沖縄のハーブをお茶にして免疫力アップ | きぼうのひ ホリスティックに自分と向き合う

きぼうのひ ホリスティックに自分と向き合う

体温37度、充分な睡眠、温かい食事を日々積み重ねて、健康な毎日を取り戻しました。体・心・精神のつながりを感じながらヒトとしての幸福を宇宙の万物と共有することを希望します。

クミスクチン(石垣島にて撮影)

 

クミスクチン(ねこのひげ)を

2019年秋に石垣島で一枝いただきました

 

2020年夏 大きく育った株の開花前の葉を

乾燥し クミスクチン茶にヾ(≧▽≦)ノ

 

小鍋で水を沸騰させ少量の葉を入れる

半量位に煮詰める

葉を濾すと 輝かしい飴色のお茶

 

これだけあれば6~7回に分けて飲めます

白湯割りをのティーカップで試飲しました

 

甘味があり美味しいですヽ(^。^)ノ

美味しくないという人もいます

 

多くのハーブティーで

美味しい・甘い と感じる時は

その人の体が必要としているようです

 

ですから無理に飲むものではありませんが

クミスクチン茶は

沖縄では グアバ ウコンと並んで

健康茶としてポピュラーとのことです

ここは関東(*^。^*)

 

<効能>

利尿作用…むくみ改善 

抗炎症性作用…関節痛

免疫調節など健康増進 他にも

 

<試飲の結果>

薄めて2回に分けいただきました

(2回で写真の量の20%位です)

 

利尿と発汗を促された気がします

日頃胃腸の問題はありませんが

夕食後少しお腹の張りがありましたが

朝はスッキリ目覚めました

 

何らかの作用・影響があったということでしょうか

 

ハーブティーは適切にいただき

健康に役立てましょう

クミスクチンは 

抗アレルギー効果もあるようです

妊婦さんは 飲まない方が良いようです

 

クミスクチンは

生の葉でも同様に煎じて飲用できます

沖縄では一年中

手軽に利用できるわけですが

気温10度を下回ると 外での

冬越しは困難とのことです(∩´∀`)∩