小話①

テーマ:
タイで宗教と言えば仏教である。


しかし日本とは少し違う仏教である。


日本は大乗仏教が中心。


タイでは小乗仏教、いわゆる上部座仏教が中心である。


この違い・・・


大乗仏教は悟りを開かずとも人は救えるであろうとの考え。


一方、上部座仏教はまず自分が悟りを開かねば人は救えないであろうとの考えが大きな違いだと思っている。


だからタイ人男性の多くは1度は出家をせねばと考えている様である。


我らがタイ工場でも出家用の特別休暇を用意している。


その出家について何時ぞやの馴染みのカラオケの尾根遺産に伺った事。


この尾根遺産の田舎はイサーンの方である様だ。


そして弟が年頃を迎えていた。


その年頃とは出家についてである。


そしてこの尾根遺産の弟は何人目かの彼女とバンコクに住んでいるご様子。


しかしバンコクでの出家はルールが厳しく、田舎で出家をするとの事。


そもそもこの段階でどうなのと思ったのは小職だけでは無かろうと推測する。


バンコクの有名なお寺で出家した場合30日だか90日だかは継続してお坊さんの修行をせねばならない様である。


ところがイサーンの方であれば最短9日の促成栽培である。


と言っても修行の終了日の日取り問題があり、最短9日なのだが。


前にタイ工場の社員の出家式に出た時である。


出席者全員にご飯が振舞われる。


悟りを開く祝うべき日なのだと想像する。


コレもバンコクの有名なお寺であれば、誰彼構わず出費が嵩むと。


社員の出家式も親戚がメインであった。


その様な事情も絡みイサーンでの出家式と言う実情もあるご様子である。


お金が無いのか...


そんな話を思い出し、事務所の大卒タイ人数名に出家をしたかどうか確認してみた。


案の定していない...


その代わりにタンブンには熱心である。


内容はともかく、出家しないと言う事は大乗仏教的等と勝手な想像を膨らませた。


良い意味で取ればコレがタイ人のユルさなのかとも思えて来た。


ぽちっとイってね

人気ブログランキング


参加してみました
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
AD