いろんな人と話す機会が増えた今日この頃…キラキラ

人にはいろんな考え方があって

あ〜、共感できる〜キラキラ

とか

う〜ん、そうかなぁ…私とは違うなぁ〜アセアセ

とか

へぇ〜、そんな考え方があったんだびっくり

とか

とにかくいろいろ思うわけですよ。

そんな時に、私は思い出すんですよね

DWEの話を聞いた時のことを。

『うそだろーガーン聞くだけで話せるようになるなんてある?!』

アドバイザーさんが家に来るまでにいろんな下調べしました。

ネットで。

ネット見てると…

わかりますよね。

多分みんな情報を得るためにネットで検索するはず…

そして探すことは…

マイナスの評判

そして目につくのも

マイナスの評価

そうなんですよね。

マイナスの評価を頭に染み込ませ&騙されるものか!(⬅︎なんだと思ってたんでしょうね笑)という完全防備体制でアドバイザーさんからの説明を受けた私は

目から鱗

百聞は一見にしかず

ネットの情報に振り回されてたーガーンとなりました。

なんてあてにならないんだ…と。

そしてね、その時に思い出した事。

これは仕事の話をしてくれた先生からの言葉なんですが

「(仕事を)辞めた人からその会社の話を聞いても悪いことしか言わないよ。続けている人から話を聞きなさい」

そのままDWEに置き換えます。

DWEを失敗した人(ネットの情報)に話を聞いても失敗した話しか聞けないよ。成功している(続けている)人から話を聞いたほうが参考になるよ

失敗や成功、あると思います。

でも成功した人、続けている人がいるという事は誰にでもチャンスはあるって事じゃないですか?

成功するコツがあるってことじゃないですか?



話戻りますが、アドバイザーさんの話をきいて

「こんな話聞いてしまったらやるしかないじゃん!!やらないっていう選択肢ある?!」という衝撃と

話せるようになってる子がいるってことは、うちの子もできる(私が続けさせられる)!!!!」という自信と希望が広がりましたキラキラキラキラ

そして実際、続いています。

話せる! というところまではいっていませんがこれからも続けます。

実際話せる子がいるので。

だからOBリンタロウ君にはどこかにヒントがないかと毎回質問してしまいますルンルン

成功してる人に聞くのが近道ですからねルンルンルンルン

誰の話を信じるか、誰の話に耳を傾けるか…

悪いものを信じてそのものの本質を見ないより

ダイレクトに本物を自分で見るのが1番!だと最近思います。

百聞は一見にしかず

他人に合わなかっただけで

自分には合うってことたくさんあるはず。

このことは我が子にしっかり教えようと思います。

どの目線の人からの話を聞くかっていうのは大事。