以前の私は

自分が何を感じているのか、どう考えるのか

目の前のことに対して、どんな意見を持つのか

 

「わからないままにしておく」ことは、あんまり良くないことだと思っていました。

 

 

「わからない」とした時点で

私の脳は「自分をわかろうとする」ことを諦めてしまうのではないかと思ったから。

 

でも今はちょっと違っていて。

 

確かに「わからない」と言い捨てて「わかろうとする」ことに対して諦める態度でいることは

私は好きではないけれど

 

今は私にはわからないんだ」と自覚して

それを自分の中に留めておくことは

むしろとても大切なんじゃないかなぁと思っています。

 

 

それは

いつかしかるべき時にわかるであろうという希望であり

今わからないのは、今はわかる必要がないという委ねでもあると思うのです。

 

 

でもそう言えるのは

やっぱりいったん「わかろうともがく」から言えることでもあるんだけどね。

 

今日はその考えに至った、出来事をシェアしたいと思います。

 

 

 

 

ある時のこと

 

とあることを勉強していて

それに対してうまく自分の考えがまとめられずに

「他の人はどう考えているのかな?」とネットで検索し始めたのですよ。

 

 

で、だらだらと見ていくうちにハッとしたのね。

 

 

「私、わからないのが居心地悪くて、安心したいがために他人の意見を見ようとしている」って。

 

 

あーーーこれ、良くないなぁって思いましたよ。

 

自分の気分のために安易にわかろうとする時って

「わかったふり」になってしまうことが多いから。

 

そうなると「自分の言葉」で話せなくて

他人の借り物の言葉で語るようになってしまう。

 

 

 

だからこの時は、気づいた時点でネットを見るのをやめて

まずは自分がどう感じているか、どう思ったかを

ブレストのようにただただ羅列してみました。

 

そうすると、うまく言語化できなくても自分の考えていることの輪郭はつかめることができました。

結局「わからない」はそのままだったけれど

でも私の中では「今はこれでいいんだ」っていう納得感ですっかり落ち着きました。

 

 

で、気がついたのです。

 

 

ああそうか。

私は「わからない」ことが嫌なのではなくて

「わからない」ことに対して、適当な態度でいることが嫌なんだなー

ちゃんと向き合えば、自分に納得することができるんだ。

 

 

それは自分の中でもちょっとした発見。

 

そこに気がつくと、より「いつか分かる時が来る」って

安心して委ねていいんだなって思えたのですよ。

 

 

実は私たちは脳の仕組みとして「未知」のものに対して不安を抱きやすいのです。

だからどうしても「納得感」を求めて

脳はいろんな事象をつじつま合わせしようとしてきます。

 

「これがこうだからこうなったんだ」と。

 

だから私たちは、自分の中のつじつま合わせのために

他人の言葉でとりあえず納得したがるのです。

 

 

でもそうやって得た納得感って

実は全然自分のものにはならないんですよね。

 

きっとこれを読んでいるあなたも経験があると思うけれど

自分の中ではわかっていたつもりだったのに

いざ誰かに話そうとすると、ものすごくあやふやな表現しかできず

薄っぺらい言葉になってしまったことありませんか?

 

 

「あーーー私、全然わかってないじゃん」

「自分のことなのになんにも説明できないじゃん」

 

私もちょいちょいあります。そういうこと。

 

 

それとは逆に心が動かされるような人の話って

話の上手い下手ではなく「芯からその言葉を発している」エネルギーを感じるから

グッとくると思いませんか?

 

そしてそういう方たちはやっぱり普段から自分との対話はもちろんのこと

それをちゃんとノートに書いたり、誰かに話したり、SNSで発信したり

アウトプットする回数が半端なく多いんですよね。

 

 

 表現しようとする作業

言語化しようとする作業

 

 

言語化したり表現するためには

自分への問いかけは欠かせません。

 

この積み重ねこそが「自分をわかろうとする努力と自分にわかってもらうための努力」

 

そしてその努力をした分だけ

私は自分への信頼が少しずつ深くなっていくのを感じます。

 

 

 

自分に手をかけ、時間をかけなきゃ

自分を愛せないし

自分を信頼できないんですよね。

 

 

これ、「自分との関係」から「相手との関係」に置き換えると

わかりやすいかと思います。

 

 

 

「いや、よくわかんないし」って無関心に放っておかれたら

誰だって拗ねたくなります。

 

話をよく聞きもしないで

「だってあなたってこうじゃない?あの人が言っていたよ」って決めつけられ、わかったフリされたら誰だって悲しくなります。

 

 

でも

 

話を聴いてくれた上で「今は断片的にしかよくわからないけれど、でもわかる日が来ると思う」って

正直に伝えてくれれば、もうめちゃくちゃ愛されてるなーって思えませんか。

 

 

 

できているかどうかよりも

わかろうとする努力、わかってもらうための努力のプロセスを

丁寧に楽しんでいるかどうか

きっとそれがすごく大切なことなんじゃないかなぁと思うのです。

 

 

 
 
 

 

現在募集中

 

 

 

 

メルマガはこちらから

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

ブログには書いていないことも配信してます☆


河野嘉恵メルマガ ~あなたがあなたでいる限り世界は自由で思いのまま~の購読申し込みはこちら

 

※携帯のメルアドだと配信できないため、お手数ですがPCメールアドレスか、フリーメールアドレスでのご登録をお願いします。

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

 

公式LINEはこちらから

 

@ggb8374hで検索

 

もしくはこちらから

  

友だち追加