MAXIS米国株式(S&P500)上場投信
 
s&p500というのは、アメリカの代表的な株500種の、セット販売。実はコレ、とんでもなく有利な運用で、年9%の値上がりが期待できますニコニコ
 
ほとんどのアクティブ運用つまり色んな分析をして銘柄を選ぶ、より良い運用成績となっちゃいます。だから、銘柄選びに自信がないひとは、とにかくこれ一択がおススメ!
 
米国は、今後も人口が増える。スタンフォード、MIT、ハーバードなど世界一の大学と科学技術を擁し、最強の軍事力、経済力を有し、今後も長く発展を続ける。だから、死角はないわ。
 
 
そのs&p500を買う方法はいくつかあったけど、今年、新しいS&P500のETFができてたわ。
 
銘柄コードは2558。
 
確認すべき点は、ふたつある。
 
ひとつめ、信託報酬。安ければ安いほどいい。
ふたつめ、外国税額控除。アメリカの株だから、儲けがでたとき、アメリカで10%、さらに日本で20%、ダブルで課税される可能性があるの。それがクリアされているか?
 
 
 
まず、信託報酬について。
 
気になる手数料は・・・
 
 
①年率0.0858%
②年間上場料0.00825%
③商標使用料年率0.05%(上限)・・・・て,高いわね。
 
合計で,③がMAXの場合,監査費用などのぞき,0.144%。
 
1000万円買っていると,年14,405円が減っていく計算。
100万円なら,1441円。
 
ただし!
この株は,楽天証券では、貸株つまり楽天証券に株を貸すことによって,年0.1%の利息を得ることができる。
 
貸株料を税率30%計算でマジメに確定申告するとすると,実質の費用は、貸株料と差し引きで、年0.07%くらいとなります。
マジメに確定申告しない場合は,年0.04%まで下がる!
 
 
2 外国税額控除について
 
実は、二重課税を自動で避ける制度が始まっているの。
東京証券取引所のサイトによれば,このETFは「自動で」外国税額控除,つまり二重課税回避をしてくれる制度の対象になってる!
よって,わかりにくいけれど,その分,パフォーマンスは、ほかのS&P500のETFよりよいはず。
 
これは便利爆笑
 
 
ほかのETFと比較してみよう
 
1557が,信託報酬0.0945%。
100万円投資して,1年間に945円。
確定申告をすれば外国税額控除適用可能。
 
1554が,信託報酬0.165%。
100万円投資して,1年間に1650円。
ただし,「諸費用として純資産に対する年率0.1%を上限とする金額がかかる」云々も目論見書に書いてあって、、、MAXで0.265%ということなのかな?
 
外国税額控除はできないはずです。
これはナイわね。
 
VOO,つまり米国株式市場のETFが,信託報酬0.03%。最安値!
100万円投資して,一年間に300円。
 
ただし,こちらは米国株式市場で買うので、円をドルに替えて買う。楽天証券では,1米ドルあたり,25銭の為替手数料がかかる。
1万米ドル≒110万円買うと,2500円。
 
外国税額控除はできる。
 
 
けつろん
 
以上を総合すると,
 
「2558を買って貸株する」が,信託報酬,外国税額控除の面からも,最適解とおもわれますキョロキョロ
 
VOOを買って外国税額控除の確定申告するみちもあるけれど,1000万円運用して数千円くらいの差しかでないハズ。
 
外国税額控除の確定申告をし,住民税について国民健康保険料が上がるのを避けるため申告不要制度を適用し・・・・なんてややこしいことやるくらいなら,2558に絞ってよいと思うんだニコニコ
 
 
 s&p500以外のETFはどうなんだ、という話は、また、次回ねー!
 

