わ~~~

きたきたきた!

ついに!!!

 

息子が胎内記憶を話してくれました!!

(というかお腹に入るまでの話)
 

 

と言っても、2度目に気付くという・・・。

あれがそうだったんだと、、、

 

鈍すぎる、、、

 

 

でも、2度目の時に詳細を話してくれたおかげで

色々広がりました!(挽回)

 

 

鈍いかーちゃんのために

2回話してくれてありがとー!息子♥

 

 

 

息子、5歳。

 

5歳誕生日のすぐ後のこと。

 

お祝いにポケモンホテル(mimaru)に泊まり、

翌日は博物館に行こうと、

小雨の中歩いていました。

 

 

 

すると、何を思ったのか

「はる(息子の愛称)は、カラスにのってきたんだよ」

 

「おそら(空)をとんできたんだよ」

 

最初はよくある、妄想話と思ったんです。

 

(この年齢になると、アニメの影響で妄想話が絶えません)

 

このときは、

そうなんだね~~と流しました。

 

こんな感じ?

 

 

 

そしておよそ1か月後。つい先日。

 

寝る前のピロートークタイムに←

 

にやり「ママかわいいからママにしたの」

 という言葉を皮切りに

 

にやり「カラスにのってきたときに、からだがぴくっとなってママにはいったの」

 (体現してくれました。笑)アセアセウインク

 

キョロキョロ「じゃあカラスから落ちちゃったの?」

 と聞くと、

 

にやり「はるにもはね(羽)がはえていて、おなかにはいるまえにきえたんだよ」

 

 

キョロキョロ「ママはどこにいた?」

 

にやり「あめがふっていたからよくわからなかった」

 

キョロキョロ「そうなんだね~、この辺りかな?イオンあった?」

 

にやり「イオンでおかいものしてた」

 

おねがい「たくさん人いたのによくママがわかったね!」

 

にやり「こどもがまだいないひと(人)をさがしてたんだよ」

 

 

この2度目のやり取りで、

息子の妄想ではないことがわかりました。

 

⇒最初の時に話した時、雨降りの中歩いていました。

 多分カラスがいて、それを見て思い出したようです。

 

⇒まだ子供がいない人を選んだ、と言ったこと。

 

 

胎内記憶を話す多くの子は、

「ママがかわいかったから」

「ママの役に立ちたかったから」

「ママを楽しませたかったから」

というそうです^^

 

 

※気になる方は、

産婦人科医で胎内記憶を20年以上研究している池川明先生の

著書を参考にしてみてくださいね!

 

 

私は結婚後7年子供を授からなくて

年齢的にも諦めるしかないかな~って

思っていました。

 

 

それが、思いもよらぬ展開で

(ここにもエピソードあるのですが割愛)、

きてくれました・・・

 

 

セラピストになると決めた直後の妊娠。

戸惑いましたが、

この5年間は

私の土台を作る期間となりました。

 

 

息子はお笑い系ウシシ

よく笑わせてくれて、

私が無表情だと、

「ママ~~わらって~~~」

と顔を覗き込んできます♥ニコ

 

 

お友達の家で叫んでいるところ

 

 

 

待ち望んでいた子供。

そして胎内記憶の話。

 

 

本で読んだことがあるのは、

受胎してから、

魂が入るのは3か月目と聞きます。

 

 

その頃かな。

性別が判明する前に

夢の中で、

公園にいて私の元に男の子がかけよってきて

にこっと微笑みかけてくれたことがありました。ほっこり

(その子自体は3歳くらい)

 

 

今の息子が笑ったときの顔と重なります。

 

 

だから、性別わかる前に

男の子だって思っていました。

 

 

結婚する前からも

男の子を希望していました。

 

 

だからといって女の子が嫌というわけではないけど。

 

 

 

息子が生まれて5年が経ち、

色々な意味を考えます。

子供は本当に不思議な存在で神秘。

 

 

自分なんかが親になれるのかと思っていたけど、

親になったというより、

親にしてもらいました。

 

 

親をやらせてもらっています。

 

 

子どもから学ばせてもらう部分、

たくさんあります。

 

 

もちろん、親として教える部分や

護るところはあるけど、

 

 

子どもの一番身近な人として

気取らずに色んな面をみせたいなって思います。