営業利益+98%・・・
 
そんなんばっかにゃ!
 
理由をかくにんしましょう。
 

 

基礎知識

 

ミツウロコグループホールディングス(8131)

 

LPガスや電気を小売している。

 

自社で風力発電所をもってますが,主に外部から電気を仕入れている模様。

 

最新の決算では,ガス事業の営業利益が35億円,電気小売のそれが37億円。

電気会社になりつつあります。

 

 

売上が4.7%増に対して,利益が99%増。

営業利益率は倍に。

 

何があった?!ガーン

 

 

犯人はこいつだ

 

決算書をみてみると・・・・・

 

 

電気事業で営業利益261.9%増。27億円増益。

犯人コイツだ口笛

 

ちなみに,ガス事業は,燃料安の影響で前期比+25%増の増益。

 

 

 

つまり,会社全体の今期の増益は36億円ですが,

 

うち,27億円は電気小売の拡大

②のこり9億円は燃料安によるガス事業の利幅拡大

 

ということ。つまり,増益の主原因は,電気小売事業の拡大。

なお,電気事業の利益率は4%,というところも頭にいれておきましょう。

 

 

今後も続くの?

 

この好調は,今後も続くのでしょうか?

 

 

(同社ビジネスレポート2019 20頁より引用させていただきます)

 

1年前のデータですが,契約件数は,4万→6万→10万,と,すごい勢いで増えているわ。

「なぜ増えているか」は推測するほかないけれど,やはりガスと電気をまとめて契約させるって,効率がよいのではないかしら。

料金徴収や引っ越しの際のオペレーションなど,習熟してそうキョロキョロ

 

 

よって,今後も期待できそうですね。

 

 

ただし!

グリムスやイーレックスと比較すると,利益率,ROEが低い。

ガス事業の方の設備が足を引っ張っているようです。

ガス事業の減価償却費が電気事業のそれの2.2倍!

ガス事業って,設備費用がかかるのねえ。

 

ミツウロコの電気事業はめっちゃ有望ですが,あたしはいまは投資保留。

ただし,今後も継続的にウォッチしよっと。

 

 

 

読んでくれて、ありがとう
ステキな銘柄に囲まれた、良い一日をお過ごしくださいニコニコ

 


株式長期投資ランキング

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます爆  笑