

「ありがとう」です。

 

 

言葉の力、言霊ではないですが、

うまくいかないことがあったりして

マイナスの感情になった時。

 

夜ベッドに入って

漠然とした不安に襲われたとき。

 

 

「ありがとう」と口に出す

もしくは頭の中で唱える

 

ことをします。

 

「ありがとう」でも

「感謝します」でもいい。

 

 

ただ呪文のように

唱えるだけでも

これらの言葉には

効果があると聞いたからです。

 

 

「ありがとう」「感謝します」などは

 

・嬉しいことがあった

・良い事が起こった

・人から親切にされた

 

から言うのではなく、

 

ただ漠然と

「ありがとう」と言う

だけでも効果があると。

 

 

そんなことを人づてに聞いて、

言うようになったのですが、

僕もその効果を実感してきています。

 

 

まあこれを読んだあなたに

強制はしませんが、いいと思いますよ。

 

 

・何とはなしに不安に襲われたとき

・マイナスの感情に心が振れたとき

・人から嫌なことを言われたとき

 

 

など、すぐに切り替えて

「ありがとう」や「感謝しています」と言ってみる。

 

 

要するに、

自分の頭の中を

ポジティブに切り替えること。

 

これをするだけで全然違ってきます。

 

個人的には超オススメです^^

 

 

まだまだ大変な時期が

続きますが、がんばっていきましょうー。

 

 

ではでは、

今日もありがとうございました!

 

 

PS

 

愚痴や不平不満を

撒き散らすのは、

僕は絶対反対ですが、

 

しっかりと政治家や政府に対して

物申していくことは必要だと思っています。

 

「自粛要請するなら補償しろ」と。

 

ここでは書きませんが

いろいろ勉強していく中で、

政治家や官僚の嘘がよくわかってきました。。。

 

Kindle売れ筋ランキング7冠達成した
『コンテンツビジネス最初の一歩』のPDF版と動画版を
期間限定で無料プレゼントしています!

詳しくはコチラをクリック!

 

■LINE公式アカウント ・LPやステップメール、セールスレターの制作をお願いしたい。
・コンテンツを作ってプロモーションしたいので相談したい。
・Kindle書籍を出版したい。
・YouTubeやメルマガを始めたい

といった方はお気軽にご相談ください!

https://lin.ee/o7oUQZV
(※登録、相談は無料です)

 

こんにちは、田中です。

以前に、
利用登録のハードルを下げること。

要するに、
まずは一度会員登録なりをして
使ってもらうことをやってもらわないといけない


と言うことをお話ししました。


人は新しいものや不安を感じるし、
もっと言うと、めんどくさいと感じるからです。


2012年位の話だったと思うのですが、
僕が当たり前にアマゾンを使っていた頃

当時の会社の上司は
まだネット通販を利用していませんでした。


その理由は、クレジットカードを
ネット上に入力するのが怖いといったことでした。


それぐらい人は新しいことに不安を感じる。

もしくは、めんどくさいと感じます。


アマゾンをずっと使ってる人はずっとアマゾン。

逆に楽天を使っている人はずっと楽天だと思います。


僕は両方とも使っていましたが、
そんな中最近新しい通販サイトを2つ登録しました。


やっぱり、いろんなところを
使えた方が便利ですしね。

あくまで消費者として。


ただ、
インターネットマーケターとして、
いろんなものを使ってみないとね

という別の狙いもあります。


とにかく
何が言いたいのかと言うと、

まずは無料でも
メールアドレスに登録してもらうこと。

会員登録してもらう事が
1つの大きなハードルだということです。


もう少し一般的に言うと、
まずはあなたの発信している
情報に触れてもらわないといけない。



文章(コピー)でしたら、
見てもらって、読んでもらって、
理解してもらわないといけないというわけです。


では、
今日もありがとうございました!
 

Kindle売れ筋ランキング7冠達成した
『コンテンツビジネス最初の一歩』のPDF版と動画版を
期間限定で無料プレゼントしています!

詳しくはコチラをクリック!

 

■LINE公式アカウント ・LPやステップメール、セールスレターの制作をお願いしたい。
・コンテンツを作ってプロモーションしたいので相談したい。
・Kindle書籍を出版したい。
・YouTubeやメルマガを始めたい

といった方はお気軽にご相談ください!

https://lin.ee/o7oUQZV
(※登録、相談は無料です)