サテンでオンラインMTGをやる不届き者について。 | プロデューサー/ディレクターの戯言

プロデューサー/ディレクターの戯言

イベント・エンターテインメント業界のオモテ・ウラ、企画や演出、社会、タメになることからアホらしいことまで…

本日、打ち合わせと打ち合わせの間に都内の喫茶店。

ぼんやり資料を作っていると、業界人だかミュージシャンだか分からぬ風体の男がやってきた。

テーブルひとつ向こうについて、やにわにPCを開き、マイク付きイヤフォンを装着。

オンラインMTGをここでやるのか。

 

すると案の定、オンラインMTG、開始。

 

「すいません、この後の予定の都合上、喫茶店でやってます。誠に恐縮ですが、小声でやりますんで、ご容赦ください

 

周囲の客、眉を潜めオンライン男を見るが、本人はデスクトップに集中、周囲の目線は気づいていない。

 

「とりいそぎこれまでの経緯の説明かたがた自分が仕切らせてもらいます!」

 

お前が主にしゃべるんかい!

 

「それでは資料、画面共有させていただきます。見えますか、この資料!

 

既に相当うるさい。

 

「で、このスペックですが、サイズはwが2900、Hは1500、dは600ということですがすいません、これ、リリース前なんで、くれぐれも内密、取扱い注意のコンフィデンシャルってことでお願いします!

 

店中、聞こえとるやんけ!

 

あまりの大声で他の客が店員に通報。

若いお姉ちゃんが当該人物に通告した。

 

「あの、他のお客様もいらっしゃいますので、もう少し小さな声でお願いできますか?」

 

わかりました! すいません!

 

zoomは個室でやれ!

 

 

 

 

賃貸不動産管理のノウハウについて

サンノア・トラスト

 

FOR EYE DOCTOR

 

360VR Movie

BIGBAND Live "Just for you"

 

 

「輝いている眼を。」

ひとりの女性と医師のストーリー。

 
 
 


演出家ランキング

 


目・眼ランキング


眼科ランキング


企画書・プレゼンランキング


雑学・豆知識ランキング

 
因みにここでのロケは実現していない。