 


株式長期投資ランキング

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 
エフオンの基礎知識
 
グリムスに投資している関係上,電気やエネルギー関係の企業をみていきましょー。
 
 
 
バイオマス発電ね。大分と福島で,木くずをもやして発電し,その電気を売っている。
木くずで発電できるなんて、おもしろーい。
省エネ支援業務もしているみたいだけど,利益にはなっていない。
 
消費者への小売ではなく、発電業者ですね。
 
 
エフオンの財務状況は
 
 
 
売上も利益ものびてはいるし,利益率もROEも高いけれど・・・・・のびがデコボコねショボーン
 
決算書によれば、「雨がおおいと,材料の木にふくまれる水分が多くなり,発電しにくくなる」・・・・なんてこともあるみたい。
 
自然エネも,安定して発電するにはむずかしいところがあるのね。
 
 
あとは,やっぱり,発電所の建設費用が重ーいわプンプン
 
5年ほぼ連続,本業で稼いだお金以上の投資をして,発電所を建設している。
 
これはキツいわ・・・・・
 
けつろん!
 
 
もちろん,投資はしないわ。
 
たんに,あたしの好みではない,というだけですけど、ね。
 
 
利益が右肩上がりである以上,悪い企業では決して,ない。先行投資は重いけれど、発電所が順次、稼働して、売上は伸びていくでしょう。
 
しかし,こういうビジネスって,スケーリング,つまり,拡大がむずかしいと思うの。
ネットサービスなんて,ヒットすれば世界中に容易に広まる。小売であれば,店舗を毎年増やせば,売上はそれに比例して増える。
 
けれど,毎年毎年,発電所を倍々ゲームでつくっていくわけにはいかない。年間の利益以上のお金を毎年費やして,10年20年かけて回収していく・・・・・・・・・

もっと身軽なビジネスでなければ,S&P500のインデックスには勝てない気がするのよ。
 
それに,毎年毎年,木の水分量で赤字黒字が左右されてはたまらない(笑)てへぺろ

発電所が過剰に作られて、グリムスが買う電気が安くなるといいなニコニコ
 

 


株式長期投資ランキング

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 
 オープンハウスの1Q決算
 
あたしが資産の半分、1億円強をホールドしているオープンハウスの決算、でました。
 
ぶんさんとうし?なにそれ、おいしーの?
いむ、わかんないニヤリ
 
 
どーん照れ
営業利益56%増って、、、どこの新興企業の話かしら?笑
 
 
・・・・・・浮かれるのはいいけど、しかし、これはきちんと内訳を見なければならない。
 
投資家だもの。
 
 
 オープンハウスの増益の原因は?
 

オープンハウスは、4つの事業があります。

戸建て関係。
マンション。
収益不動産。
海外不動産。さて。

 
 ①主力の戸建ては順調爆笑

理由は、マンション価格の高騰とされる。
 
 
(株式会社オープンハウスの2020年9月期 第1四半期 決算説明資料6頁より引用させていただきます)
 
いまは都内でマンションを買うとなると7000万円とかしちゃう。オープンハウスの戸建ては4500万円くらい。
そりゃ、戸建てを選ぶよねっていう話。
他社をみても,タマホームも赤字から脱却したし、積水ハウスの戸建て事業も微増傾向よ。
 
ということで、都内のマンション価格高騰が続く限り、オープンハウスの優位性は揺らがない。
 
②マンション事業は減益。だけど、例によって、「今期の90%は契約済」と書いてあるから、ただの期ズレ。問題なし。
マンションも戸建ても強いのは異常。相手になるのは、プレサンスコーポレーションくらいだわ。
 
③収益不動産つまり投資用不動産事業は、前年同期比二倍!
だけど、前々年と比べると、同じくらいの売上。つまり前年が悪かっただけともいえる。良いとも悪いとも判断つかない。
 
④問題は、海外不動産事業。昨年末、「海外不動産投資で赤字を出して国内所得と損益通算する」節税法が禁止された。それを受けて、海外不動産事業の利益は微減ショボーン
 
オープンハウスは、来期売上6000億円を目指しているけど、下ブレする可能性はあるとおもう。
 
 
 けつろん!
 
 6000億円の計画下ブレリスクはともかくとして、
 
主力の戸建てが順調、かつ戸建てのみでみれば市況もよい。東京の人口は今後も増えていく。住宅ローン金利も低いまま。
 
手放す理由はまったくないわ。
 
そもそも、住宅産業は半年一年単位の事業、季節変動が激しい事業だから、1Qのみで何か判断するのは控えめにしておきましょー。
 
オープンハウスを空売りしてたひと、ご愁傷様!てへぺろ
 
 オープンハウスさん、日本一の戸建て会社になっちゃってください。さあ、東京に家をもとう!!
 
