名刺入れ、何となく選んでないですか? | 印象力アップで自信を手に!国際イメージコンサルタント 長島佳美のブログ 

印象力アップで自信を手に!国際イメージコンサルタント 長島佳美のブログ 

初めましての緊張感をワクワク感へ!初対面で好印象を与え、相手と良好な関係を築くための印象管理術を「マナー」「立ち居振る舞い」「外見づくり」「コミニュケーション」の観点からお話しいたします。


テーマ:

こんばんは、マナー講師・

国際イメージコンサルタントの

長島佳美です。

 

本日は名刺入れのお話です。

 

研修やコンサルティング先で

名刺入れについて尋ねられることが

多いのですが、

 

名刺入れを選ぶ際にどのようなことを

重視して選んでいますか?

 

素材

使いやすさ でしょうか?

 

それとも、いただき物を使って

いらっしゃいますか?

 

日本のビジネスシーンにおいて

名刺交換は初対面の相手と

最初に行なうことですので、

 

名刺入れは髪型やメーク、スーツと

同じぐらい重要だと私は考えています。

 

色やデザインは業種によって

異なりますが、新社会人の方には

 

【男性】

黒、こげ茶、深緑、紺

 

【女性】

紺、トープ(グレーっぽいベージュ)

ワインカラー、こげ茶

 

など落ち着いた色みを

お勧めしています。

 

最近はオレンジやスカイブルーなど

カラフルな名刺入れや

名刺入れの内側が赤や黄色といった

おしゃれな名刺入れも多く、

 

好みで手に取ってしまう方も

いらっしゃるかと思いますが・・・

 

名刺入れはビジネスツールの一つと

心得て、仕事でどのような印象を

相手に与えたいかを考え、

戦略的に色みやデザインを選びたいものです。

 

名刺交換自体が不慣れで

おどおどした印象を与えてしまいがちな方は

落ち着いた色みの名刺入れで

信頼感を演出してはいかがでしょうか。

 

次に素材ですが、

柔らかい革製のものが

使いやすいですね。

 

名刺交換の場面でよく目にするのが、

名刺入れから名刺を取り出す際に

革が硬くて、取り出しにくく

相手を待たせてしまっている方ガーン

 

ただでさえ初対面で緊張しているのに

名刺交換で慌ててしまっては

その後の商談や打合せに影響を及ぼして

しまいそうです。

 

名刺入れから名刺が取り出しにくいのは

名刺入れのポケットに

名刺を入れすぎてしまっていることも

1つの要因です。

 

営業職の方など、沢山の名刺を

常備しておかなくてはいけない方は

名刺入れを2つ持つ

 

もしくは、予備の名刺を

プラスティックのケースに入れ

バックに忍ばせておく等

工夫をして

 

名刺を常に取り出しやすい状態に

しておくことも大切です。

 

シンプルな2ポケットのタイプ

取り出し口が大きいため

スムーズに名刺交換ができます。

 

3ポケット+右に相手の名刺が

入るタイプ

右側のポケットに頂いた名刺を

入れることができるので

同時に複数名と名刺交換する際には

おすすめです。

 

革製の名刺入れは

靴やベルトと同様消耗品ですので、

革が擦り切れて、くたびれてきたら

新しい名刺入れを買い替える時期です。

 

名刺入れの買い替え時期に

本日の内容を参考にしていただけると

嬉しいです。

 

本日もここまでお読みいただき

有難うございました。

 

インプレッジ 長島佳美

オフィシャルホームページは

こちらから→http://impredge.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜のイメージコンサルタント  長島 佳美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス