愛知県一宮市の予防・小児・矯正・審美・インプラント「いまえだ歯科」のブログ
愛知県一宮市の予防・小児・矯正・審美歯科『いまえだ歯科』

〒491-0052 愛知県一宮市今伊勢町新神戸乾24 【MAP】

クリニック詳細はHPをご覧ください!
【いまえだ歯科ホームページ】


ブログではお知らせや歯科における知識など、
順次アップしていきたいと思います。末永く宜しくお願いします。
  • 23Oct
    • 歯科衛生士コラム⑥〜低濃度フッ素〜

      こんにちは。歯科衛生士の青木です。今回は毎日塗れる低濃度フッ素のお話をします。現在、日本で認可されている市販のフッ素は1500ppm以下です。低濃度フッ素は毎日ご自宅で使用することにより力を発揮します。 歯磨き粉…子供950ppm  大人1450ppm2cmつけ磨き、洗口はペットボトルの蓋の水で2秒すすぐ。味が残らないとフッ素も残らない。歯磨き後2時間飲食禁止フッ素ジェル…子供500・950ppm  大人 1450ppm歯磨き後に、たっぷりつけ歯をなぞる様つけます。歯磨きの時の様ゴシゴシせず、洗口せず塗布後、2時間飲食禁止。 フッ素中毒とは、規定以上に過剰のフッ素を大量に摂取することによって引き起こされます。約20kgの6歳児であれば、歯磨き剤のチューブ(950ppm 60g)を1.7本をラッパ飲みしなければ中毒を起こせません。60kgの大人であれば5本ほど一気飲みしなければならない計算になります。また、蓄積されることもないので安心して使えます。

      NEW!

      テーマ:
  • 22Oct
    • 託児室の床

      こんにちは保育士の青木です。朝晩は冷え込むようになりましたね。日中との気温差に、子どもたちも鼻水や咳が出ている子も…酷くならないよう願うばかりです先週、託児室の床が…変わりました雰囲気が変わり、明るいお部屋になりましたチラッと覗いてみてください※転倒等の怪我防止のため、託児室に遊びに来た際には、靴下をお脱ぎくださるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

      2
      テーマ:
  • 16Oct
    • 保育士コラム⑥ 〜母乳のねうち〜

       こんにちは。保育士の吉川です。今回のコラムは、私自身も3人の子供を母乳で育てた経験があり 母乳の良さを今改めて実感していることから お話の材料に選ばせて頂きました。母乳育児の方に共感してもらえれば幸いです。 母乳はいろいろな点でよい ここ数年の研究結果で明らかになっていますが「母乳を飲ませることで、赤ちゃんがいろいろな病気にかかることを防ぐ」ということがわかっています。そして、母乳の大きな強みは お乳=無菌だということ。そのため、母乳からバイ菌が入って腸の病気にかかることはまずありません。 また、母乳の乳首からお乳を吸う行為は赤ちゃんの吸う本能を満足させる一番良い方法でもあります。赤ちゃんが心ゆくまで吸うことができる お母さんのお乳。母乳には、母と子が一体だと感じられ、なおかつ赤ちゃんの体への良い効果をもたらす面を備えた最高の働きがあるのです!母になった今、私自身改めて思いますが 自分の母親からもらっていた母乳に感謝です。

      テーマ:
    • 虫歯を防ぐポイント

      今日は、虫歯を防ぐために大切なポイントをお話しします。虫歯を防ぐためには、食べ物を見直すことが大切です。①なるべく、糖分の含まれていない水やお茶を飲み、  甘いスポーツドリンクや炭酸飲料は控えましょう。②健康的なものを食べ、砂糖は控えましょう。③大人の歯は生え変わりません。普段からしっかりと歯磨きをしましょう。甘いお菓子やスナックばかり食べていたら、虫歯はどんどん進行してしまいます。歯に開いた穴は詰め物でふさぐことしかできません。食べ物を変えないと、いつまでも虫歯を繰り返してしまいます。自分の歯を守れるのは自分だけ!!なんでもおいしく食べられる健康な歯を保ちましょう!

