高齢者住宅のゆかいな日々 テレビを壊した? | きぼうのひ ホリスティックに自分と向き合う
新型コロナウイルスに関する情報について

きぼうのひ ホリスティックに自分と向き合う

体温37度、充分な睡眠、温かい食事を日々積み重ねて、健康な毎日を取り戻しました。体・心・精神のつながりを感じながらヒトとしての幸福を宇宙の万物と共有することを希望します。


90歳 高齢者住宅入居一年半

「テレビがね おかしいのよ
アタシがやっちゃったんだけど・・・
なんかね
もういいけど 大丈夫になってきたけど」

どういう風におかしいの?
(・・?)

「なんだかね
九州ばっかり映るのよ
アタシがなんかしちゃったんだけどね」

とリモコンを気にする母
つけると 地デジのNHK が パッ

ずっと九州の大雨がトップニュースだったから
その映像の時間が多かったんじゃない?

「もうこの頃直って…ムニャムニャ」

きっと言いながら心の中で
わかったのでしょう

このところすぐいじける(⌒-⌒; )
大きな画面で連日洪水の映像を見て
精神が病んじゃったようにも思う

考えてみれば
昭和初期の方達には
カラーの大画面テレビで
遠い九州の洪水の被災地を
リアルタイムに見ること それも
屋根に上がって手を振る被災者を見る事
そんなことって
受け入れ難い事でしょう

もうすぐ梅雨が明けるらしいね
と言ったら

「でもこれはコロナも関係してるんでしょ?」

と不思議な答え

雨で外に出ない事と
自粛で外出を控える事が
混乱しているのかな

「そうね」と笑って流せばいい
と自分に言い聞かせつつ
ざわつく心中

しかーし
笑って過ごしてもらうには
笑い飛ばすしか
そーだね そーだね
と100%肯定するしか ないよね

愉快な日々を積み重ねて欲しいから
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