2018年12月2日(日)

弦の国・チェコを代表する名門オーケストラ・チェコ・フィルの、コンサートマスターを若くして担うイルジー・ヴォディチュカ(ヴァイオリン)と、今回3回目の共演となる笠原純子(ピアノ)によるコンサートが、京都コンサートホール アンサンブルムラタにて、おこなわれました。

  

お天気も素晴らしく、たくさんのお客様のご来場を頂き会場な熱気でいっぱいに。

前半はバロック、古典派の名作、後半は華やかな超絶技巧の名曲の数々のプログラムです。

 

一つの音楽の中に、すべての人が吸い込まれるような静寂の中、熱演が繰り広げられました。

超絶技巧が超絶技巧たりえる、華やかさと達観、読みの深さ、エモーション。新世代の名手を感じる演奏でした。

 

  

 

ヴァイオリンも素晴らしかったし、ピアノも素晴らしかったし、理想のデュオでした。

 

ヴァイオリニストも、あんなピアニストを持ったら最高ですね、と皆で話しました。

 

よく弾かれる曲で知っているはずだったけど、どれも全く違うレベルでした。

 

いつもは、オーケストラ伴奏のほうが迫力があっていいと思っていたけれど、今日はピアノ伴奏が本当にかっこよかった。あんなふうには聴いたことがなかったです。

 

最近も室内楽演奏会に行ったばかりなのですが、今日のコンサートはみずみずしくて、音が若々しいというか‥・この違いはいったい何なのだろう、とびっくりいたしました。

 

サインもして頂けて、興奮して帰りました。

 

来て本当に良かった。お二人とも本当に素晴らしかった。

 

全ての曲が素晴らしかったです。

 

なん百人もお客さんがいるのに、誰も寝ないで、本当に物音ひとつしない静かな中で、みんんが音楽にひきこまれていた。

 

あんな音楽が聴けて幸せだった。

 

モーツァルトの2楽章で、ピアノの全く違う音を聴いたとたんに涙が出ました。

 

ヴァイオリンで、超絶技巧の曲をあんなに完璧に生で聴けることは、めったにないレベル。

 

最初からアンコールまで、どの曲もスタイルが違うのに、すべて引き分けてすごいと思った。

 

両方の奏者が、最高の芸術を楽しんでいると感じた。

 

ソリストと伴奏者、ではなくて、2人のソリストだと思いました。

 

素敵な演奏をありがとうございました!めちゃくちゃかっこよくて本当に感動しました!

 

ヴァイオリンを習っていた当時、あこがれていた曲や、実際に弾いたことがあった曲もあり、いろいろなことを思い出しながら聴いていました。ヴァイオリンのコンサートには何度も行きましたが、ピアノがあれほど聴きごたえのある演奏は今日が初めてでした。

 

明日飛行機に乗って、別の都市でまたすぐリハーサルなしにでも合わせられるような、用意のできている2人の世界的マイスターだった。

 

今日のコンサートで、昨日まであれほど疲れていたことを忘れてしまいました。

 

お二人の演奏が素晴らしくて、あっという間に2時間が過ぎていきました。ヴァイオリンとピアノの美しい音色に癒されつつ、曲によっては力強いものもあったり、客席で観ていた私は終始興奮していました!純子さんがお召しになっていたドレスもとてもお似合いでしたし、純子さん自身がものすごく輝いていらっしゃいました!

 

さすが一流のお二人の演奏、前から4列目でピアノとヴァイオリンの繊細な指使いが目の前で演じられる演奏、

今まで沢山の演奏会に行っていますが一番と思える素晴らしい演奏会でした。まだ余韻に浸っています。

 

素晴らしいの一言では足りないですが、本当に素晴らしい演奏を聴かせてもらいました。

席も2列目の中央左寄りで2人の手元がバッチリ見えました。大きいホールにも関わらずサロンで見るのと変わらない距離でお2人の息遣いが聴こえ臨場感たっぷりでした

 

多々のご反響をお寄せいただき中です!

  

出演 

イルジー・ヴォディチュカ、笠原純子

 

曲目

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 ホ長調 BWV1006より ロンド風ガヴォット、メヌエット1・2、ジーグ

ヘンデル:ヴァイオリン・ソナタ ニ長調op.1-13、HWV371

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 KV304

スメタナ:わが故郷より~2つの二重奏曲

ヴィエニャフスキ:華麗なるポロネーズ 第2番イ長調 op.21

サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ op.28

サラサーテ:カルメン幻想曲 op.25

アンコール

ポンセ:エストレリータ

クライスラー:美しきロスマリン