      テーマ:
  • 15Oct
    • こんにちは!保育士です

      あっという間に10月ですね。10月といえば「ハロウィン」🎃託児室の窓には、ハロウィンの仮装をした「だるま」がいます🦇探しに来てくださいねこのだるまは、子どもたちが大好きな絵本のキャラクターです。シリーズがたくさんありますが、今回は「だるまさんが」を紹介します「だ・る・ま・さ・ん・が どてっ」っと絵に合わせ、子どもたちも一緒に楽しくやってみせてくれますぜひ読んでみてください。。

      テーマ:
  • 10Oct
    • Halloween

      こんにちは🌞7月から新しく入りました、受付の青沼ですよろしくお願いしますさて、10月といえばハロウィンですね👻受付にも小さなかぼちゃが仲間入りしました🎃まだまだ暑かったり寒かったり、寒暖差が激しい日が続いていますので、皆さん体調管理に気をつけ、素敵なハロウィンを過ごしてください!!

      1
      テーマ:
  • 09Oct
    • 保育士コラム⑤

      こんにちは😃保育士の伊藤です。今日はフォローアップミルクについてお話しをます。ミルク育児に限らず、母乳育児の方でも「フォローアップミルク」について気になってる方も多いのではないでしょうか?フォローアップミルクは、離乳食で不足しがちな鉄分やカルシウム、ミネラル等を強化した栄養分が含まれており、離乳食の食事では摂りきれない栄養を補う目的で飲ませる粉ミルクです。目安としては離乳食が3回食になりちゃんと食べることができるようになってから使い始めます。母乳育児中の方は母乳の量が減少してきて栄養不足が気になる時や離乳食を3回にしたら母乳が出にくくなったと感じる時に飲ませることを検討してみると良いでしょう。飲み方としては、コップの練習もかねてコップやストローマグがおすすめです。フォローアップミルクを上手く使用して赤ちゃんの栄養を補えると良いですね!

      2
      テーマ:
  • 05Oct
    • 酸性飲料について

      こんにちは。今日は酸性飲料についてお話します。酸性、アルカリ性というのは、水溶液の性質です。酸っぱい味のするお酢は酸性、苦い味のする灰汁(あく)は、アルカリ性です。水道水は概ね㏗7で、中性です。㏗数値が小さいほど酸性が強く、大きいほどアルカリ性が強くなります。私たちの身のまわりにある炭酸飲料、乳酸飲料、果汁ジュース、スポーツドリンクなどは、すべて酸性飲料です。酸性飲料は、とてもおいしく感じるように作ってあります。乳幼児期からこの味に慣れてしまうと、水や麦茶などを飲まなくなってしまいます。酸性飲料を習慣的に飲まないことは、虫歯予防においてとても大切です。飲み物に気を付けて、歯みがきもきちんとして、子どもの歯を守ってあげたいですね。

      1
      テーマ:
  • 03Oct
    • 保育士コラム④

       こんにちは、保育士の吉川です。今回は『卒乳』についてのお話をさせて頂きます。母親であり保育士でもある私の立場からのコラムです。ご興味のある方は、是非一読を。『卒乳』 少し前までは授乳をやめることを「断乳」と呼んでいましたが、近頃は子どもが欲しがる間はあげ続け、自然と子どもが授乳生活から卒業できるような「卒乳」の考え方が主流となってきました。1才を過ぎると「うちの子の母乳が必要なタイミング」がお母さんにはわかってきているでしょう。「夜寝る前」「お昼寝の前」など生活の随所に わが子にとっての母乳が必要なタイミングがあることを理解しているかと思います。 そのタイミングに寄り添い、なおかつ お母さん自身が無理のないような母乳育児をしながら『卒乳』を目指していけるといいですね。親子のスキンシップを図りながら、心の準備期間をうまく設けて『卒乳』を進めていくことも大切なポイントです。

      1
      テーマ:
  • 02Oct
    • 次から次へと・・・

      こんにちは♪いまえだ歯科の歯科衛生士です。気づけばもう10月に突入ですね!今年の夏は台風に次ぐ台風で被害が各地で出てしまいましたが、皆様のご自宅や職場への被害はありませんでしたか?私の実家(愛知の南西)は、停電が12時間以上続いたようで真っ暗のコンビニに買い物をしに出かけたりと貴重な体験をしたそうです。その話を聞かされ、怖気付いた私は生まれて初めて、24号の台風対策として自宅の窓ガラスをテープで補強し、お風呂に水を溜めました(特に停電も、断水もなく快適に過ごせました)また今週末にも25号が日本列島に近づくようなので、もしもの時に備えて、怪我のないようお過ごし下さい。

