第2弾がやって来た(その15)

テーマ:
今週のスタートは何と無くのんびりしている様な。


昨日の父の日休日も入り、連休とした会社も多い影響か。


年末も近づきタイも気候的に過ごしやすくなって来ている。


これに伴ってか、この週末週頭は日本人が非常に多かったとソイカウボーイの某バカラのウエイトレスが言っていた。


日本でも師走であろうに。


年末の挨拶を理由に人が入って来ているのかと勝手な想像だけはしている。


そんな気候が良くなって来た昨日。


諸々の事情と言うかお使いで久し振りのヤワラートへ。


目的は金を買う事。


我らがタイ工場も10年が過ぎ永年勤続10年の者が出た。


その者への永年勤続表彰用のプレゼントとして金を買いに行った。


個人的には金と言えばフアセンヘン。


同じ交差点の角にヤワラートを挟んで2軒展開中。


ココの金行だけが混んでいる。


そう言えばこのフアセンヘン。


同じ漢字でフアセンホンと読ませるフカヒレ屋さんも展開している。


此方はフカヒレ+飲茶の有る貴重なお店としてたまに行く。


何故か中華料理屋さんというよりも、フカヒレはフカヒレ屋さん、飲茶は飲茶屋さんと別れるタイ。


スラパオ屋さんの影響なのか?


そこでこのフアセンホンは両方が楽しめるのでお客様をご案内申し上げる事も多くなる。


中華と言ってもそこはタイ中華。


本場の中華料理とは多少の違いが有る。


1度数人でシェアーしながらフカヒレをフアセンホンで頂いた時の事。


その時に何の気無しにもやしとパクチーを大量投入。


これにより全ての味がパクチーに持って行かれたと大ブーイングを喰らった。


それ以降はシェアーする食べ方を止めた・・・


1人1人に最も小さいフカヒレスープを出す様になった。


そして金を買いに行ったフアセンヘンで一苦労。


数種類購入する際に、領収書を一つだけ発行して貰う事に。


コレがイケなかった。


おっさんの理解が進まない。


小職のタイ語にも問題有かも知れないが・・・


金を購入するお客でごった返す中、大した買い物でも無いのに約1時間も要してしまった。


挙句は領収書の発行にB35の手数料。


B1分の金を購入した事も有り、相手をしてくれたフアセンヘンのおっさんが金B1では無く、B1コインを渡してくれるオヤジギャグも付いて来た。


その後はせっかくの久し振りヤワラート。


昼間で有り、夕刻に伺う何時もと屋台の様子が違う。


それでもフルーツが多く売られる市場状の場所でザクロ等々を購入。


某日系スーパーで1個買えるかどうかのお値段で3つ買えた。


ついでに晩御飯も購入。


ヤワラートと言えばフカヒレやツバメの巣。


しかし個人的に最も気に入っているのはガポップラーとクワイティアオの組み合わせ。


クワイティアオは塩焼きそば風の物。


屋台でガポップラーを、道端レストランでクワイティアオを購入し、ほくほく顔で帰ろうとした所に北京ダックが目に入る。


某ホテルがそのホテルで供される北京ダックを小さな屋台で売り出していた。


春巻き状に後は食べるだけ仕様が5本入りB60だったか。


記憶の中で、この北京ダックが美味しかった。


勿論B60ならば迷う事無く購入決定。


サービスアパートに帰り着いて疲れからひと眠り。


晩御飯に改めてガッポプラーやクアイティアオを温め直し頂く。


食べ方はクアイティアオにガポップラーをオンする。


フカヒレラーメンならぬガッポプラーラーメンである。


ヤワラート近くのバンコクトンブリ側に家を持つ営業兼通訳のタイ人にはこの食べ方が通じていた。


しかしソレはタイ人でもあまり知ら無い食べ方だと笑われた。


そして北京ダック。


安定の味で有った。


タイでは珍しく味にばらつきが少ない。


仕上げのデザートにはザクロである。


ザクロジュース屋さんで教わった?盗み見して覚えた?ザクロの皮の剥き方の後、大きめのボールに向かってザクロのお尻をフライ返し等々でぺちペちと引っ叩くと中身が全て出て来る。


