前回は,英検1級やTOEIC900に役に立つ辞書についてふれました。

https://ameblo.jp/imahitotsu-english/entry-12409904741.html?frm=theme

 

 今回のテーマですが,アゴラという言論プラットフォームで,今日,

 

「英検は役立たず、TOEICを取れ」は逆こそ正しい

 

という記事が載っていました。

http://agora-web.jp/archives/2035143.html

 

 この記事に書いてあることは,私もだいたい似たような意見です。ただ,この記事に書いてあるほどTOEICがだめだとは思いません。

 

 この記事に補足して私の意見を書きたいと思います。

 

【英検がTOEICよりも優れている点】

 

 英検がTOEICよりも一番優れている点は,問題が,英検1級から5級まで,7種類もあるのに対し,TOEICは1種類,TOEIC bridgeを含めても2種類しかない,ということです。

 

 toeicの問題のレベルは,英検準1級と同じか,少し易しいぐらいです。

 

 そのため,英検2級レベルの人,あるいは準2級レベルの人にとっては難しすぎ,リーディングセクションは30問,あるいはそれ以上,塗り絵になってしまいます。

 

 自分の実力にあった問題を解くことができるというのが,英検のいいところです。

 

【TOEICの優れている点】

 

 逆に,TOEICのいい点はどこでしょうか。もし英検しかなく,TOEICがなかったら,一番困るのはどういう点でしょうか。

 

 それは・・・

 

 英検準1級と英検1級の間に,「TOEIC860」という目標がある点です。

 

 英検準1級は,大学受験をある程度一生懸命やった人であれば,それほど大変ではありません。勉強さえすれば,1回~3回で合格できると思います。

 

 英検準1級と英検1級とは,レベルに差がありすぎます。

 

 英検準1級に合格したから英検1級を受検する,というのは,難しすぎて,目標とはしにくいのが実状です。

 

 そのため,英検準1級に合格したら,次の目標はTOEIC860,TOEIC860がとれたら英検1級を目標にする,というのが効果的です。

 

 toeic860という目標が英検1級と準1級の間にあるから,途中でくじけずに英検1級合格にたどり着けると思います

 

 TOEIC860をとるためには,大きな壁を越える必要があります。

 

 toeic840はとれても,どうしても860がとれない,という人は,この壁が越えられない人です。

 

 前にも書きましたが,「英語を英語のまま聞き取る,英語を英語のまま読む」ということが必要です。

 

 TOEICが860以上の人は,「英語を英語のまま聞き取る,英語を英語のまま読む」ということができる人です。

 

 英語をいったん日本語にしないと理解できないという人にとって,「英語を英語のまま聞き取る,英語を英語のまま読むことができるようになる」という壁は,とても高い壁です。

 

 TOEICは年に10回あります,英検の3回よりもずっと多いです。

 

 そのため,TOEIC860が目標という人は,できるだけ毎回TOEICを受検し,常に試験直前という緊張感のもとで勉強し,さっさとtoeic860の壁を越えてしまうことが得策です。

 

 結局は,英検とTOEICを使い分けることが,英語力を早く楽をして伸ばす方法です。

 

 次回から,日本人の英語についてふれていきたいと思います。次回は,「日本人は読み書きは得意だがリスニングとスピーキングができない」と言われる点について書きたいと思います。

https://ameblo.jp/imahitotsu-english/entry-12415303881.html

 

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

TOEIC ブログランキングへ

英検 ブログランキングへ

英会話 ブログランキングへ