ドランブイとは | 中野 バー イリュージョンのブログ Bar ILLUSIONS

中野 バー イリュージョンのブログ Bar ILLUSIONS

中野バー イリュージョンで働くバーテンダーのブログです。
日々感じた事や、お知らせなどを書いています。


テーマ:

ドランブイとは

 
ドランブイは、スコットランド、ハイランド地方で作られる、モルトウイスキーをベースにしたリキュールです。
名前の由来はゲール語の、「飲む(dram)」  と「満足できる(buidheach)」という意味から組み合わせて、
「満足出来る飲み物=Drambuie」 となったそうです。
 
 
 このドランブイ、元々はスコットランドの王家、スチュアート家で代々受け継がれる秘酒でした。
それが世に広まるまでのストーリーが、私は好きです。
 
  1745年、英国で王位継承の争いが起こりました。チャールズ・エドワード・スチュアート 王子は戦いに出ましたが頼みのフランスとも連絡が取れず残念ながら敗れ、スカイ島へ命からがら逃げ込みました。
 
 英国は多額の懸賞金をかけてスチュワート王子は窮地に立たされます。
 
 しかしここで活躍したのが、懸賞金に惑わされず、王家に最後まで忠誠を尽くしたスカイ島地元の豪族マッキノン家。
マッキノン家の尽力により、王子はスカイ島からフランスへ無事に亡命しました。
 
 この事に恩義を感じた王子がマッキノン家に忠誠の証として、感謝の気持ちで、
 王家伝統の秘酒ドランブイの製法を伝えたのです。
 
 とはいえ、王子からせっかく受けた秘酒をすぐに商品化するのは失礼と思い、マッキノン家は一族で代々受け継がせておりました。
 
 時は流れ、1906年、満を持してマッキノン家の子孫がこのドランブイの美味しさを復活させ、世に広めようとエジンバラで企業化し、今日に至ったのです。
 
 一般化している現在もそのラベルには
 「チャールズ・エドワード王子のリキュール」と明記されています。
 
  多額の懸賞金に惑わされず、仁義を通したマッキノン家。
 
  義に対して礼を尽くして秘酒を伝えたエドワード王子。
 
  そしてまた、商品化された今もこれはエドワード王子のお陰だと恩義を伝え続けている。
 
  このストーリーが私は大好きです。
 
  現在、ドランブイと言えば、カクテル
 「ラスティ ネイル」で肝になるリキュールです。
 
 ラスティ ネイルのレシピは一般に
 
 スコッチウイスキー 40ml
 ドランブイ 20ml のロックスタイルです。
 
  ここでバーテンダーの個性が出るのが何のスコッチウイスキーをベースにするかということ。
 
  当店では、様々なウイスキーを試みた結果、
 辿り着いたのが、マッキノン家の地元、スカイ島の銘酒 タリスカーでした。
 
  またドランブイも15年熟成のまろやか味わいを選びました。
 
  タリスカーのペッパースモーキーとドランブイ15年の上品な甘さが合わさり、
 とても美味しいラスティネイルに仕上がりました。
 
 
  ロックスタイルなので、シガーと合わせてもじっくりと一杯を楽しめます。
 
  Bar でゆっくりとした時間を過ごしたい際に、是非お勧めのカクテルです。
 
   最後に映画カサブランカで知られる名優、ハンフリー・ボガードはドランブイ好きで有名でした。彼の行きつけのBar では、ドランブイの減り具合で、彼が旅に出ているかどうかわかるくらいだったそうです。
  ちなみにお湯割りでよく飲んでいたそうです。
  これからの季節に合いますので、こちらも是非ご賞味くださいませ。
 
 Bar  ILLUSIONS   高橋 学 バーイリュージョン 中野南口
 
 
 
 
 
 


 

中野 バー イリュージョン Bar ILLUSIONSさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス