増大する中国文献への対応について | 知財で日本を元気にしたいと願うブログ

増大する中国文献への対応について


本日付けで、中国の特許文献についての和文抄録データの提供が
開始されるとのアナウンスがありました。







現在、世界の特許文献において、中国文献が急増しており、
企業にとっては、中国文献へのアクセス性を高めることが重要になっています。






特許庁は、このような急増する中国文献への対応として、
日本語によるアクセス性を向上させるそうです。






まずは、3月19日より特許電子図書館を通じて、機械翻訳を利用して
作成した中国実用新案和文抄録データの検索・照会サービスを開始するそうです。







今後は、中国実用新案だけでなく、中国特許についても、日本語で検索できる
環境の整備を進めていくとのことです。






3月19日のサービス開始時には、約5万件が検索・表示可能となるそうです。
和文抄録データは、随時、追加され、平成24年度中には、過去10年分にあたる
100万件超の和文抄録データが利用可能となる予定だそうです。






既に英文抄録データを提供している中国特許についても、平成24年度中には、
和文抄録データの作成を開始する予定とのことです。





中国特許へのアクセスはこれからも重要になってくると思います。
特許庁のサービスに期待しましょう!!





ご質問はこちらまで。


    ↓


03-5284-78795
zve02617@gmail.com


弁理士  今井孝弘