4月より新生活を迎えられている方もいらっしゃると思いますが、不妊治療の分野でも新しい動きがはじまっています。

 

 

具体的には、みなさんご存じと思いますが2022年4月より体外受精の保険適応が開始となりました。

 

今回はこの新しい保険制度について書かせていただきます。

(なお2020年4月8日時点で分かっている内容であり、また自分が理解できていない部分もありますので、この2点はご了承ください。)

 

 

 

体外受精保険適応の概要・・・おおまかな内容は下記になります

 

・2022年4月1日より開始

・治療開始(採卵のための卵巣刺激)時点での年齢が43歳未満であることが条件

40歳未満で治療開始→通算6回まで(移植回数)40歳以上43歳未満で開始→通算3回まで

・対象:卵巣刺激の投薬、採卵、胚培養、胚凍結、胚移植前の投薬、胚移植、アシステッドハッチングなど

・特定不妊治療助成制度は廃止(ただしR3→R4年度にかけての1回の治療は助成対象)

 

 

厚労省より保険適応のリーフレットが発表されています→(「令和4年4月より、不妊治療が保険適応されます。」

 

 

 

 

保険適応の特徴

 

採卵数や胚培養数などによって費用が異なる

例)採卵術 3,200 点=3割負担のため自己負担9600円が基本の料金、ただし採卵個数によって9,600~31,200円の範囲で負担が異なる。


(イ 1個の場合 2,400 点、ロ 2個から5個までの場合 3,600 点 ハ 6個から9個までの場合 5,500 点、ニ 10 個以上の場合 7,200 点)



・治療にかかる薬剤も基本的には保険対象



すべての治療内容が保険対象ではない。(SEET法、ヒアルロン酸を用いた成熟精子選別法(PICSI)、子宮内膜受容能検査(ERA®)など)


生殖補助医療管理料の負担あり(管理料2の場合は月750円

 

 

 

 

当院の対応

 

 

保険適応の患者様は保険の規定通り下記内容で治療させていただく。

<↓保険適応の採卵から移植までの料金↓

 

 

保険適応外患者様は当院規定として下記内容で治療させていただく。

<↓自費診療料金表

 

 

   

・SEET法、ヒアルロン酸を用いた成熟精子選別法(PICSI)、子宮内膜受容能検査(ERA®)などの保険適応外治療・検査に関しては先進医療として保険診療との併用を目指す。(未定、現在申請中)

 

 

クリニック負担であっても、必要なホルモン採血・超音波検査は今までと同様にしっかりおこなう

 

 

以上を方針としています。

 

詳細な内容や不明な点に関しては、外来受診時にお問い合わせください。      

 

 

 

                                          

    いまいウイメンズクリニック 院長 今井文晴