2018年12月22日(日)

第6回ハートフルコンサート(主催:女性の自立をともに支援する会NPO「フローラ」)として、 ”笠原純子&日本センチュリー交響楽団女性メンバーによる ピアノ五重奏クリスマスコンサート”が開催されました。

 

 

雨模様だったお天気も回復した午後、たくさんのお客様がお越し下さった箕面市立メイプル大ホール。

プログラムは、ピアノソロの後、弦楽四重奏による名曲の数々の前半。後半は、ピアノ五重奏で、ショパンのピアノ協奏曲第1番です。

  

  

  

”皆さんのお人柄が伝わる、楽しく、素敵なコンサートでした””宝石のような音色でした””熱さがあって素晴らしかったです””どの曲も、素晴らしいことがわかりました””ショパンの2楽章は、初めて聴いたのですが、ピアニストの方にぴったり、そのものの曲だと感じました””弦楽器の方も、音楽的な力が強く、素晴らしかったです””全員の方がアンサンブルを楽しんでいられるのがわかり、それが楽しかったです”その他、アンケートはまだ拝見していないのですが、多くのご反響を既に頂いております!

素晴らしい運営の元おこなわれたコンサート、お世話になった方々に心より感謝申し上げます。

  

  

 

出演

笠原純子(ピアノ)、関晴水(ヴァイオリン)、道橋倫子(ヴァイオリン)、清水豊美(ヴィオラ)、望月捻子(チェロ)

 

曲目

リスト:愛の夢、ラ・カンパネラ

パッヘルベル:カノン

シュトラウス:観光列車

モーツァルト:トルコ行進曲

イヴァノヴィチ:ドナウ川の漣

ブラームス:ハンガリー舞曲第5番

シュトラウス:美しき青きドナウ

ラヴェル:弦楽四重奏曲より第1楽章

ショパン:ピアノ協奏曲第1番

(アンコール)きよしこの夜