アノマリー
 
 
アノマリーとは,特定の時期に,株が安くなったり,高くなったりすること。
 
優待株として人気の銘柄が,優待日より少し前に高くなるとか。
 
ゲーム会社の株が,そのゲームのキャラの誕生日付近に妙にあがるとか。
 
いろいろ,あります。
 
ほとんどは,一般にひろく知られてしまったことをきっかけに、消えていく運命。
 
 
しかーし!
「長期的にそうせざるをえない」ことにもとづくアノマリーの場合,意外に利用できるものがあると思ってますニコニコ
 
 
日本株の売買高の7割は外国人投資家によるもの。

そして、彼らは、17年連続で、四月に買い越しをする!!




「2月3月に海外の株が出揃い、出遅れた日本株が4月に買われやすい」「4月は新しい政策が発表され、それに基づく買いだ」なーんて解説もあるけど。

そんなこたあ、どうでもいいのよ。

70%の買い手が、高い確率で買い越す。さすがに17年連続となると、なんらかの制度的な固ーい理由があるとしかいいようがない。

それだけで十分だわ。

機関投資家は、いつ頃、益出ししなければならないとか、いろいろ、制約があるのでしょう、かわいそうにウインク



あたしたちは、二月にでも仕込めばいいキョロキョロ
 
 
 
 アノマリーに頼りすぎるのはキケン
 
 
 あたしの投資スタイルは、優良株をしこむこと。

ただし、優良というだけでは、ダメ。
来期に減益になるかもしれない。

会計上の歪みや中国の肺炎による一時的に過ぎない下げなど、勝率を約束してくれる、具体的な、今後上がるであろう理由。
それがセットになって、初めて資金を本格的に投じる。

投じる時期が、一月、二月なら、なお勝率が上がっていいね、というお話なの。

二月にボロ株を買っても、キケンなものはキケンだわ。


 
 株式投資とは
 
 
 個人投資家にとって、株式投資とは、「機関投資家からお金を奪うこと」!!ニヤリ

機関投資家が買えないような小型優良株を仕込み、売買高が上がって機関投資家がエントリーし、株価が上昇して、あたしたちは恩恵を受ける。

「世界的なリスクオフ」とかいう、意味不明な理由で売られる優良株を下落時に仕込み、機関投資家が戻ってきて、株価の上昇の恩恵を受ける。

あたしたちは、彼らをカモにすればいい。
というか、彼らが動いてくれなければ、優良株でも株価は永久に低いまま。


100億200億のお金を動かしている。
特定の株は買えないだの、四半期ごとに結果を出さなければならないだの、色んな制約のなかで。

それをわずかにかすめとらせてもらう。
それだけで、経済的にはアガリよ。

ごちそうさまニヤリ
 

 


株式長期投資ランキング

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます爆  笑