      1
      テーマ:
  • 01Oct
    • 歯科衛生士コラム④〜フッ素〜

      こんにちは、歯科衛生士の青木です。今回は、フッ素の働きをお話しします。フッ素には4つの働きがあります。①脱灰の抑制(歯の表面のカルシウムが溶け出すのを防ぐ)②再石灰化の促進(歯の表面のカルシウムの取り組みが早くなる)③酸の抑制(プーラークの栄養になる糖類がプラークに取り込むのを防ぐ)④歯質の強化(プラークの攻撃から歯を守るための強い歯を作る)正しい歯ブラシの当て方も大切ですが、それだけでは虫歯は防ぐことはできません。正しい歯ブラシ+正しいフッ素を取り組むことが虫歯予防につながります。次回は、低濃度のフッ素のお話をします。

      テーマ:
    • 歯科衛生士コラム⑤〜シュガーコントロール〜

      こんにちは。歯科衛生士の加納です★今回はシュガーコントロールについてお話しします。シュガーコントロール=砂糖を摂取しないようにすることではなく、「糖分をとりすぎない」ようにすることです!前回の衛生士コラム③でもお話しがありましたが、虫歯菌の大好物は甘い物=糖分です。私たちが食事をした中の糖分を虫歯菌も食べて強い酸を出し、歯の表面が溶けてしまいます。虫歯予防のために砂糖の量や食べている時間など気をつけることはいろいろありますが、今回は砂糖の量についてお話しします。1日に摂取できる砂糖の量を知っていますか?砂糖の摂取量は1日の摂取エネルギー量の10%以内にするようにと言われています。成人男性が平均約2500kcal 女性が平均約2000kcal仕事内容や生活習慣や体質などで500kcalほど前後するので平均で2000kcalだとします。2000kcal/日×10%=200kcal200kcal÷4kcal/g=50g/日(*糖質のエネルギー量は1gで4kcal)1日に摂取できる砂糖の量は50gとなり、食事等で半分くらい使うとすると、おやつでは25g以内にするとされています。8gのスティックシュガーで『おさとう3本分』です★ちなみに・・・①カステラ1切れ②メロンパン1つ③スポーツドリンク500ml④炭酸飲料500ml⑤ヨーグルト125gそれぞれおさとう何本分だと思いますか?答えは①3 ②4 ③4 ④7 ⑤2こうしてみると、少ないな〜と思ったりこれくらいなら良いんだ〜と様々な感想があると思いますが、これからのシュガーコントロールの参考になれば嬉しいです。長文になってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました(^^)

      テーマ:
  • 28Sep
    • お疲れ様でした☺️

      こんにちは🌞受付の黒木です!朝晩は肌寒くなりましたね💦皆さま、体調管理に気をつけてお過ごし下さい✨さて、今日は今月末で退職される保育士さんへ院長から花束のプレゼントがありました💐皆で写真も撮りました📸⭐️私も託児を利用して働いているのですが、託児ルームが出来てから子供達が安全に、そして安心して楽しく過ごせるよう一生懸命に考えてくれたスタッフの一人でした。寂しいですが、また新たな環境で頑張ってほしいです☺️無料託児を利用される方のお子様の中には慣れない環境に泣いてしまうお子様も多いようですが、安心してお子様を預けられるよう、そして無料託児を利用していただきながら安心して治療できるよう、今後も保育士をはじめスタッフ一同で考えて参ります。ご意見等ございましたら是非お聞かせ下さい😊

      テーマ:
    • 風邪予防に大切な呼吸法

      朝晩がすっかり涼しくなってきましたね。風邪をひきやすい時期でもありますので、皆さまお気を付けください。風邪予防には、呼吸が重要であり、大切なことをご存知ですか?口呼吸より、鼻呼吸。鼻でちゃんと呼吸ができていれば、天然のフィルターとなって細菌やウイルスも防いでくれますし、乾燥した空気もちょうどいい具合に湿らせて、温めてくれます。これからの季節、鼻呼吸という最大の武器をもっていれば、風邪もインフルエンザも怖くありません。鼻呼吸は、風邪の予防以外にも、むし歯や歯列不正の予防にもつながります。」このことについては、また、後日お話します。身近なお子様のお口がぽかんとあいていると、口で呼吸をしている可能性が高いです。気になる方は、お気軽にご相談ください。