至福の一時を過ごし、昨夜は夜街に出るのを完全に忘れた。


その為、仕上げはサービスアパートの大浴場である。


今更タイで日本をする必要も少なくなって来ている気もするが、ソコは日本人のアイデンティーティーを忘れない様にとの気持ちからであった。


単に至福の時を長く味わいたいだけで有ったのだが・・・


これで完全に昨夜はぐっすりとイケた。


お陰で今朝は寝過ぎのせいか仕事をする気がやや薄い・・・


さて、日本の会社の社員研修旅行の第2弾がやって来た。


2日目の夜は晩御飯終了と同時にナナプラザへ。


この時にダメっ子はバカラへ行くと意気込みながらカラオケへ。


そして大後悔の大嵐・・・


体重の最も重い者も観光疲れで普通のマッサージへ行ったと思われる。


タイで普通のマッサージが何なのかにもよるのだが・・・


残された人間でナナプラザのお釜様スタートから3軒ほど巡る。


最後のレインボー2では中々のご意見を頂き、ゴールを決めるかと思っていた。


気が付けば相手のペナルティーエリア内で身内でパスを回しあう様な状況。


誰か決めろよと思いつつもそのままゴールせず。


アカンと雰囲気を察し「素人」の合言葉の元テーメーカフェへ転進。


テーメーカフェで張り切るダメっ子2号。


詳しいお店の形態を説明しなかった小職のミスであるが、ダメっ子2号は尾根遺産方にドリンクをご馳走しご満悦になっていた・・・


ゴーゴーバーと異なり、尾根遺産にドリンクバックが無いから無意味・・・


ダメっ子2号の活躍で笑いは取れたが尾根遺産にとっては良い迷惑で有ったろう。


そんな事を思いながら一路ソイカウボーイへ。


皆様のご希望はバカラである。


昨日の最も良い思い出なのであろう。


結局は基本へ戻るではないが、ダメっ子宜しくバカラが良かった一同。


昨日のドリンクご馳走が聞いていたご様子。


昨夜の尾根遺産が居た者どもはソッコーで尾根遺産の餌食に・・・


勿論そんなお祭り状況に着いて行く事はしない小職。


単に仲の良い尾根遺産が居ない事は秘密である。


バカラはお客様や遊び訪タイ客用だと思っている。


そのためチェックを欠かさないのと、入り口のビッグパパや店内のママさんを初め、ガードのおっさんやウエイトレスにばかりご馳走している。


たまに尾根遺産に声を掛けられても「あなたは良くお店に来ている」と笑われるだけであるが。


決まって尾根遺産にはお断りのゴメンナサイを申し上げるのみである。


何処のお店で有ってもそうで有ろうが、早くから来ているにもかかわらず、遅い時間まで踊り続ける尾根遺産の顔ぶれに変わりが無いのはセツナイ。


ここは小職のイメージとしてである。


ステージに上ってい無い時に積極的にお客様へ声を掛ける尾根遺産程居残りが少ない様な気がする。


それとギャルギャルしている尾根遺産も選ばれにくいか。


何と無く全体的に大人しい雰囲気を持つ尾根遺産が好まれる気がする。


一方で欧米系はイケイケをチョイスする事が多い様な気がする。


欧米系の方はバーとして楽しんでいる雰囲気が強くその様なチョイスになるのだろうと勝手な想像を膨らませながらビールを頂く。


ソレでは我らがお仲間は・・・


昨日のご様子からすれば、訪タイ2度目の私の隣に座った男以外は営業を掛けられた尾根遺産に付き纏われている。


やはり営業力は大切なのだと認識させられた。


昨夜尾根遺産を自らチョイスした訪タイ2度目の男。


この夜も昨夜の尾根遺産が目の前を通過し、その存在に気が付いた。


これでもう一組出来上がり。


各自尾根遺産をネブリ始める。


本日まともな尾根遺産のネブリは初である。


スタートがお釜様であり、ソレを幾らネブリ倒してもである。


しかし既に皆様の心は「ゴーゴーバー=尾根遺産をネブル所」の構図になっているのか。


散々ネブリ倒すだけで夜が更けていく。


結局この後は誰もお連れ出しが無く、挙句はラーメンを頂きホテルへ帰る始末。


そしてダメっ子をお呼び出しし、事の顛末を知るのはこの後で有ったのだが。


こうして営業を中心としたナイトサファリもがっかりのまま終了して行く。


この段階での記録は某K課長直属の部下が2晩続けてお持ち帰りとなる。


「もう我慢出来ません」は迷言登録さる様な気がする・・・


期待の営業は完全空振り。


大期待の新人営業にも後日上司Kを通じて「がっかり」だと伝えて頂く始末であった・・・


営業力の弱さを垣間見た2晩であった様な・・・


攻める時は攻め。決める時は決める。


営業のT宜しく「こう言う所で恥ずかしがってはいけません」なのである。


ぽちっとイってね

人気ブログランキング


参加してみました

にほんブログ村
AD