デジタルで読む脳 X 紙の本で読む脳 :「深い読み」ができるバイリテラシー脳を育てる (日本語) 単行本 – 2020/2/6
メアリアン・ウルフ (著), 大田直子 (翻訳)

 

 

を読みました。

 

 

みなさんは、電子書籍、好きですか?あたしはキライです。電子書籍って、どうもアタマに入らない・・・・・・・・書物って、書き込んだり、付箋はったり、これみよがしにソファにおいて置いたりしないと、どうも、仲良くなれません。

 

 

この本では、「紙の本で読んだ時と、キンドルで読んだときの読解力テストでは、前者の方が優秀であった」という研究が示されています。物語の筋の時系列や細部を、よりよく記憶しているらしい。

 

 

なんでかっていうと、紙の本って、電子書籍に比べて、人間が、物理的に位置づけやすい。厚みがあって、前に読んだページがあって、わずかな匂いと、手触りがあって・・・・・。そういう手掛かりがない電子書籍では、どうも、認知の入りやすさが違うようです。

 

 

これは、誰もがうすうす、感じてはいることだと思います。

 

なお、文章が短いときは、紙の本と電子書籍で理解度に差がないという研究もあるとのことです。

 

 

投資に際しては!

 

 

ということで、あたしは、決算説明資料や決算書、社長インタビューなどを(腰をいれて)読むときは、プリントアウトします。ざっとみるだけのときは、PCの画面上でさっとみるだけだけど・・・・。投資の本も、電子書籍ではなく、紙の本で買います。

 

かぶ1000さんの本にも、氏は紙の四季報を買う、と書いてあります。

 

 

投資って、結局、調査する作業なので・・・・・・・・面倒だけど、重要な画面は、きちんと、プリントアウト、しようね!

 

 

 

読んでくれて、ありがとう
ステキな銘柄(※プリントアウトしてみよう!)に囲まれた、良い一日をお過ごしくださいニコニコ

 


株式長期投資ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

suriaや・・・決算をまたいではならん・・これは遺言じゃ・・・グフっ!

 

 

おじいちゃーん!!!

 

 

グリムスの損害は、いくらなの?

JEPXの価格が落ち着いています。

 

先週土曜日分の落札は、売り札100%落札に近かったにもかかわらず、値段は大きく下がりました。つまり、今回のスパイクの原因は、「売り札が少ない」のもあるのですが、それによる「卸売市場で電気を買えないかも」という恐怖による、バブルもあった、とも思われます。ここ最近は、売り札も例年並みの9.1億KWH前後に回復しており、もう大丈夫と判断します。

 

「高騰は23日にもう終わった」と仮定できるなら、「高騰してた期間って、意外に休日おおいわね?グリムスのお客さんって、休日は電気、使わないかも?」という効果が効いてくるかもしれません。いまいちど、グリムスの損害を推定してみましょう。もっと精緻にね。

 

 

そうすると、後記のとおり、1月の粗利▲12億円路線、当初計画比マイナス30%以内もありうるか・・・・・(むずかしい計算は末尾に置いておきました。ご意見、歓迎します。)。

 

業績予想の修正は、営業利益や純利益が当初計画比のマイナス30%以上のときに、する義務があります(義務がなくても任意ですることはありますし、今回はそれをするとは予想)。計画比-20%だとすると、「現時点で下方修正を出さないし、それをほのめかすアナウンスもしない」というグリムスの姿勢と整合します。まあ、高騰がいつまで続くか分からないから、出しようもないのかもしれませんが・・・・・・

 

ということで、25日までで、グリムスを合計4100万円(24600株@平均1626円)、購入しましたよ!!原資は、(泣く泣く)オープンハウスを売ったお金です。

 

さてさて、suriaちゃんの賭けは、どうなりますやら?29日の決算で、株価は大きく動くでしょう!大損か、暴騰か、乞う、ご期待( ゚Д゚)

 

 

 

読んでくれて、ありがとー!
今日も、ステキな銘柄に囲まれた、良い一日をお過ごしくださいね。

 


株式長期投資ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます

 

 

【★グリムスの1月22日までの売電量と粗利★】

グリムスは、令和2年9月には3900万KWHを売電実績があります。9月は、平日が20日、休日が10日。「休日は平日の5割しか電力を使わない(※グリムスのお客さんである企業さんはお休み)」と仮定すると、平日に156万KWHを売っている計算です。令和3年1月には、小売先も増えて売電量も増えていると思われるので、平日1日に170万KWH、休日には85万KWHを売っているとし、年末年始は売電ゼロと仮定します。そうすると、1月4日~23日までは、「平日13日×170万+休日6日×85万KWH=2720万kWH売電」していると推定。

 

2720万KWH×60%を市場から調達×(仕入値100円※ー売値25円)=▲12億円。

(※1月4日~22日の8時~18時の平均単価は、計算したら93円でした)