家を買うよりオープンハウスの株かうべきだけど
 

 


株式長期投資ランキング

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
エン・ジャパン下方修正!!
 
 
求人サイトのエン・ジャパンが業績の下方修正を発表,暴落。
 
適時開示から,理由をみてみましょう。
 
 
基幹業務である,国内求人が伸びない,ってことね。
 
これは黄色信号だわ。
 
 
 
 
・・・・え,じゃあ空売りしとけって?(笑)
 
信用取引はしない主義なの,あたし・・・・!
 
お金に関しては,コンサバなんです!
 
 
落ちるナイフはつかむな
 
もちろん,こういう時は絶対に逆張りはしないわ。
 
幹となる事業が不調の企業に投資して,どうするのよ。
 
逆張りしていいときと,悪いときがある。
 
今回は,明らかに後者。
 
 
 
エン・ジャパンの不調で,ディップのシェア拡大に,おおいに貢献していただきたいワ!
 
がんばれ,ディップ!!
 
 
 

 


株式長期投資ランキング

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 
アノマリー
 
 
アノマリーとは,特定の時期に,株が安くなったり,高くなったりすること。
 
優待株として人気の銘柄が,優待日より少し前に高くなるとか。
 
ゲーム会社の株が,そのゲームのキャラの誕生日付近に妙にあがるとか。
 
いろいろ,あります。
 
ほとんどは,一般にひろく知られてしまったことをきっかけに、消えていく運命。
 
 
しかーし!
「長期的にそうせざるをえない」ことにもとづくアノマリーの場合,意外に利用できるものがあると思ってますニコニコ
 
 
日本株の売買高の7割は外国人投資家によるもの。

そして、彼らは、17年連続で、四月に買い越しをする!!




「2月3月に海外の株が出揃い、出遅れた日本株が4月に買われやすい」「4月は新しい政策が発表され、それに基づく買いだ」なーんて解説もあるけど。

そんなこたあ、どうでもいいのよ。

70%の買い手が、高い確率で買い越す。さすがに17年連続となると、なんらかの制度的な固ーい理由があるとしかいいようがない。

それだけで十分だわ。

機関投資家は、いつ頃、益出ししなければならないとか、いろいろ、制約があるのでしょう、かわいそうにウインク



あたしたちは、二月にでも仕込めばいいキョロキョロ
 
 
 
 アノマリーに頼りすぎるのはキケン
 
 
 あたしの投資スタイルは、優良株をしこむこと。

ただし、優良というだけでは、ダメ。
来期に減益になるかもしれない。

会計上の歪みや中国の肺炎による一時的に過ぎない下げなど、勝率を約束してくれる、具体的な、今後上がるであろう理由。
それがセットになって、初めて資金を本格的に投じる。

投じる時期が、一月、二月なら、なお勝率が上がっていいね、というお話なの。

二月にボロ株を買っても、キケンなものはキケンだわ。


 
 株式投資とは
 
 
 個人投資家にとって、株式投資とは、「機関投資家からお金を奪うこと」!!ニヤリ

機関投資家が買えないような小型優良株を仕込み、売買高が上がって機関投資家がエントリーし、株価が上昇して、あたしたちは恩恵を受ける。

「世界的なリスクオフ」とかいう、意味不明な理由で売られる優良株を下落時に仕込み、機関投資家が戻ってきて、株価の上昇の恩恵を受ける。

あたしたちは、彼らをカモにすればいい。
というか、彼らが動いてくれなければ、優良株でも株価は永久に低いまま。


100億200億のお金を動かしている。
特定の株は買えないだの、四半期ごとに結果を出さなければならないだの、色んな制約のなかで。

それをわずかにかすめとらせてもらう。
それだけで、経済的にはアガリよ。

ごちそうさまニヤリ
 

 


株式長期投資ランキング

 

↑ 押していただけると泣いて喜びます爆  笑