責任という言葉は、一般的に勘違いされている。

 

誰かに「これはあなたの責任だ」と言われると

あなたは「自分が悪い」と指摘されている様に感じてしまう。

 

これは、人生の意味を見つける旅の妨げになる感覚だ。

 

なぜなら人は自分の人生に責任を持たなければならない。

そうなって初めて、人生に大転換が起こるからだ。

 

物事の責任を請け負う勇気もない者に、人生が微笑むとは思えない。

 

 

 

 

 

 

一責任とは、あなたの選択が今の人生を決定しているということに気づくことだ一

 

 

 

 

 

責任とはあなたが悪いとか良いという意味ではない。

 

子供の頃は親や学校の教育、大人になってからは政治の世界などで

責任を追及する、される場面に出会す機会があまりに多いため

この美しい言葉は、汚されてしまった。

 

それ故にあなたは責任という言葉を勘違いしてしまっている。

 

 

辞典によれば

「責という言葉はしなければならない務め」という意味があり

「任という言葉は役目を務める」という意味がある。

 

ここに悪いとか良いという意味合いは、そもそもない。

 

あなたは自分の人生を生きる。

その人生は、全てあなたの選択だ。

 

「今の現実、現状、環境は、どれもあなたが選択した結果そのものだ。」

 

もしその現実が惨めなものだとしたら。

「今の現実はあなたの責任だ!」と言われたら

あなたはまるで自分が責められているように感じるか

「そうそう。この結果は私が招いた結果だから、悪いのは私だ」と考えるだろう。

 

 

それは違う。

この先もそうやって言葉の意味をシンプルに受け取らなければ

あなたは、生の意味を取り逃していることになってしまうだろう。

気をつけなさい!!!

 

 

 

 

 

 

一責任とは、あなたの選択が今の人生を決定しているということに気づくことだ一

 

 

 

 

 

 

あなたの選択が今の自分の人生を決定しているとき

その時はじめて、あなたは自分の人生を変えることができる。

 

もし他人があなたの人生を決定しているとしたら。

 

考えてみるといい。

 

あなたの努力では何一つ変えられない。

あなたがどう在ろうと、他人があなたの現実を変えてしまうのだから

あなたには何もできないという意味だ。

 

あなたが自分の人生の責任を負わず、他人のせいで今の不幸があると考えるのなら

他人があなたの人生を決定していることと何一つ変わりはしない。

 

 

 

 

 

いいかな。

 

あなたが自分の人生の全ての責任を引き受け、自身の選択で人生を生きる時。

 

あなたは自分の人生を幸福に変えることができる。

 

今のあなたは過去のあなたの選択の結果だ。

 

未来のあなたは、今のあなたが決定する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スピリチュアルランキング