 

【★グリムスの通年の営業利益と税引き後利益★】

グリムスの電気小売の粗利は、平時は月2億円。よって、今年の通年の粗利は、2億円×11月ー12億円(1月の損害)=10億円の黒字。電気小売事業の販管費は4億円の予定なので、同事業の営業利益は6億円の黒字。省エネコンサルなど他の事業の営業利益を20億円とし、共通管理費を7億円とすると、営業利益は19億円(従来の予想23億円。計画比82%)。純利益は12.7億円(従来の予想15.4億円。計画比82%。前年比▲15%)

 

 

 

 


 
 
アップ忘れてました
 
トランスコスモスって何の会社?

 

DMMIXが高騰していますが、平常心でコールセンター業界の研究を進めましょう。コールセンターシリーズのホントの最後です。


トランスコスモスは、Webプロモーションやサイト運営などいろいろやってはいますが、主としてはコールセンターの会社です。DMMIXとの比較でいっておきますと、アウトバウンドつまりコールセンター側から積極的に電話をかけて営業するサービスもあるようですが、HPの記載から察するに、あんまり盛況ではないっぽい・・・・。多分、通常のコールセンター同様、電話を「受ける」方が主です。最新の2Q決算は・・・・

 

 

 

売上が10%前後伸び続けているのは立派ですが、営業利益が伸びすぎですね。+185%ってなんですか。しかも、今年も+85%。「営業利益が異常に増えた理由」をさぐらねば、なりません。まさか、季節性じゃないよね?

 

なんで爆益なの?

 

 

【2Q決算説明資料8頁より】

 

原価率のよい仕事が入った(売上総利益率17%→19.8%)、というのが原因ですね。それのみで43億円の営業利益の増加です!!具体的には、うーん、「コロナ関係で国からワリのいい仕事が入った」とかでしょうか?四季報には、「コロナで公共系の需要が想定以上」とありますが・・・・・「トランスコスモス 入札」でググると、、

 

 

 

おっ、厚生労働省のコロナ相談窓口などを受託したようですね。キャッシュレス事業も電通を通じて委託を受けている模様・・・・

 

 

 

 

 

(※新規で連結した子会社の影響もあるようですが割愛します)

 

それで、株を買いますか?

 

【2019年3月期決算説明資料11頁より】

 

過去をみると、同社は、売上総利率の上下で、業績が上下してきたようですね。現在2Qで営業利益率は4.8%ですが、2019年3月期にはわずか2.1%でした。

 

すなわち、同社の今後の業績は、「原価率のよい仕事を継続的にとれるか」(≒国関係の仕事?)にかかってくる、ということになります。

 

それがある程度の確度をもって予測できるなら買えばいいし、できないなら、手を出せません。

 

今年、来年は、コロナ関係の給付金だのポイントだののコールセンター需要はありそうですし、今までの実績からするとトランスコスモスが受託しそうですが、トランスコスモスが「そこそこ高い確率で」受託できるかどうかについて、知識がまったくありません!

 

ということで、期待値不明で、投資せず。

 

 

 

 

読んでくれて、ありがとう
電通から再委託で仕事がもらえる銘柄に囲まれた、良い一日をお過ごしくださいニコニコ

 


株式長期投資ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 
 
素直にすごいですね
 
 
かぶ1000さんの投資手法

 

個人的な交流も全くありませんしSNSでご挨拶したこともありませんが、かぶ1000さんという方の著書を買いました。

 

この本の234頁にかぶ1000さんの今までのパフォーマンスの表がありますが、それによれば、S&P500に対し、「19戦18勝」という凄まじい実績・・・・・・!!「20年間まぐれ連続」というのは考えづらいので、まさにホンモノの投資家!であれば、あたしにも何か参考にできる点があるはずと思い、発売と同時に買いました。

 

 

かぶ1000さんは、いわゆる資産バリュー投資をされるようです。簡単に言うと、

 

「現金や有価証券など換金性の高い資産額ー総負債」>時価総額

 

という企業、つまり、「会社全体を買って(時価総額)、資産を換金して借金返したら、お金が残るじゃないか!」という企業を狙ってらっしゃるようです。「10億円持っている企業が、5億円で売られている」と例えてもよいと思います。

 

 

かぶ1000さんは、企業が保有している不動産の価額を見積もるため、その保有不動産を現地まで見に行くこともあるそうです・・・・・・すごすぎます。もちろん、IRに電話もされるし、株主総会への出席、IRフェアなどにも積極的に参加されているとのこと・・・・・・。

 

 

勉強になった点

 

あたし的には一番面白かったのが、「保有銘柄のランキング化」という部分です。

 

