フランス式免疫アップのお話 ④生活習慣編 | パリでメディカルアロマテラピー Île des fleurs Paris イル・デ・フルール・パリ
新型コロナウイルスに関する情報について

パリでメディカルアロマテラピー Île des fleurs Paris イル・デ・フルール・パリ

パリ在住のTomomiが、フランスの本格メディカルアロマテラピーやオーガニック情報、日常生活をお届けします。

こんにちは。アロマトローグのTomomiです。


昨年末のストライキで1ヶ月半ほどメトロが動かず、今も外出が許されないフランス。

「じゃ、どうする?」と臨機応変に考えるフランス人は、ストの時は自転車や歩きで通勤

今は、ジョギングや散歩を日課にし始める人も増えました。

外出許可書持参なら、ジョギングや散歩もOKなのです。

 

さて。免疫アップのお話の続き。

免疫力を高めるには生活習慣として、まず運動を挙げたいと思います。

このブログを前から読んでくださっている方からは「どの口が言う!?」と突っ込まれそうですね(笑)。

でも、とにかく、運動は大事です(笑)!

 

体を動かすことは大事と、ヒポクラテスもサレルノ養生訓もイブンシーナーも言っておりました。

健康になるためには、運動が欠かせません。

とはいえ、「適度な」「軽い」運動が推奨されます。

現代の自然療法でも、座りっぱなしにならないように、時々体を動かしてと言っています。

 

運動が好きな方、すでに習慣となっている方は、それを是非続けてください。

でも、私のように運動が嫌いな方にオススメなのが、ラジオ体操!!!

あの曲が流れると、何も考えなくても自然と体が動くという、日本人のDNAに染み込んだ体操です。

私は、あの曲をiPhoneに録音していて、朝、体操しています。

身についた動きなので、映像を見なくても体が動かせますよね。

第1と第2で6分ほどですが、ほどよく疲れます。

特に、腕とか肩を動かす運動が多いので、コンピューターにかじりついている人にオススメ。

 

その他、もちろんヨガをしてもいいし、散歩やジョギングをしてもいいですし

マシーンを買って(我が家にもあります!)筋トレをしたり

DVDなどでワークアウトをしたり、ジムなどに通わなくてもできる運動はたくさんあります。

朝起きた時、夜寝る前に体を伸ばすストレッチも気持ちがいいものです。

 

私のような運動嫌いは、細く長く続くものをチョイスした方がいいですね。

ジムに年会費を払って、がっつり頑張る!のもいいのですが、私はリバウンドが怖い。

なので、毎朝6分のラジオ体操、朝晩のストレッチ、散歩を習慣にしています。

 

健康の4本柱と私がしょっちゅう言っているのは

①食事

②運動

③睡眠

④呼吸

です。

 

睡眠ですが、それぞれの人がきもちよく起きれる「時間」であれば

3時間睡眠だろうが、10時間睡眠だろうが、構わないと思います。

それよりも「質」ですね。

朝起きた時に、疲れが残っていませんか??

いい睡眠は、からだを修整してくれるホルモンが出るので、朝疲れが残ることはないのです。

 

もし、眠れない、すぐ起きてしまう、疲れが残るなど、睡眠の質がよくないと思うときは

睡眠環境を整えてください。

寝室の温度は?寝室の空気は澄んでいる?寝室の暗さは?寝室の騒音は?

寝具(お布団や枕)はちょうどいい?パジャマの素材は心地よい?などチェックしてみてください。

気になるところがあったら、調整してみましょう。

 

私は、足先が冷たいとなかなか入眠できないので

足が冷えているときは、そば殻の枕を電子レンジで温めて、鼠蹊部に置きます。

じんわり温まり、足先もほっかほか。温まるとすーっと眠ることができます。

 

起きたときは、体内時計をリセットするために、カーテンを開けて、太陽の光を浴びましょう。

日本だと隣人の目があって、カーテンを閉めっぱなしにしているご家庭も多いみたいですが

1分でもいいから、自然光を浴びるようにしてください(自分が外に出てもいいですね)。

眠りは毎日のことです。是非快適な睡眠をとることを、重要視してください。

 

呼吸に関しては、コンピューターやスマートフォンに向かっていると猫背になります。

つまり前かがみになって肺が縮こまっている状態。

なので、肩を大きく開いて(腕を後ろに反らせてもいいです)

肺にたーっぷりと空気を送り込んでください。

深呼吸を30回くらいやってみてください。きっとキツいはず。

それくらい、私たちは普段から浅い呼吸をしているのです。

 

ヨガでは呼吸も意識しながら体を動かします。

私が好きな呼吸法は4・7・8呼吸。

まず8を数えて息を吐きます。(呼吸は吐くところから始めます!)

もう全部吐ききって結構キツいかも、というところで空気を4つ吸います。

空気がなければ思いっきり吸うので、4つ数えるだけでよい。

そして7つ分息を止めるのです。これを10セットほど。

できれば、吸って吐くのを右の鼻、左の鼻と分けるともっといいです。

 

ゆっくりリラックスしているときにやるのが最適ですが

私は日常で、例えばメトロに乗っているときや、駅まで歩く時にやったりもします。

重要なのは、1日に1回でもいいから、呼吸を意識して

たくさんの空気を肺に入れること。

気持ちがいいので、是非やってみてください。

 

今回ご紹介した「生活習慣」は、無料でどこでもできるものです。

毎日コツコツ健康のための貯金をしていけば、3年後には健康的にリッチになれます。

習慣化するのは大変なことですが、24時間のうちの5分でもいいから、健康になるぞ!と行動してみてください。

いつの間にか、強いからだになっているはずですよ。

私も、ひどい風邪をひくことはここ10年くらいありません。(喉の痛み、鼻水くらいで治る)

病院でも使われている機械で測った自律神経年齢は27歳でした💜

継続は力なり。never too late。今日が一番若い!

是非、「今」から始めてくださいね。

 

 

 
こんなお庭でヨガしたいな🧘🏻‍♀️