基礎知識
 
 
23、24日で投資しきったわたしは、もはや短期的にはやることはない。ということで、粛々と企業分析を進めましょう。
 
 
名前のとおり、アニメや映画を作っている・・・と言いたいところだけど。
いまや,ここ数年は,版権,つまり,キャラクターを商品化する権利でガッツリもうけている会社。ROEは15%付近。
 
もっているキャラは,ドラゴンボール,ワンピース,セーラームーン,スラムダンク,聖闘士星矢など。
 
「ドラゴンボールのキャラを使ったアプリゲーム作っていいよ。その代わり,アプリの売上の10%(仮)ちょうだいね」
 
というご商売。
 
・・・・・・めっちゃ,ラクですねてへぺろ
 
ドラゴンボールやワンピース,スラムダンクなら,あと20年間は,キャラを貸し出すだけで,儲けがでるでしょう。
 
かといって,何か設備投資しなくちゃならないわけじゃない。
 
使いすぎても,悟空がすり減るわけでもない。
 
理想的な形態の商売のひとつ!!
 
 
損益をみてみよう
 
最新の通期の有報は。
 
 
4年で利益が4倍!!ガーン
 
4倍界王拳!!
 
最新の同社の3Q決算のIR資料をみてみると・・・・・
 
 
(東映アニメーション 2020年3月期 第3四半期決算 プレゼーテンション資料5頁より引用させていただきます。)
 
アニメ系は順調。
だけど,いままで好業績を牽引してきた版権事業は,現時点では横ばい。
 
とはいえ,アプリが売れている、アジアも米国も,今後,人口は増えていく。
 
アプリのゲームの出来にもよるけれど,今後もそれなりの利益が継続することは手堅いとおもわれます。
 
何より,新しい設備投資が不要で,かつ,全世界に容易に拡張が可能っていう点がすばらしい。
 
 
 
 
なお、この会社の会計的な注意点として、MG、ミニマムギャランティーがあります。
例えば、キャラの版権代金として、アプリの売上の10%と契約したとしよう。しかし、普通は、最低限の版権代つまりミニマムギャランティーとして、例えば5億円と設定し、①それをいきなりもらう。②その後、アプリの売上が50億円を超えたら、そこからさらに10%をもらい始める。
 
つまり、
 
①まずいきなり5億円が売上計上され
②その後かなり経てから追加の売上が発生する
 
だから、この商売は、みため、売上の変動がはげしくなります。前期比で売上が減ったとしても、
 
「いや、前期にMGでまとまった売上が入っただけ。事業として不調ってわけじゃない。」
 
という可能性がありますヨ。
 
 
けつろん!
 
 
すばらしい企業であることは,論をまたないわニコニコ
 
しかし・・・・・PER15,16かあ。
 
今期予想EPSが261円。
 
来期PERが,最悪でも10%増として290円。
 
・・・・既に,優良性、成長性が織り込まれている・・・・・・か・・・・な・・・・・。
 
今期予想EPSは,もともと,207円,大幅に悪化の予定だったのよね。
 
MGによる変動を加味しても,成長が確実とまではいえないかなあ。現に3Q時点で版権事業は横ばい。巣籠もり消費で版権売上は上がるとしても、映画の公開は遅れる。
 
この暴落時なのに,PER15は・・・・・・確実に割安,とまではいえない,かな?
 
アニメ系銘柄は有名でとっつきやすいし,「巣ごもり消費」とか言って,この銘柄、すでに注目されているんでしょう。
 
際どいところだけど,「コロナで映画の売り上げ激減!!下方修正!!」みたいなのを待つこととします。保守的にいこう。
 
 
 
ここまで読んでくれて、ありがとう照れ
ステキな銘柄に囲まれた、良い一日をお過ごしください!
 

 


株式長期投資ランキング