「私は徹底的に吟味して割安な銘柄を選んでいますが、かといって特定の銘柄に惚れ込んでこだわることはありません。より割安な銘柄が見つかったら、いつでも入れ替えるようにしています。そのために取り組んでいるのが、「保有銘柄のランキング化」です」(同書194頁より引用させていただきます)。

 

 

一度買った銘柄でも、予想PERや実質PBRなどをもとにランクづけし、より割安な銘柄にのりかえつづけているとのことです。

 

 

 

 

 

 

株で一番むずかしいのが、バリュエーション、つまり「いくらで買うか」だと思っています。

 

 

良い株って、「売上や利益が伸びている」とか「ROEが高い」とかで、そこそこ簡単に探せると思っています。ところが、現実問題として直面する、

 

「じゃあ、グリムス株が1500円で売られていた場合、買いますか?」

 

という問い・・・・・これには容易に回答できません。良い株だから「1500円で買う」とはいえないのです。これが、具体的な比較対象があると、「この株よりは」いいと、判断がしやすくなります。
 

「DMMIX株が2800円でPER23,成長性が20-30%程度、グリムス株は1500円で、PER20、成長性は30%程度、ただし電力価格高騰による損害額が読めない部分がないではない」

 

となれば、「電力高騰による予測不可能性でPERが1割程度安いことをどうみるか・・・・DMMIXでよくないかしら?あるいは、DMMIXとグリムスを8:2くらいでよくないかしら?」などと具体的な検討をすることができます。

 

(以上は、かぶ1000さんの著書から考えたあたしの意見です。氏の著書にグリムスだのDMMIXだのが出てくるわけではありませんので誤解のないよう、念のため)

 

 

持ち株の中でランクを付けをし、最低ランクと監視銘柄をいれかえる・・・・・・・・あたしもやってみようかな。

 

 

読んでくれて、ありがとう
資産を持っている銘柄に囲まれた、良い一日をお過ごしくださいニコニコ

 


株式長期投資ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

グリムス暴落の影響、いかに。

 
 
 

グリムス空売りで、デリシャースでした!

 

 
 
 
 

なんかヘンな奴きた・・・

22日引け時点で、総資産2.56億円となり、ちょっと増えました。

(※今後もそうですが、特記ない限り、証券口座への入出金はなしです)。余剰金すべて、そしてオープンハウスをちょっと売ってグリムスを買い、含み益は減って9000万円です。

 

グリムス、1530円で700万円分、買ったのですが、その後、22日の最高値どんぴしゃでうまくたくさん買ったため笑、取得平均単価が結構高くなっちゃった・・・・・・撤退した1650円よりすこーし安くなったし、撤退中に乗り換えたdmmixがバツグンに上がりましたので、お許しくださいね?

 

コプロも異常に躍進。どこかのファンドが買ったのでしょうか・・・・。

 

 

各銘柄の相場観のおさらい

 

①オープンハウス

 狭い都心の土地を安く買って、3階建ての戸建て住宅を建てています。短期的には、コロナによる戸建て特需やM&Aによる業績上振れ、中期的にも、2023年に売上1兆円になりますし関西進出の余地がありますので、ホールド。しかし、既に時価総額4000億円と、企業としては大きめなので、成長性が鈍った場合は、一部利確して別の小型株に乗り換えするかも。

 

②グリムス

 省エネコンサルして、電気を24時間まんべんなく「使わなく」なった利益率の高い事業者に電気を売っています。29日の決算その後の下方修正で下落するかもですが、長期的には問題ないと思っています。が、毎日、JEPXの価格はチェックして、ポジションを調整します。2024年には、容量市場の負担拠出金という巨額の支出が見込まれますが、凍結の議論もされているため、常にその話題をフォローする必要があります。

 「新電力の政治的救済策、採用!」という宝くじつきの銘柄です。

 

③コプロ

 施工管理者という建設系の人材を派遣しています。成長余地は十分ですが、派遣する人間の採用人数がふるわなければ放牧するかも。採用人数が回復すれば、永久ホールド。市場環境は、国土強靭化計画のおかげで盤石なんですが。

 

④ロードスターキャピタル

 都心の中古ビルを買って、テナント賃料をあげたりリノベして、転売しています。テレワーク普及でテナントの空室率が高止まりするリスク、震災リスクがありますが、PERが安すぎ、かつ成長余地も問題ありません。ホールド。

 

⑤DMMIX(NEW!)

 電話をかけての営業を代行するコールセンターです。営業実績をあげまくることから年20-30%の成長をしており、特に不安要素はないのでホールド。

 

(チャーム・ケア・・・・・ぜんぜん価格が下がらないので、あきらめて監視銘柄に格下げしました(´・ω・)。ビジネスはとても優良です。)

 

 

読んでくれて、ありがとー!
今日も、ステキな銘柄に囲まれた、良い一日をお過ごしくださいね。

 


株式長期投資ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます