高齢者住宅のゆかいな日々 一度も触ったことない | きぼうのひ ホリスティックに自分と向き合う

きぼうのひ ホリスティックに自分と向き合う

体温37度、充分な睡眠、温かい食事を日々積み重ねて、健康な毎日を取り戻しました。体・心・精神のつながりを感じながらヒトとしての幸福を宇宙の万物と共有することを希望します。

90歳 入居1年5か月の母

 

色々あったけど

随分落ち着いてきた

 

と安心しつつあったこの頃ですが

 

高齢者住宅1Fの入口でインターホンを押すと

はーい!」と大声

 

「開けて~」と言っても

「開けるって何を?」

 

「ここの扉開けるボタン押して~」

「何のこと?扉って何なの?」

 

愕然としました・・・( ゚Д゚)

「そっちいこうか!?」というので

「じゃあ来て」

 

エレベーターで降りてきた母は

受付の方に「開けてくださいます?」と

さらりと言っている

 

扉が開くと私を見るなり

「なんで開けてもらわないの?

 いつも開けてもらってるんでしょ?」

 

母は17か月の間

私や宅配の人が来るたびに押していた

建物入り口の解錠ボタンが

全く解らなくなっていました

 

とにかく部屋に行き

インターホン前で説明しても

「えー?触ったことないわよこれ」

の一点張り

 

こんなこともあるさと 思うには・・・

母の真顔が衝撃過ぎました

 

赤い字で「ヒトが来たら押して開ける」

と書いて張ってきましたが

まともに顔を見られなかった

 

一度道路に出てから戻り

インターホンを押したら

いつものようにすぐ開けて ε-(´∀`*)ホッ

「これは練習ね また来た時も空けてね」

と伝えて帰宅

 

最後は「うんうん」と素直に言ってたけど

私をわからなくなる日を覚悟しておこうと

強く思いました(^_^;)

いつかは来る日だ(*ノωノ)