2019年10月27日(日)

秋の暖かな陽射しに包まれた午後、ピアノリサイタルがおこなわれました。

同じ時代を生きた二人の天才、スクリャービンとラフマニノフのプログラムです。

  

ロシアの広大な原野、寒く暗い冬、温かい室内の暖炉、降り積もる雪、白夜の夏、リラの花、大聖堂の鐘の音、、、。

二人の作曲家の違ったスタイルの中に、それらの背景が息づきます。 

  

いただいたアンケートより

スクリャービンとラフマニノフの独特な重厚な響きが感じられ、とても心に残りました。

 

どの曲も素晴らしかった。どの曲も弾いてみたいと思ってしまう演奏でした。ずっと練習し、背景を考え、取り組まれているからこその境地なんだなと思いました。だからこそ、聴いていてひきこまれるし、背景が浮かんでくるし、薄っぺらくなくて、磨かれていて、簡単にはできないことだとつくづく思いました。

 

何度聴いても違う曲のようで、聴くたびにこんな素晴らしかったのかと思えます。本当に来て良かったです。

 

今までとまた違う境地に到達したと、感じました。静けさと力がある感じ。空間全体を、聴いている人みんなを、どこか違う場所に連れて行くような音楽でした。音の間違いがなく完璧に弾いていても退屈で仕方ないことが多いけど、100パーセント出し切る勇気のある演奏は、与えられるものが違うと思いました。素晴らしいマイスターの演奏でした。

 

解説もとても分かりやすかったです。

 

スクリャービンの不思議だけど美しいメロディーや響きがとても素敵で、うっとりしました。ラフマニノフの息の長いフレーズが途切れることなく続いていて、そのなかでいろんな音がきこえてきました。厚い響きが心地よく、高音のキラキラした音にドキドキしました。素敵な演奏で浄化されました。ありがとうございました。

 

感動しました。

 

どの曲もすばらしかった。

 

いつもステキな時間をありがとうございます。ピアノの音色が大好きです。このようなすばらしい空間が身近にあることに感謝しています。

 

楽しみにしていました。近くでこのようなコンサートがあるのはとても嬉しいです。続けていくのは大変でしょうが、末永くお願いいたします。ピアノは大好きですが、知識はないので、作曲者のことや曲の説明をしていただけるのは、嬉しいです。たくさんの景色を見ることができました。ありがとうございました。

 

いつも素晴らしいです。

 

ラフマニノフのロシアの前奏曲(作品23)が印象的でした。「びわこホール」でのコンサートを望みます。

 

良かったです。また聴かせてください。

 

難しい曲でも中々聴きやすいです。ありがとう。合掌。

 

毎日のいやな事件が、ピアノの音で吹きとび、何とも良い気持ちになって帰れるのが、とってもありがたいです。

 

先週も同じプログラムを聴かせて頂いたはずなのに、まるで違うプログラムの様に感じで、生で聴く事の素晴らしさを感じました。同じ曲でも毎回違うように感じられるからこそ、先生のコンサートには何度でも行きたいと思うようになるんだなと、今改めて感じています。あんなに重厚なプログラムを2週間続けて聴いたのに、なんだか気持ちも元気になっています。

今日は秋晴れの光を浴びて、素敵な演奏を聴かせて頂き、とてもいい時間を過ごさせて頂きました。

秋は色々な行事があって毎日落ち着かない生活を送っている中で、今日はゆっくりと素晴らしい演奏を聴かせていただくことで、心と体がとても癒されました。

 

1つ、大切なことを言い忘れていました。いつも素敵な演奏はもちろん、作曲者、曲目についての解説など純子先生のお話がとても興味深く楽しいことです。いつもルカスさんとの仲のいいエピソードがとても微笑ましく、私まで幸せな気持ちになります。今日はお部屋に入った時にひまわりの花が目に留まり、お花から元気をもらったような気持ちになりました。いつもさりげなく生けておられるお花を素敵だな~と思いながら拝見しています。それがお二人で選ばれているということを今日お聞きして、益々嬉しい気持ちになりました。本当に音楽だけでなく、会場づくりにもおもてなしの心を忘れず準備されていることに感動しました。

 

ラフマニノフ圧巻でした。スクリャービンもすてきでしたが、作品23-2の左のとどろく波が始まった時からもうグイグイと引き込まれていきました。ト短調、作曲者本人の録音があるのが特に有名ですが(と確かそうだったと記憶していますが)、2mの長身の大男が弾くからこんな演奏ができるのだ(といっても生で聴いたわけではありませんから本当のところはわかりません)と納得させられて思考停止してしまっておりました。すばらしい演奏でした。ずっと耳の中に残っています。

 

プログラム

スクリャービン:前奏曲Op.11-1, 2, 4, 11、練習曲Op.8-4, 11, 12

ラフマニノフ:前奏曲Op.23-2, 4, 5, op.32-5, 10, 12、練習曲Op.39-5, 9

(アンコール) ラフマニノフ:練習曲Op.33-8