      テーマ:
  • 14Sep
    • いまえだ歯科が第一に考えていること

      こんにちは。最近、いまえだ歯科のホームページを少し更新しました。そのため、ホームページをじっくり見直しながら、いまえだ歯科の目標についてブログでも改めてお伝えしたいと思いました。いまえだ歯科では、生涯を健康なお口で過ごしていただくために、虫歯・歯周病などの病気を”予防”し、治療してもその後”再発させない”ことを第一に考えています。例えば、病気を防ぐにはまず原因となるバイオフィルム(ばい菌のかたまり)を定期的に取り除く必要があります。バイオフィルムは、奥歯の隅・歯と歯の間・歯と歯茎の間の溝など、ご家庭でのブラッシングでは取り除きにくい場所にたまりやすく、たいていはそこから虫歯などの病気がおこるのです。そのため、病気を防ぐためには歯科診療所に通院し、専門的な器具を使いバイオフィルムを定期的にクリーニングすることが大切になります。虫歯になってから歯医者に行くのではなく、虫歯を作らないために歯医者に行く!どうかこの大切な考え方を皆様にもご理解頂き、大切な歯を守って頂きたいと思います。

      5
      テーマ:
  • 11Sep
    • こんにちは!

      こんにちは!いまえだ歯科の保育士です。夏の暑さもだんだんと和らぎ、朝晩は涼しく感じる季節となりましたね8月までは暑くて行けなかったお散歩も行けるようになり、子どもたちも大喜びです!最近子どもと散歩をしていたら『チョウの幼虫』を見つけました怖くて泣いてしまう子もいれば「はらぺこあおむしみたい!」と保育室でいつも読んでいる、絵本のあおむしに例える子もいました子どもに大人気の絵本『はらぺこあおむし』は絵本に合わせた歌もあるので、是非お子さんと絵本を見ながら一緒に歌ってみて下さいね

      1
      テーマ:
  • 07Sep
    • 歯科衛生士③〜脱灰と再石灰化〜

      こんにちは。歯科衛生士の青木です。前回に引き続き、今回は『脱化と再石灰化』のお話をします。☆脱灰☆「糖」「炭水化物」を食べると、お口の中にいる虫歯菌もそれを食べます。人間が排泄するものがあるように虫歯菌も強い酸をだします。この酸によりお口の中が酸性になり、歯の表面のリン酸やカルシウム溶けだす。☆再石灰化☆食事後に出る唾液により、強い酸は洗浄され元の中性に戻り、唾液中のリン酸・カリシウムが歯の表面に戻る。食事のたびに、脱灰と再石灰化を繰り返しており、バランスを崩すと虫歯になります。

      1
      テーマ:
    • 2018.9.7

      こんにちは、歯科衛生士の青木です。先日の台風すごかったですね。みなさんは大丈夫でしたか?我が家は庭にあったものが散乱し、お隣さんの物が我が家の庭に侵入してきていました。まだまだ台風シーズンなので気をつけてくださいね。

      テーマ:
    • 8020運動

      9月17日は敬老の日ですね。80歳で20本以上の自分の歯を残そう!という、8020(ハチマルニイマル)運動をご存知ですか?本来、永久歯は28本。親知らずを含めると32本あります。そのうち20本以上の歯が残っていれば、食事には困らず、栄養もよくとれ、よく噛むことができるので脳への血流も良く、健康を維持できるであろうと言われています。いまえだ歯科でも、8020運動を達成された方に賞状をお渡ししています。8020運動とは、ただ歯を守りたいのではなく、その歯を持つその人が健康的で楽しく幸せに生きることが目的だと思っています。80歳をすぎても食べられるものではなく、食べたいものを食べることができたら幸せですよね。そのために、今、できることを。日常のケアと定期的な歯科でのメンテナンスで、大切な歯を一緒に守っていきましょう。

      テーマ:
  • 04Sep
    • 2018/09/04

      本日、台風の影響により午後からは休診とさせて頂きます。かわりに明日9月5日(水)午後の診療を18時30分まで延長させて頂きます。急な休診でご迷惑をおかけして申し訳ございません。皆様も台風には気をつけてお過ごしくださいいまえだ歯科

      テーマ:

プロフィール

いまえだ歯科

お住まいの地域:
愛知県
自己紹介:
愛知県一宮市今伊勢小学校の隣、いまえだ歯科です。予防歯科・小児歯科・矯正歯科・審美歯科・インプラント...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス